映画『世界から猫が消えたなら』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『世界から猫が消えたなら』のネタバレあらすじ結末

世界から猫が消えたならの概要:2016年公開の日本映画。脳腫瘍で余命わずかと宣告された青年が、自分と同じ姿の悪魔に大切な物を世の中から消す代わりに1日の命を与えると言われる。しかし思い出の品が消えると記憶も書き換えられてしまうのを経験し、何が本当に大事なのか考え始めるヒューマンストーリー。

世界から猫が消えたならの作品概要

世界から猫が消えたなら

公開日:2016年
上映時間:103分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:永井聡
キャスト:佐藤健、宮崎あおい、濱田岳、奥野瑛太 etc

世界から猫が消えたならの登場人物(キャスト)

僕(佐藤健)
郵便局員として配達をする毎日。気弱で会話が下手、優柔不断なところがある男性。
悪魔(佐藤健)
僕とそっくりな悪魔。強気で冷静、冷淡な性格。
彼女(宮崎あおい)
優しく穏やかな女性。映画が好きで映画館に勤めている。
ツタヤ(濱田岳)
映画好きで僕の親友。無表情だが映画に関しては熱弁する。

世界から猫が消えたならのネタバレあらすじ

映画『世界から猫が消えたなら』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

世界から猫が消えたならのあらすじ【起】

海沿いの小さな街で、郵便局員として毎日配達をして暮らしている僕。
配達の途中に通る「カモメ時計店」は僕の実家で、今は父1人で店を経営している。
しかし僕は久しく顔を出していない。
自分の未来のことなんてまだそう気にしていない、そんな日々を過ごしていた。
いつものように、友人のレンタルビデオ屋に顔を出し、お薦めの作品を借りた帰り。
自転車から突然転がった僕は、そのまま病院に運ばれたようだった。

診察室で、脳腫瘍だと告げられた僕。
しかも状態が酷く悪く、精密検査が必要ではあるがいつ破裂してもおかしくないとのことで手術も不可能であるだろうということだった。
まさか自分がそんな病気になるとは思っていなかった僕は、ショックを受けすぎて叫ぶ気にすらならない。

自宅に帰った僕は、自分にそっくりの何者かに遭遇する。
その男は悪魔だと言った。
そして「僕の命は明日までである、がしかし、世界から悪魔が選んだ1つを消すことで1日寿命が延びるのだ」と言った。
そこで悪魔は電話を消そうと言い出す。
明日電話が消えてしまうから、今夜はその電話を楽しむようにと悪魔は言った。
僕が最後にかけたい人物。
電話帳をスクロールしながら思いついたのは、別れた彼女だった。

その日の夜。
僕は夢の中で幼い頃の夢を見た。
雨の中棄てられている猫を拾って来た僕に「猫アレルギーだから」と優しく拒否した母だったが、それでも僕の悲しそうな様子を見て母は飼ってくれると言った。
猫が入っていた段ボール箱がレタスの箱だったから、2人は「レタス」と名付けて可愛がる。

翌日、ミナト座という映画館で元彼女と待ち合わせをする。
彼女は以前のままだったが、急に電話してきたことを疑問に思っているようだった。
僕はもし最後に電話するならと考えたら君だったと言い、1日を過ごすことにする。

世界から猫が消えたならのあらすじ【承】

僕と彼女は電話で知り合った。
たまたま実家の居間で友人から借りた「メトロポリス」という古い作品を鑑賞中、電話が鳴って出たら彼女だった。
彼女は違う人に電話をしたのだが、間違えて僕の家にかけてしまったのだった。
間違え電話だったと気がついたのだが、僕の後ろの音楽からメトロポリスを見ていると気がついた彼女は作品について話し出す。
そして意気投合した僕たちは、偶然にも同じ大学に通う学生同士だと気がついた。
デートをしても言葉数の少ない僕だったが、電話だと口数が多くなる僕が彼女は好きだと言ってくれた。
電話は2人のコミュニケーションツールだったのである。

彼女はミナト座で働き、ミナト座の上の部屋に住んでいる。
そこまで送った僕は、実は脳腫瘍で命が長くないということを告白した。
僕が帰宅した後、彼女は机から手紙を取り出し夜中にポストに投函する。

帰りの電車で悪魔は再び現れた。
そしていよいよ電話が消される時が来る。
僕の持っている電話が溶け、みるみる消えていく。
街の携帯電話ショップは他の店と入れ替わり、誰も電話のことなど覚えていない。
急いでミナト座に向かった僕は、受付に座って仕事をしている彼女の腕をつかんだ。
しかし彼女は僕の記憶を失ってしまったようだった。
電話から知り合い付き合った2人。
きっかけの電話が無かったことになった彼らの記憶は、塗り替えられてしまったからだ。

1日の寿命をもらい、次は映画を消そうと悪魔が言った。
映画は自分と親友のタツヤを繋いでいる大事なもの。
学生時代に映画の話で盛り上がった2人は、映画好きなことがきっかけで話をし、仲良くなった。
そして映画に詳しいタツヤは、その時僕にぴったりの作品を薦めてくれるのだ。
僕はそんなタツヤをツタヤと呼び、薦めてくれるがまま映画を鑑賞していた。
そんな関係も永遠に続いていくのだと思っていたのに、不幸は突然訪れるのである。
彼女と知り合ったあの電話で見ていたメトロポリスも、ツタヤが薦めたものだった。

最後の映画を借りに僕はツタヤの元に行く。
しかし彼は「最後の1本なんて選べない」と、まるで僕が冗談を言っているかのように突き放す。
僕は自分が病気であることを告げ、店を後にした。
ツタヤは泣きながら店の在庫をひっくり返し作品を探すが、そんなもの探せなかった。

世界から猫が消えたならのあらすじ【転】

映画が消された。
ミナト座は空き地となり、ツタヤの店も本屋になっていた。
向こうは僕の記憶も無くなっている。

彼女と僕は交際中、アルゼンチンに旅行した。
そこで出会った日本人でバックパッカーのトムさんとは、観光案内をしたり共に食事をしたりと楽しい時間を共有する。
トムさんの旅立ちの日、2人に見送られ雑踏へと姿を消したトムさんの異変に気がついたのは彼女だった。
トムさんは車に轢かれ、亡くなったのだ。
トムさんが死んでも何も代わらない世の中に絶望し、泣いた彼女は「生きてやる!」とイグアスの滝の前で声を振り絞り叫ぶ。
そんな思い出を回想する中、次に消されたのは時計だった。
僕の実家はカモメ時計店の看板も、道路から無くなった。

帰ると待ち構えていた悪魔が、「次に消すのは猫だ」と言う。
僕にとって猫の思いでは消せるようなものでは無かった。
幼少の頃拾ってきて育てたレタスが体調不良の時、実は母も病を宣告されていた。
その後レタスは母の腕の中で逝き、母もまた布団で過ごすことが多くなっていく。
しかしある日再び猫が拾われてきた。
キャベツの箱の中に入っていたことで、父が「今度はキャベツか」とぼそり。
名前が決まった。

僕と父、車いすの母は温泉地に旅行に行く。
しかし予約が取れていなかったことで宿泊先が無くなってしまい、僕は必死で宿を探したがどこも満室だった。
唯一空いていた古ぼけた宿で泊まることが出来、食事をとる事が出来た。
食後、母は僕に「自分に何かあったら」と封筒を渡してくる。
だが僕は母の死を受け入れることが出来ず、拒否した。

翌日家族で海辺を散歩する。
父が僕と母の記念撮影をしようとしたが、父は泣いていたようで写真はぶれていた。
それなのに母が亡くなった時は、母の時計を直し臨終に立ち会わず。
僕は父を許すことが出来ず、その日から父と会っていないのだ。

世界から猫が消えたならのあらすじ【結】

僕は雨の中キャベツを探しに行くと、ポストの中に手紙が入っていることに気がつく。
中には母からのあの手紙が入っていた。
手紙には「もうおまえには何もしてやれないから、あなたの素敵なところを書く」と書かれ、母が思う僕の素敵なところがたくさん羅列してあったのだ。
「あなたの素敵なところを忘れずに生きて欲しい。いつまでもそのままで」と締めくくられている。
その手紙を読んだ僕は、決心した。
寿命と引き替えに猫を消してしまったら、全ての思い出が無くなってしまうのである。
僕は悪魔にお礼を言い、猫を消さないことにすると話した。

悪魔は僕がお礼を言ったことが疑問だったようだが、僕はこの世界がかけがえのない物で出来ていることに気がつかせてくれたからだと言う。
そして悪魔だと思っていた男は、もう1人の自分。
僕はずっと死を受け入れることが出来ないもう1人の僕と対話していたのだ。

電話も時計も映画もそのまま。
何も消えていなかった。
僕は父に手紙を書き、猫を乗せて自転車をこぐ。

彼女に会った僕は本当のことを聞く。
母からの手紙は彼女に預けられ、僕に何か起こったら渡すようお願いされていたのだと言う。
そして「あなたと会えて良かった」と言った。

むせび泣くツタヤに僕は声をかけようと、海の上のピアニストの台詞「何かいい物語が暖かたる相手が居る限り、人生捨てたもんじゃない」と言う。
それに対しツタヤは「映画は僕に親友をくれた」と返事をした。
僕は後悔もたくさんある。
でもいい。
少しだけ世界が変わっているはずだと信じたいのだ。

実はキャベツは拾われていない。
父がレタスそっくりの猫の里親募集のチラシを見つけ、僕に渡してきたのだ。
そしてキャベツの箱を用意し家の中に置かれている。
野菜のキャベツは時計店にこっそり置かれていた。

僕が生まれた時
出産して自宅に帰って来た母に、父がいつものように母に時計を渡す。
そして赤ん坊の僕に「生まれてきてくれてありがとう」と優しい声で微笑んだ。

Amazon 映画『世界から猫が消えたなら』の商品を見てみる