映画『涙するまで、生きる』あらすじとネタバレ感想

涙するまで、生きるの概要:アルベール・カミュ原作の「客」をダビド・ホールホッフェン監督が映画化。アルジェリアを舞台に元軍人ダリュと殺人容疑のモハメドとの友情を描く。出演は、ヴィゴ・モーテンセン、レダ・カテブ。2014年仏映画。

涙するまで、生きる あらすじ

涙するまで、生きる
映画『涙するまで、生きる』のあらすじを紹介します。

1954年、アルジェリア。フランスからの独立を目指す戦争が高まる中、元軍人で現在、教師をしているダリュ(ヴィゴ・モーテンセン)。子供たちに教えながら生きる毎日に充実を感じていた。

ある日、殺人容疑のかかったアラブ人、モハメド(レダ・カテブ)の輸送を憲兵に頼まれてしまう。1度は断るものの、小学校が襲撃され、ダリュはやむなくモハメドと共に旅立つ。

山を下り、町へ向かう途中でモハメドへの激しい攻撃を受けます。その後、フランス軍とアルジェリアの反乱軍との争いにも巻き込まれていく。ダリュは、軍人時代の友人とも再会するが、戦争を止めることはできない。

ダリュとモハメドは、困難を乗り越えてゆくうちにやがて友情を育んでいく。モハメドは町へ行き、死刑を受けるのか?それとも新しい道を選ぶのか?
”生きろ!”とモハメドを励まし続ける、ダリュ。

人間が国や言語を超えて、分かりあえることの大変さと素晴らしさを描いています。
カミュの原作を超えた感動作。

涙するまで、生きる 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2014年
  • 上映時間:101分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ、戦争
  • 監督:ダヴィド・オロファン
  • キャスト:ヴィゴ・モーテンセン、レダ・カテブ、ジャメル・バレク、ヴァンサン・マルタン etc

涙するまで、生きる ネタバレ批評

映画『涙するまで、生きる』について、感想批評です。※ネタバレあり

民族問題へのまなざし~差別や民族を超えて

今、ヨーロッパでは多くの国が難民問題を抱えています。なぜ、内戦は続き、難民は増え続けるのでしょうか。カミュもまた、アルジェリア戦争に心を痛め、フランス人とアルジェリア人との停戦、相互理解を夢見ていました。

カミュの抱える思いの代弁者として、元軍人で教師ダリュ役をヴィゴ・モーテンセンが演じています。彼は、フランス語やアラビア語を流暢に話し、知的さと寛容さを持った人物。最初、輸送することを拒否し、殺人容疑のモハメドの縄を解きます。しかし、モハメドは逃げようとしない。

その後、2人は町へ向かうのですが、行く先々で危険な目に遭いながらも、徐々に心を開いてゆく過程が素晴らしい。アルジェリア系移民の苦悩が台詞の端々で表れ、どこにも身の置き場のないような孤独感と生きるためには戦わなくてはならない現実が浮き彫りにされています。

わずか2日間の出来事を描きながら、ヴィゴ・モーテンセンの台詞、視線、戦闘状態になった時の行動などどれをとっても素晴らしい。繊細な演技だが、とても力強く観る者に訴えかけるのです!軍人を辞め、教育を通じて子供たちの未来を創ろうと願う姿が、1つの答えなのかもしれません。

原作を超えた感動作!

カミュの原作「客」(「転落・追放と王国」の中の1編)では、殺人容疑のモハメドの心情が詳しく書かれていません。そのため、2人がどうやって心を通わすようになったかは想像するしかないのですが、映画では2人の心情や苦悩が丁寧に描かれています。

特にモハメドが自分の生い立ちや家族について、ダリュに語るシーンやダリュが”生きろ!”とモハメドを励ますシーンがいい。邦題を見ると、励ましの気持ちを込めて付けたように思えます。ただ、邦題だと少し分かりづらい。原題だと、”FAR FROM MEN”(人から遠く離れて)。
どちらを採用しても、映画の雰囲気を伝えるのは難しいですが、原題のほうが荒涼とした砂漠をゆく2人の姿が見えてくる気がします。

また、追手の攻撃やダリュの軍人時代の友人に出会わなければ、ほぼ2人芝居で物語が進み、単調になってしまう。映画では、緩急があり、常に選択と闘いを繰り返していきます。シナリオの良さ、ヴィゴ・モーテンセンとレダ・カテブの息のあった演技が生かされた感動作です。

涙するまで、生きる 感想まとめ

ヴィゴ・モーテンセンは年齢を経るたびに進化してゆく俳優だと思う。本作では、知性と元軍人という無敵さが際立っています。しかし、彼の魅力はそれだけではない。例えば、同じような性格の主人公を演じていても、作品ごとに味わいが違う。
ある作品ではセクシーに、本作では移民としてのアイデンティティーで苦悩する姿という様に人のいくつもの個性を魅せてくれます。ぜひ、彼の魅力にハマって下さい。

殺人容疑のモハメドを演じた、レダ・カテブの演技もいい。死以外しかないと絶望する彼だが、ダリュと出会い、新しい生き方を選ぶのだ。民族問題に限らず、何かで悩んでいる人全てに本作を観てもらいたい。死んではならない、生きろ!という強いメッセージがあります。

また、人が理解し合うのは難しい事だが、1歩でも歩み寄ることが大切だということ。
カミュの想いが光り続けています。

Amazon 映画『涙するまで、生きる』の商品を見てみる