映画『虹色ほたる 永遠の夏休み』あらすじネタバレ結末と感想

虹色ほたる 永遠の夏休みの概要:昭和50年代にタイムスリップした、少年の冒険ファンタジー。声の出演は武井証、木村彩由実、大塚周夫。原作は川口雅幸。宇田鋼之介監督の2012年製作アニメ。主題歌をユーミンが歌ったことが話題になった。

虹色ほたる 永遠の夏休み あらすじネタバレ

虹色ほたる 永遠の夏休み
映画『虹色ほたる 永遠の夏休み』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

虹色ほたる 永遠の夏休み あらすじ【起・承】

1年程前に交通事故で父親を亡くした、小学6年生のユウタ(武井証)は、夏休みにカブトムシやクワガタを採取しようと、蛍が丘ダム近くの森に来ていた。

ユウタは、森でカブトムシやクワガタを探している途中、木のそばで笠を被った不思議な老人、蛍ジイ(石田太郎)に出会い、“水を分けてくれ!”と頼まれた。

そこで、持っていた清涼飲料水を蛍じいに分けた。すると、しばらくしたら大雨が降るぞ!と予言されてしまう。

蛍ジイの予言通り、大雨が降り出し、ユウタは決壊した水に飲み込まれてしまう。
その後、九死に一生を得たユウタが見たものは、大雨が降る前の風景だった。
そこには、ダムで沈んだはずの宮前村が広がっていた!

ユウタは、村でさえ子(木村彩由実)という小学3年生の女の子に出会う。なぜか、ユウタは彼女のいとことして宮前村で夏休みを過ごすことに。

さえ子は、おばあちゃんと2人暮らし。ユウタは、入浴中に蛍ジィに会い、村がダムに沈む前の1977年夏にタイムスリップしたことを知るのだった。
また、同級生のケンゾー(新田海統)とも出会い、仲良くなった。

夜明け前。ユウタは、ケンゾーと約束して虫取りに出かけた。木の幹にワナを仕掛けておくと面白いくらい、カブトムシやクワガタを捕まえることができた。
“もうすぐ、ここはダムに沈むんだ・・でも、お前、祭りの日までいるよな?”とケンゾーはユウタに尋ねた。

2人が神社にいるところを、青天狗というあだ名の神主(大塚周夫)に見つかってしまう。
“やばい!青天狗だ!逃げろ!”と2人は全速力で逃げ出した。

その後、村の子供たちは、青天狗こと神主によって神社に集められるのだった。

虹色ほたる 永遠の夏休み あらすじ【転・結】

神主の提案で、子供たちは祭りで流す灯篭に思い思いの絵を描くことになった。
ユウタは、バイクが好きだった父の事を想いながら、バイクの絵を描いたが、その絵をケンゾーは気に入った。“僕も大きくなったら、バイクに乗りたい!”と。

神主は、宮前村の歴史について話した。その昔、村は干ばつに見舞われて、水不足に悩まされたという。その時、村の若者が虹色に光る蛍が舞うのを見た。

その場所で、水を発見したらしい。蛍によって、この村は救われたのだ。
だから、宮前村の人々は蛍を神として崇めていると言う。

花火大会の前日。ユウタは、ヨシザワさんから神社に呼び出された。
告白かと思ったら、ケンゾーに片思いしているヨシザワさんから、ケンゾーと花火大会に行きたいから彼を誘って欲しいとお願いされた。

浴衣を着たヨシザワさんとケンゾーが仲良く、花火大会に現れた。ヨシザワさんは、花火大会の後、この村を去ってゆく予定だ。

2人の後を少し離れた場所から、ユウタもさえ子と見守った。
“仲がいいわね、兄妹みたい!”とヨシザワさんが言うと、さえ子は、“さえのお兄ちゃんは1人だけだもん!”と怒ったように言うのだった。

さえ子のお兄ちゃんとは一体誰なんだろう?ユウタは疑問に思った。
4人は花火を楽しんでいたが、突然、さえ子が倒れてしまう。

さえ子が倒れた夜、不思議な老人、蛍ジィがユウタの前に現れた。やがて、さえ子の秘密が少しずつ見えてきた。
“さえ子は、兄のもとにゆくことになっているんじゃ。”と蛍ジィは言う。
“そんなのダメだ!”

ユウタの父親は、バイクを運転中に交通事故で亡くなった。その時、巻き込まれて亡くなったのがさえ子の兄だった。オクヤマサエコ。と書かれた病室の名札。
さえ子自身も事故に遭っており、重体で病院に入院中だった。

翌朝、元気にさえ子は目覚めた。村は最後のお祭りの準備で大忙しだった。
ケンゾーは、ヨシザワさんとお別れした。“また(祭りに)いこうぜ!”と2人は約束を交わす。

神主は、“どこへ行こうとも、この村の事と仲間を忘れるな!”とみんなに伝えた。
そして、ユウタにこの村での暮らしについて聞いた。

“虹色ホタルは、今回は助けてくれないのですか?”
“人であろうと物であろうと、失われるのだよ・・・。”と神主は言う。
ユウタは、時間がとまればいいのにと願った。

祭りの日。さえ子は、おばあちゃんに浴衣を着せてもらって、2人で出かけた。
祭りの途中で、さえ子の姿が急に見えなくなり、ユウタは必死にさえ子を追いかけた。
“ユウタ君、ごめんね。お兄ちゃんにやっと会えるの。”
“元の時代に帰ろう。ホタルは運命の人を探すために光るのだよね・・。”
2人は、虹色ホタルが舞う水辺へ。少女の胸にホタルがとまり、やがて去ってゆく。

次の日。ユウタは、おばあちゃんに見送られて都会へ戻ることになった。
さえ子はいない。ケンゾーから、カブトムシやクワガタをたくさん貰った。
代わりに、バイクの絵をゲンゾーにあげた。“さよなら、僕の夏休み”。

それから10年後。蛍が丘ダムで、バイク好きのための蛍イベントが行われた。
主催しているのは、大人になったケンゾーだった。

ユウタ(櫻井孝宏)は、さえ子(能登麻美子)に再会できるかもしれないとイベントに参加した。
さえ子は恋人と共に参加していたが、目が見えないようだった。

その上、蛍ジィによって2人は記憶を奪われていた。しかし、ユウタもさえ子も手をつないだ瞬間、あの夏に気持ちが戻ったのだった。

2人を虹色ホタルの光が包む。
見守る蛍ジイは、驚きを隠せなかったが、2人の想いの強さが永遠に輝き続けていた。

虹色ほたる 永遠の夏休み 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2012年
  • 上映時間:105分
  • ジャンル:ファンタジー、ラブストーリー、アニメ
  • 監督:宇田鋼之介
  • キャスト:武井証、新田海統、櫻井孝宏、能登麻美子 etc

虹色ほたる 永遠の夏休み 批評・レビュー

映画『虹色ほたる 永遠の夏休み』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

大人も観たい!ノスタルジー溢れる絵と夏の冒険ファンタジー

夏、ホタルのまたたくような光を見たことがありますか?私が子供の頃は、日本各地で見ることができたように思います。

「虹色ホタル 永遠の夏休み」では、1977年(昭和52年)の時間軸にあり、40代や50代の人にとっては懐かしい風景が広がっていることでしょう。

田舎に遊びにゆく機会のない子供たちにもおすすめです!カブトムシやクワガタ取り、夏野菜のとれたてを頂く美味しさ、夏祭りの風景など夏を味わうことが出来ますよ。

ただ、村やホタルの描写がきれいなのですが、人物の描き方が雑に見えて好きになれませんでした。

郷愁と時代性を出すためにわざと人物をそのように描いていると知りましたが、背景と人物の調和にもっと心配りして欲しかったと思います。もちろん、絵の好みもあろうかと思いますが、その点が下手ですよね。

またユウタたちが大人になってからの物語は必要でしょうか?2度と会えないけれど、ホタルを観ればいつでも思い出す・・なんて展開でも良かったのではと考えます。

タイムスリップが主題のアニメが熱い!

誰でも、過去に実らなかった恋や夢を叶えたいと1度は思ったことがあるのではないでしょうか?
タイムスリップ物のアニメでおすすめの作品を紹介します。

まず、1作目は、森絵都原作の「カラフル」(10)です。タイムスリップ物を単なる時間を戻すという範疇だけでなく、“人生をやり直す”物語として観ると面白い。

主人公は、中学3年生の小林真。実は、過去に自殺をして、もう1度生まれ変わるために小林真の人生を生きるというストーリー。悩める中高生にぜひ、観て欲しい。

2作目は、「千年女優」。伝説的女優となった藤原千代子が引退して、30年後と彼女の女優人生を巡る物語。藤原千代子を3世代に渡って演じているのも魅力。
また、主人公が想う恋人役を山寺宏一さんが演じています。

過去は変えられないけれど、未来を変えることや誰かを幸せすることにタイムリミットはない!観た後に希望が残る作品です。

虹色ほたる 永遠の夏休み 感想まとめ

郷愁と初恋。「虹色ホタル 永遠の夏休み」を語る上で、外せないキーワードです。
アニメがもう子供だけのものではなく、良質な大人向けアニメとして完成している点が素晴らしい。

特に40代から50代にかけて、この作品は受けるのではないでしょうか。田舎の夏体験という視点で観てもいいし、ホタルが日本中で見ることができた時代に心を躍らせてもいい。

特にユウタがさえ子の手を取って、虹色ホタルが輝く水辺へゆくシーンが心に残ります。
“ホタルは運命の人を探すために光るんだよ!”という台詞も、2人の運命的な出会いを熱くしてくれますね!

この夏、映画で運命的な出会いをしてみませんか。

Amazon 映画『虹色ほたる 永遠の夏休み』の商品を見てみる