映画『ニューヨーク1997』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ニューヨーク1997」のネタバレあらすじ結末

ニューヨーク1997の概要:街の全てが監獄と化した1997年のニューヨーク。そんな世界に不時着してしまった大統領。彼を救う為、政府は犯罪の帝王スネークに助けを求める。大胆な設定が魅力の近未来SF映画。

ニューヨーク1997の作品概要

ニューヨーク1997

公開日:1981年
上映時間:99分
ジャンル:SF、アクション、フィルムノワール、サスペンス
監督:ジョン・カーペンター
キャスト:カート・ラッセル、リー・ヴァン・クリーフ、アイザック・ヘイズ、ドナルド・プレザンス etc

ニューヨーク1997の登場人物(キャスト)

スネーク・プリスキン(カート・ラッセル)
犯罪者でありながら、その高い戦闘能力を政府に買われている。ボブに騙されて、大統領救出の任務に駆り出される。大胆で強気な性格。
ボブ・ホーク(リー・ヴァン・クリーフ)
刑務所長。大統領救出の任務に犯罪者のスネークを抜擢する。事件を解決する為なら手段を厭わない性格。
デューク(アイザック・ヘイズ)
ニューヨーク大監獄のリーダー。大統領を人質にとり、受け渡しを条件に囚人達の解放を訴える。デュークに会って生きて帰った者はいないと噂されている。
キャビー(アーネスト・ホーグナイン)
監獄内のタクシー運転手。スネークの味方で、毎回良い場面でタクシーに乗って現れる。

ニューヨーク1997のネタバレあらすじ

映画『ニューヨーク1997』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ニューヨーク1997のあらすじ【起】

1997年、ニューヨークは街全体が巨大な監獄になっていた。 マンハッタン島の周りは15メートルのコンクリートの壁で囲まれている。さらに、市内の周りの川と水路には地雷が設置され、常時警備隊が監視をしている。監獄内には看守はおらず、囚人達だけが住む世界になっていた。そこへ一度入ってしまうと、二度と出てくることは出来ないのだった。

ある晩、アメリカ大統領を乗せた専用飛行機がハイジャック犯によって占領されてしまう。そして、ビルに突っ込んだ飛行機は監獄内へと不時着してしまう。

警備隊が墜落現場へと向かうが、そこに大統領の姿はなかった。するとそこへ一人の囚人が現れ、今すぐ退散しないと大統領を殺すと言い出す。そして、警備隊は退散を余儀なくされる。

犯罪の帝王とあだ名のつけられた、スネークという男が政府に呼び出される。スネークが部屋に入ると、そこにいたのは刑務所長のボブという男だった。ボブは、スネークをすぐに刑務所に送ってもいいが、もし大統領を救い出してくれるなら赦免すると言い出す。

ニューヨーク1997のあらすじ【承】

スネークに詳しい情報を伝えるボブ。大統領が持っているという核に関する大事なテープが、22時間後に開かれるサミット会議に必要なのだ。

スネークが逃げないようボブはスネークの体に22時間後に爆発するカプセルを騙して埋め込む。そして、スネークは半ば強制的に任務へと向かうのだった。

専用飛行機で監獄内へと侵入したスネーク。不時着した大統領専用機のそばまで行くが、生存者はいなかった。そして、大統領につけられた発信機の信号を合図に別の場所へと向かう。

ある建物の中へと入るスネーク。そこではミュージカルが催されていた。観客だったキャビーと言う名の囚人がスネークに気づく。気にせず信号を頼りに地下へと足を進めるスネーク。しかし、そこには発信機を身に付けた別の人間がいたのだった。

途方に暮れているスネークの前に、大勢の武器を持った人間達が現れる。逃げ込んだ廃屋の中で一人の女に出会う。女は、襲ってきたのは「クレイジー」という名の人間達だと言う。そして、スネークの目の前で女が連れ去られてしまう。

逃げ果せた先にタクシーが止まる。運転席にはキャビーがいた。そして、スネークを助けるのだった。スネークはキャビーから、大統領はデュークという男の所にいるという情報を手に入れる。

ニューヨーク1997のあらすじ【転】

キャビーがスネークを連れてきた建物の中には、マギーという名の女と、かつてスネークを裏切ったブレインという男がいた。スネークはブレインを銃で脅し、大統領のもとへと案内させるのだった。

デューク一味を乗せた車がスネーク達の前を通る。それを見た瞬間、スネーク以外の三人が慌て出す。スネークはその中の車を一台盗み、ブロードウェイへと向かう。

キャビーとブレインの協力を得て、スネークは大統領のいる場所に辿り着き大統領を救出する。しかし、逃げ出してすぐに敵に捕まってしまう。

敵のアジトに収監された大統領とスネーク。管理室にいたボブは、行方不明のスネークとの連絡が途絶えてしまった。さらに囚人達から、大統領と引き換えに囚人全員を解放しろというメッセージを受け取るのだった。

スネークが敵に連れられて入った部屋にはリングがあった。そこへ上がらされるスネークの前に、巨漢の男が現れる。大勢の観客の前で、二人は戦うことになる。

ブレインとマギーがアジトに潜入し、大統領を解放することに成功する。

ニューヨーク1997のあらすじ【結】

大統領を連れてアジトから脱出するブレインとマギー。一方その頃、スネークは巨漢の男との戦いに勝利していた。そこへ大統領が連れ去られたという一報が入り、囚人達は慌てて街へと繰り出す。

ブレイン達と合流したスネークは、車での脱出を決心する。しかし、車に乗り込む寸前にデューク達に囲まれてしまう。どうにか逃げ果せたスネーク達の前に、キャビーがタクシーに乗ってやってくる。それに乗ったスネーク達は橋へと向かうのだった。

デュークとスネーク達のカーチェイスが始まる。しかし、橋の上に埋められた地雷のせいでキャビーとブレインが死んでしまう。マギーもデュークに殺され、さらに車を失ったスネークは大統領と二人で走って逃げるのだった。

どうにか壁までやってきた二人。壁の外からは警備隊がロープを出して彼らを救おうとする。しかし、そこにデュークが辿り着く。すると、すでに壁を登っていた大統領がデュークを撃ち殺し、スネークは無事壁の外へと脱出するのだった。

制限時間まで後2秒というところでどうにか大統領の救出に成功したスネーク。任務は無事に完了したのだった。

ボブに別の仕事を依頼されるのだが、スネークはそれを断り立ち去るのだった。

Amazon 映画『ニューヨーク1997』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. John.Doe. より:

    池袋か新宿か渋谷の映画館で観た記憶がある。何処の映画館だったかは、忘れた。確か呑み終わって、ハシゴ酒する途中で入って観た、んで、まぁ途中からつまんなかったが、リングみたいなトコで闘う時から、じわじわ盛り上げったんだが、ラストがつまんなかった。
    まぁB級映画ですね、ぴあ全盛期で、映画館も夜通し観れた良い時代だったよ。今と違って携帯もネットも無いが、夜遊びに出掛けんなら、その場所まで車を運転してくか、バイクで行くか、行ったら行ったで、酒呑みつつ映画館のハシゴが出来たな。