映画『ネバーランド(2004)』あらすじとネタバレ感想

ネバーランド(2004)の概要:『ネバーランド』(原題:Finding Neverland)は、イギリスの劇作家のジェームス・マシュー・バリーが『ピーター・パン』の物語を作りあげた背景を描く。主演はジョニー・デップ。監督はマーク・フォースター。

ネバーランド あらすじ

ネバーランド
映画『ネバーランド(2004)』のあらすじを紹介します。

1903年、劇作家のジェームズ・バリは、『リトル・メアリー』の初日を迎えた。しかしその評判は悪く、翌日の新聞では酷評されてしまう。落ち込んだ彼は、近くのケンジントン公園へ散歩に出かける。そこである一家との運命的な出会いを果たすのだった。

その一家には父親がおらず、若い母のシルヴィアは四人の子供達を一人で育てていた。そのデイヴィズ一家とジェームズは仲良くなり、よく会うようになる。そんな中で、一家の子供達の一人、三男のピーターの様子が他の三人の子供達とは違うことに気付く。ピーターは兄弟の中で最も繊細で、父親を亡くしてから心を閉ざしていたのだ。

デイヴィズ一家とジェームズが親しくしていることを夫から聞いた妻のメアリーは、シルヴィアの事を知っているという。かねてより社交界デビューを望んでいたメアリーは、シルヴィアの母が社交界の名士であるデュ・モーリエ夫人であることから、デイヴィズ一家を夕食会に招待するようになる。しかし、デュ・モーリエ夫人と良好な関係を築くこともできず落胆する。ジェームズは妻の自分を蔑ろにしてデイヴィズ一家にかまってばかりで、嫉妬する。実際ジェームズは友人としてシルヴィアに接しているだけだった。しかしそうとはわからないメアリー。夫婦仲は険悪になる一方だった。

ジェームズは一家と出会い、特にピーターと接する中で物語を思い付く。そうして作り出した新しい劇を彼らに披露しようと招待する。しかし、シルヴィアは病気がひどくなり行くことができない。

孤児院の子供達も招いていた「ピーター・パン」の劇は、子供達の笑い声によってさらに盛り上がりを見せる。しかし一番見せたかった人達はいない。劇は大成功をおさめるが、その後ジェームズはメアリーに別れを告げられる。

もう先は長くないシルヴィア。落ち込む一家を元気づけるため、シルヴィアの自宅で劇を上演する。そしてシルヴィアの死後、ジェームズは子供達の後見人となるのだった。

評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2004年
  • 上映時間:100分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ、ファンタジー
  • 監督:マーク・フォースター
  • キャスト:ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ、ラダ・ミッチェル etc

ネタバレ批評

映画『ネバーランド(2004)』について、感想批評です。※ネタバレあり

ピーター・パン誕生の物語

『ピーター・パン』のモデルになったのが三男のピーターということだったが、やはり作者であるジェームズ本人も同じような性格を持っているのではないかと思った。ピーターが自分に似ているからこそ一番関心を持った訳だろう。物語の中のピーター・パンと、モデルとなったピーターは全く印象が異なる。夢を持つことを諦め、心を閉ざしてしまったピーターにファンタジーの世界を見せ、夢を持つことを教えようと生まれたのが明るく楽しいピーター・パンだったのだ。

また、映画の中で描かれるジェームズはピーター・パン同様に子供の心を持っていると感じた。大人になり切れない中途半端な感じではあるが、そんな人だからこそあんな物語を書くことができたんだなと思う。

ネバーランドとは

夢のような場所、ネバーランド。ファンタジーの世界を、子供達のために作ったというのもあるだろうけれど、実際はジェームズ本人がこんな世界に行きたいと望んだ場所だったのではないだろうか。

作品中、上演した劇が酷評され、現実から逃げるように公園に出かけたジェームズ。そこで出会った一家も、嫌な現実を忘れさせてくれる存在だったのだろう。世間から後ろ指をさされても、妻に愛想を尽かされても一家と親しくし続けたのは、そういう理由があったのではないかと思った。

美しい公園

この作品の主な舞台となったのがケンジントン公園だ。この公園はピーター・パンゆかりの地で、園内にはピーター・パン像があるそうだ。

映画の中では度々この公園が登場し、画面が緑でいっぱいになる。ロンドンといえば晴れの日が少なく、いつも曇りでどんよりしているという印象である。映画の中でも確かに青空が印象的というようなことはなく、ちょっと暗い。しかし、公園の芝生の緑が美しく、そして木々の間から少しだけ差し込む日差しが幻想的で、きれいだなと思った。

ネバーランド 感想まとめ

ピーター・パン誕生の物語ということで、かなりフィクションを含んでいるんだろうなと思っていたけれど、大筋は実際の出来事のようで驚いた。これがすべて本当のことだとは言えないだろうが、ジェームス・マシュー・バリーの伝記として十分に楽しめると思った。

ジョニー・デップというとやはり『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『チャーリーとチョコレート工場』などの奇抜なメイク・衣装の印象が強い。だからこの映画はものすごく地味に感じる。アクションやCGもない地味な映画に、地味な姿のジョニー・デップ。そんな映画だからこそ、「ジョニー・デップってこんな役もできるんだ」と新しい魅力に気付かされた。奇抜な役ばかりではなくてもっとこういう繊細で人間の内面を描くような作品に出てくれたらいいのにと思った。

Amazon 映画『ネバーランド(2004)』の商品を見てみる

コメント

  1. 匿名 より:

    (ノ_・。)あらすじだけで泣いちった…

    ジョニー・デップ好きだし、今度借りて見よう