映画『の・ようなもの』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「の・ようなもの」のネタバレあらすじ結末

の・ようなものの概要:無名の若手落語家と彼を取り巻く人々を描いた青春群像劇。森田芳光監督の劇場用映画デビュー作。独特の雰囲気を持つ作品で、何がどうというわけでもないのだが、不思議な余韻が残る。俳優としては素人だった伊藤克信を主人公に抜擢するなど、枠にとらわれないキャスティングも面白い。

の・ようなものの作品概要

の・ようなもの

公開日:1981年
上映時間:103分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ、青春
監督:森田芳光
キャスト:伊藤克信、尾藤イサオ、秋吉久美子、麻生えりか etc

の・ようなものの登場人物(キャスト)

志ん魚(伊藤克信)
全く無名の若手落語家。日光出身の飄々とした愛嬌のある男。まだまだ下手だが落語が大好きで、古典落語をやることにこだわっている。師匠や兄弟子からも可愛がられ、それなりに楽しい日々を送っている。
エリザベス(秋吉久美子)
ソープ嬢。誕生日祝いに兄弟子からソープを奢ってもらった志ん魚の相手をし、彼のことを気に入って、プライベートで付き合い始める。志ん魚とは、友達以上恋人未満といった感じの不思議な関係。
志ん米(尾藤イサオ)
志ん魚の一門の1番上の兄弟子。気さくな兄弟子で、弟弟子たちからも慕われている。ただし、売れっ子ではないので金の面では弟弟子の面倒を見てやれない。少々風変わりな妻がいる。
由美(麻生えりか)
落研に所属する女子高生。落研へコーチに来てくれた志ん魚と恋に落ち、付き合い始める。若いわりにしっかりしており、志ん魚の落語にダメ出しをする。

の・ようなもののネタバレあらすじ

映画『の・ようなもの』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

の・ようなもののあらすじ【起】

若手落語家の志ん魚(しんとと)は、23歳の誕生日を迎える。志ん魚は出船亭扇橋師匠の弟子で、一門には5人の落語家と2人の見習いがいた。志ん魚の兄弟子は上から順に志ん米(しんこめ)、志ん水(しんすい)、志ん肉(しんにく)、弟弟子には志ん菜(しんさい)がいる。みんな売れない落語家だったが、弟子同士はとても仲が良く、志ん魚はそれなりに楽しい日々を送っていた。

兄弟子たちは、志ん魚がまだ童貞だという話を聞き、金を出し合ってソープランドを奢る。志ん魚の相手をしてくれたのは、エリザベスというかなり美人のソープ嬢で、なぜか志ん魚のことを気に入ってくれる。「金がないからもう来られない」という志ん魚に、エリザベスは自宅の電話番号を教え、プライベートで会う約束をする。

エリザベスの自宅を訪れた志ん魚は、彼女が英語の本を読んでいることに驚く。エリザベスは博識で、海外の映画俳優にも詳しかった。エリザベスが言うには、志ん魚はアル・パチーノに似ているらしい。志ん魚は高級レストランでフランス料理を奢ってもらい、初めてエスカルゴを口にする。エリザベスは食べることが大好きで、こういう店にも慣れていた。

エリザベスと志ん魚はそれからもデートを重ね、恋人同士のような付き合いをする。志ん魚は冗談で「自分もそのうち売れっ子になって、将来幸せにしますよ」とエリザベスに言ってみる。エリザベスは曖昧に笑っていた。

の・ようなもののあらすじ【承】

志ん魚の一門は、「末広亭」という劇場の深夜寄席に出演する。深夜寄席はそれなりに客が入っていたが、終演後から始発までの時間の過ごし方が難しかった。志ん米だけはタクシーで帰り、弟弟子たちへ小銭を渡す。これではどうにもならないと困っていると、ベテランの師匠が通りかかり、小遣いを弾んでくれる。志ん魚たちはその金で、宿に泊まることができた。

同じ頃、エリザベスが仕事から帰宅すると、妹が勝手に部屋へ入っていた。妹は何の仕事をしても長続きせず、今度の職場もやめてしまったらしい。面倒見のいいエリザベスは、妹に気前よく小遣いを渡す。

師匠の家に落研の女子高生たちが押しかけてきて、「文化祭で落語を披露するので、誰かにコーチをお願いしたい」と頼みにくる。暇な人でいいというので、おかみさんは志ん魚と志ん菜を行かせることにする。

若々しい女子高生との交流はなかなか刺激的で、志ん魚は由美という女子高生を気に入る。兄弟子たちも羨ましがり、女子高生と一門の5人で遊園地へ遊びに行く。志ん魚はエリザベスのことが気になっていたが、由美たちと過ごす時間が増えていく。志ん魚と遊べなくなり、エリザベスは退屈だった。

の・ようなもののあらすじ【転】

志ん魚の一門はなかなか落語を発表する場に恵まれず、鳴かず飛ばずの状態が続いていた。由美たちは、団地のケーブルテレビに出演したことがあり、そこの女性プロデューサーに「落語を放送してくれないか」と相談してみる。しかし女性プロデューサーは、無名の落語家を起用することに難色を示す。

一門のメンバーはアイデアを出し合い、「お天気予想クイズ」という企画を考える。この企画は、団地の近所のスーパーで買い物をすると、お天気予想クイズに参加することができ、見事予想が的中すれば、スーパーの割引券がもらえるという仕組みになっていた。結果は、ケーブルテレビの天気予報で発表される。

競馬によく似たこの企画は、団地の主婦たちの好奇心を煽り、お天気予想クイズは大いに盛り上がる。ケーブルテレビの注目度も上がり、女性プロデューサーも喜んでくれる。そのおかげで、志ん魚たちは団地で青空寄席を開催することができた。青空寄席にはスポンサーもつき、大勢の観客が集まってくれる。

風邪を引いて寝込んでいたエリザベスは、志ん魚に来てもらう。志ん魚は相変わらず優しくて、彼女をおんぶして病院へ連れていく。

師匠は、なかなか上手くならない志ん魚に、新作落語をやってみたらどうかとアドバイスする。しかし志ん魚は、王道の古典落語をやりたかった。師匠はおおらかに志ん魚の話を聞き、「ゆっくり考えてみなさい」と言ってくれる。

志ん魚は由美と真剣に付き合うことに決め、エリザベスにそのことを打ち明ける。志ん魚は、今までのように2人で会うわけにはいかないと思っていたが、エリザベスは黙っていればいいと食い下がる。エリザベスに「騙すんじゃないの、黙っているの」と説得され、志ん魚もなんとなくエリザベスとの関係を続ける。

の・ようなもののあらすじ【結】

夏。志ん魚は初めて由美と2人きりでデートをする。帰り際、志ん魚は彼女を連れ込み旅館に誘ってみるが、「冗談でしょう」と言われ、おとなしく引き下がる。同じ頃、エリザベスはソープ嬢仲間から、関西方面へ引っ越さないかと誘われていた。

由美を郊外の自宅まで送っていた志ん魚は、途中で由美の父親と遭遇する。父親は娘のことを心配し、志ん魚を家に誘う。思いがけず由美の両親と会うことになり、志ん魚は緊張する。父親は志ん魚が落語家だと知ると、落語を聞いてみたいと言い出す。志ん魚はそれを快く了承し、古典落語の『二十四孝』をやり始める。しかし全くウケず、父親に「全然なってない、どうやって生活するつもりだ」と言われてしまう。由美もそれに同調し「志ん魚さん、下手よ」とダメ出しする。楽天家の志ん魚もさすがに参ってしまい、早々に由美の家を出る。

すでに終電はなくなっており、志ん魚は42キロの距離を歩いて帰ることにする。帰る道々、志ん魚は新作落語を考えながら黙々と歩く。由美は志ん魚が心配になり、スクーターで後を追う。

明け方、家の近所まで帰ってきた志ん魚を、由美が待っていた。由美は「へたくそ」と言って微笑む。志ん魚は、そんな彼女の気持ちが嬉かった。

久しぶりにエリザベスの家を訪ねると、彼女は引越しの準備をしていた。エリザベスが関西へ行くと聞き、志ん魚は寂しくなる。エリザベスはいつも通りサバサバしていた。

兄弟子の志ん米の真打昇進が決まり、ビアホールを貸し切って、お祝いの会が開かれる。志ん米は、苦節20年で真打に昇進した。志ん魚と志ん菜は、兄弟子の姿を見ながら、自分たちや落語界の将来について語り合う。なかなか芽は出そうにないが、2人は落語が大好きで、ずっとやっていきたいと思っていた。志ん魚は、少しだけ大人になったようだ。

Amazon 映画『の・ようなもの』の商品を見てみる

関連作品

次作 の・ようなもの のようなもの