映画『のぼうの城』あらすじネタバレ結末と感想

のぼうの城の概要:『のぼうの城』は、和田竜原作小説の映画化作。秀吉が天下統一を目前にしていた時代。わずかの兵力で豊臣軍に挑んだ忍城のでくのぼう城主・通称「のぼう様」を野村萬斎が演じる。

のぼうの城 あらすじネタバレ

のぼうの城
映画『のぼうの城』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

のぼうの城 あらすじ【起・承】

豊臣秀吉が天下統一を目前にして、小田原の北条氏に戦を仕掛ける。
北条氏は豊臣軍に対抗するべく、領内の城主たちに籠城を命じていた。しかし、成田氏を城主とする忍城ではすでに豊臣方に降伏することを決めていた。
秀吉の家臣・石田三成は降伏を知っており、あとは開城を待つだけだが、戦で手柄を得て武功を立てるよう秀吉に命じられ、敢えて二万の軍勢を引き連れて忍城に戦を仕掛ける。

忍城の城主・成田長親は、領民からでくのぼうの「のぼう様」と称し、なぜか親しまれる人物だった。知恵もなく、武芸に秀でるわけでもなく、ただ人を惹きつける魅力を持っていた。
忍城は降伏して城を明け渡すために準備を進めるが、三成の策略で傲慢な態度をとった軍使を見て、そして甲斐姫を秀吉に差し出すよう言われ、まんまと「戦いまする」と宣言してしまうのだった。
三成の軍勢二万に対し、忍城はたった五百人。しかし、長親の決意に家臣たちは呆れつつも「よく言った」とばかりに喜んで従うのだった。

のぼうの城 あらすじ【転・結】

忍城勢は、地の利を生かして少数ながらも三成の軍勢と戦い、城に全く近づけない。予想以上の忍城勢の対抗に、三成は闘志を燃やす。三成は昔秀吉の水攻めを見てからこの策に憧れを持っており、今こそ周囲の川を利用して水攻めをしようとする。
三成軍は、忍城の周囲に人工の堤を作り、川を決壊させて忍城を水に沈める。

領民たちは土地を水の底に沈められ、高台の本丸まで避難する。三成軍は忍城の兵糧が尽き、本丸が落ちるのを待つだけだった。

長親はただ指をくわえて待ってはいなかった。水攻めに対抗する策として、船で敵兵の近くまで漕ぎ出で、田楽踊りを披露したのだ。敵兵もこれを見て盛り上がるが、三成は踊っているのが長親だと気づき、狙撃させる。長親は負傷するが、一命はとりとめる。

領民は、本丸にいる人々がすべてではなかった。堤を築くために三成側に雇われた農民もいたのだ。彼らは水攻めで水田をだめにされたことや、「のぼう様」が撃たれたという怒りから反撃に出る。築いた堤を崩し始めたのだ。三成の水攻めは失敗に終わる。
長親は刀一本持たずに敵の策をくじいてしまったのだ。

三成軍の攻撃を迎え撃つ準備を進めていたところ、小田原城落城の知らせが届く。忍城も開城することとなる。しかし、小田原城落城まで持ちこたえた支城はこの忍城だけであった。

のぼうの城 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2011年
  • 上映時間:145分
  • ジャンル:歴史、時代劇
  • 監督:犬童一心、樋口真嗣
  • キャスト:野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充 etc

のぼうの城 批評・レビュー

映画『のぼうの城』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

史実にフィクションを織り交ぜたエンターテイメント作

忍城が水攻めにあったのは、史実通りである。だが、長親が船の上で田楽踊りを披露したというのは本当かどうか怪しく、どうにもフィクションっぽい。それよりは、忍城側が水練に長けた人物を送り込み、堤を壊したという説の方が真実味がある。
が、智恵のない「でくのぼう」長親が田楽踊りを披露し、わざと敵に攻撃させ、自分を慕う領民たちに堤を壊させた、という筋書きの方が何倍も面白い。
現実はなかなか思い通りにはいかないもので、映画の通り水攻めは理想通りにはいかず、思った以上に水が溜まらず本丸だけぽっかり残ってしまった。その後大雨で増水し、忍城側が放った人物によって堤が壊され、あふれだした水で溺れて三成勢はかなりの死者を出してしまった。
もともと湖に囲まれ、「浮城」と呼ばれる忍城は、水害に合ってもすぐ元通りになる城で、水攻めには不向きだったのだ。
実際はこういう地味な幸運が重なって城を守り抜いたのだが、映画では脚色を加えることによってより面白くなっている。

甲斐姫の存在

甲斐姫は、自ら鎧をまとって戦に出た姫として有名である。
この映画の中では、密かに長親に思いを寄せている人物として描かれているが、登場シーンの多さと知名度の割にはあまり必要なキャラクターのようにも思えず、残念な存在だった。
成田氏長の長女である甲斐姫は、強さと美しさを兼ね備えた姫として説話にも書かれ、忍城の戦いの後は秀吉の側室になったとされているが、その後のことは何もわからない。
これだけ魅力的なキャラクターなのだから、もう少し作品の中でいい役回りだったらよかったのにと残念に思う。

のぼうの城 感想まとめ

戦国時代の数々の戦の中で、これほど珍しく面白い戦も珍しいので、この映画をきっかけにこの戦に興味を持ち、歴史を知りたくなった人も多いのではないだろうか。
野村萬斎が主役の長親を演じることについては、はじめは原作を読んだ時の長親の印象とは違っていたのでどうなるのかと思っていたが、これはこれでいい。不安定な船の上での田楽踊りの策も、これは狂言師野村萬斎だからできたこと。他ではありえない。ナイスキャスティングだったと思う。

Amazon 映画『のぼうの城』の商品を見てみる