『ニューヨーク2014 狼軍団の逆襲』あらすじとネタバレ映画批評・評価

ニューヨーク2014 狼軍団の逆襲の概要:2013年アメリカ制作のパニック映画(原題:Battle Dogs)。経済中心都市NYで謎のウイルスで人々が狼に変身してしまうという恐怖を描く。

ニューヨーク2014 狼軍団の逆襲

ニューヨーク2014 狼軍団の逆襲 あらすじ

映画『ニューヨーク2014 狼軍団の逆襲』のあらすじを紹介します。

NYの空港に到着した腕に包帯を巻いたカメラマンの女性ドナ。
気分が悪くなりトイレに駆け込む、すると突然凶暴な狼へと変身してしまい彼女は勢いよく飛び出すと側にいる人間を次々と噛んでいく。
被害者の中で頚動脈を噛まれていない者はみるみる目が金色に光り、おなじように狼へと変身してしまう。
しかし、致命的な傷を負っていないものは時間が経過すると人間の姿に戻り始めた。

事態を深刻に捉えたアメリカ軍は彼らに安定剤を飲ませ、マンハッタンのワーズ島に閉じ込めてしまう。
感染研究者の女性博士は心拍が150以上になると彼らは狼に変身してしまうのだという。彼らを興奮させないよう見張っている軍隊の中で事態を冷静に考えることができるホフマン少佐は、第一感染者を発見し抗体を作れば治療薬を作れるということに気が付いた。そのため第一感染者を探し出す必要があり、最初の事件が起こった空港に行く。

そこで彼はドナが第一感染者であること、さらに彼女の腕に残された狼の牙が抗体を作れるということを知るのだった。
しかし狼に変身する彼女達を軍隊は密かに兵器として利用するつもりだった。そのためにドナを研究するため殺害しようとする軍隊。

それをしった博士とホフマン少佐は抗体ができると何とかして静止することに成功した。
そんな時隔離されている人たちがクーデターを起こし狼に変身、復讐をしはじめる。大統領と軍隊はこれ以上被害を拡大させてはいけないと、彼らがワーズ島から出る前に島ごとミサイルで消してしまうという命令をくだす。
3人も逃げるが狼の襲撃にあいドナが死亡、博士とホフマンはなんとかミサイルの被害から逃れることができ助かった。
そして博士の手の中には狼の牙もちゃんと残されていた。

ニューヨーク2014 狼軍団の逆襲 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★☆☆☆
  • 映像技術:★☆☆☆☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2013年
  • 上映時間:89分
  • ジャンル:SF
  • 監督:アレクサンダー・イェレン
  • キャスト:クレイグ・シェイファー、デニス・ヘイスバート、ケイト・ヴァーノン、アリアナ・リチャーズ etc…

ニューヨーク2014 狼軍団の逆襲 批評 ※ネタバレ

映画『ニューヨーク2014 狼軍団の逆襲』について、4つ批評します。※ネタバレあり

この時代に酷すぎる合成処理

冒頭からいきなり狼に変身したかと思うと、びっくりするくらいのCG映像で全く内容に集中できない。狼の顔もモンスターというより、アニメに出てきそうな顔で怖さを感じない。噛まれた人間が負った傷や襲われているシーンなどはリアル感があり悪く無かったのだが、狼の姿がアップになると残念な映像になってしまう。

内容がわかりにくい

スピード感と狼のウイルスの怖さを中心として描いている映画なのはわかるが、内容がわかりにくい。軍隊の中でホフマンだけが対立していくくだりなどは、もう少し丁寧に見せても良かったのではないか。中々感情移入ができず、シーンだけ先走るので「この人はなんでこんなことをしているのだっけ?」と戻ってしまうこともあった。パニック系はスピード感ももちろん大事だが、説明がすぐに頭に入ってくるくらいの情景描写も大事にして欲しい。

突然の狼への変身ぶりがB級すぎる

冒頭から主演女優まさかの狼への変貌ぶりが、突然過ぎて驚きを隠せない。空港に着いてトイレに駆け込んだあたりは「妊娠か?」くらいの流れで見ていたが、まさか個室に入るや否や狼に変身するとは想像もしなかった。そこからは狼が人間を噛み散らかして、空港狼だらけ。斬新過ぎて恐怖など感じる余裕もない。ただただこの先のストーリーを危惧せずにはいられない危うい出だしなのだ。

主役の突然の死がショッキングすぎる

脱出したかと思ったらヘリは壊れる、狼に噛まれるでバタバタのラストシーン。ここで主役のドナがなんの前触れも無く突然殺されてしまう。実は生きていて全員助かるのを想像していたのだが甘すぎた。結局少佐と女性は博士だけが生き残るというどこまでも感情移入ができないストーリー構成がもはやアッパレとしか言いようが無い。

まとめ

いかにも日本劇場未公開を匂わせるB級具合が見ていて面白い。やりたいことは分かるのだが予算のせいなのか、力不足なのかやりきれていないのが逆に見ていて親近感を感じてしまう。テレビスペシャルくらいの意気込みで鑑賞すれば、それなりに面白いのでは。実はこんなに大胆に動物に変身してしまうSF映画は近年珍しい。この手の映画もマニアの中では好きな人も多いだろう。ただ隔離したまでは良いが、地理感覚が無い観客はその島と本土の距離感が離れているのかそうではないのかも分かりづらい。もっと全体を通して客観的に撮影してくれていたら経済中心都市NYの恐怖が前面に押し出されていたのではないだろうか。こじんまりしずぎていて、NYの混乱具合が理解できなかったのが非常に残念である。

Amazon 映画『ニューヨーク2014 狼軍団の逆襲』の商品を見てみる