映画『オブリビオン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『オブリビオン』のネタバレあらすじ結末

オブリビオンの概要:地球外生命体スカヴによって破壊された地球。人類はどうにか敵を退けたものの、惑星移住を余儀なくされていた。ジャックとヴィクトリアはそのためのエネルギー発電施設プラントの警備の任に就く。

オブリビオンの作品概要

オブリビオン

公開日:2013年
上映時間:124分
ジャンル:SF、アクション
監督:ジョセフ・コシンスキー
キャスト:トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズブロー etc

オブリビオンの登場人物(キャスト)

ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)
地球外生命体のスカヴによって破壊された地球から、海水を吸い上げて惑星移住のためのエネルギーを発生させるプラントの警備任務を負う。
ヴィクトリア・オルセン(アンドレア・ライズボロー)
ジャックをサポートする女性。任務中のジャックのオペレートをしたり、本部と連絡を取り合う。
ジュリア・ルサコーヴァ(オルガ・キュリレンコ)
半世紀以上も前にNASAが打ち上げた宇宙船に乗っていた女性。冷凍睡眠したまま地上に帰還したため、歳は出発当時とほとんど変わらない。

オブリビオンのネタバレあらすじ

映画『オブリビオン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

オブリビオンのあらすじ【起】

2077年の3月14日。ジャックはヴィクトリアと共に偵察任務に就いていた。半世紀も前にスカヴにより地球を破壊された人類は勝利こそ掴んだものの新たな住処を探していた。宇宙管制センター「テッド」を拠点に、土星の衛星「タイタン」への移住計画を進めていた。ジャックたちの目的は地球の海水を核エネルギー化する採水プラントの警備だった。スカヴの生き残りが尚も周辺に潜伏しており、人類が作ったプラントやドローンを狙っている。

航空機による調査中、ジャックは周囲を監視している二機のドローンに異常を見つける。現場に駆けつけると、ジャックは撃墜されたドローンと交戦の痕跡を発見した。拠点でナビゲートをしていたヴィクトリアが、ドローンに記録された映像を読み取ろうとするが、映像は不鮮明で確かなことがわからない。ジャックは航空機から降りてドローンを調査することにした。幸い、ドローンは少し修理すればすぐに復旧できる状況だった。ジャックがドローンを直すとドローンは空へ飛び立っていった。

オブリビオンのあらすじ【承】

ジャックは近頃スカヴの動きが活発化していることを懸念していた。警備ドローンだけでなく、蓄電パネルも被害を受けている。ジャックは異常を報告してきたもう一機のドローンを見つけるため、航空機に格納していたバイクを使って地上の捜索を開始した。

しばらくバイクで進んでいると、荒野に開いた大穴の底に落ちているドローンを見つけた。周辺にまだ敵が潜んでいることを危惧したヴィクトリアは、本部に援軍のドローンを要請した。ジャックは穴を降り、中を捜索していく。ドローンの下に着いたジャック。しかし、そこにはスカヴの残党が待ち受けていた。窮地に陥ったジャックだが、先程彼が助けたドローンが現れ、敵を掃討していった。穴を這い上がったジャックはバイクがスカヴに盗まれたことに気付いた。

拠点に帰還したジャックは穴の中で見つけた戦争前の書物を開いた。古代ローマの叙事詩。読み込もうとしたジャックだがヴィクトリアに声をかけられ、読書を中断した。

オブリビオンのあらすじ【転】

ジャックはヴィクトリアに穴の中で見たスカヴについて相談した。彼らからは殺意が感じられず、自分を連れ去ろうとする素振りがあった。ヴィクトリアは、そんなことをさせないと言って、ジャックの不安を解消した後、彼をプールに誘った。

それから眠りに就いた二人は真夜中に大きな物音を聞いて飛び起きる。二人は窓の外に、遠くで大爆発が起こっているのを見た。それは採水プラントのメルトダウンによるものだった。ジャックは早速現場に向かった。もう一つでもプラントを失えば移住計画は台無しになる。二人は本部から何としてでも残りのプラントを守るよう命じられた。

ジャックは仕事の合間に湖畔に降り立った。そこには彼が地上の自然を満喫するための隠れ家があった。後二週間以内に任務は終わり、テッドに帰れると思う反面、彼には地上の自然を手放すのを惜しむ気持ちもあった。レコードをかけて音楽に浸っていると、宇宙から飛来した謎の物体を目撃した。謎の物体はジャックのいる場所の近くに落ちた。急いで航空機に乗ったジャックは現場に向かった。

落ちてきたのは宇宙船で、乗っていたのは人間だった。脱出ポットの中にいた人たちには生命反応があった。しかし、後からやってきたドローンが敵と認識し、次々と排除してしまう。

オブリビオンのあらすじ【結】

唯一救えた一人の女性を拠点に連れてきたジャック。ジュリアという名の彼女は、60年以上も前に宇宙探査に出て行ったNASAのクルーだった。

ジュリアは墜落した機体からフライトレコーダーを回収したいとジャックに訴えた。スカヴは夜行性だから今は危険だと彼女を説得しようとするが、全ての真実が解かるかも知れないというジュリアの訴えに、墜落現場へ向かった。フライトレコーダーを回収することに成功したものの、待ち受けていたスカヴに襲われ、ジャックは連れ去らわれてしまう。

スカヴの拠点に拉致されたジャック。そこにいたのは人間だった。本部からスカヴは宇宙人だと聞かされていたジャックは困惑する。スカヴのリーダーはNASAの宇宙船から奪取した小型原子炉を使ってプラントを破壊したときよりも更に大きな爆発を引き起こそうとしていた。スカヴのリーダーはドローンに爆弾を運ぶプログラムを仕込ませようとしていた。

敵の正体が聞かされていたものと違い、ドローンに宇宙船の乗組員を殺させた本部のことを、ジャックは疑っていた。ジャックは事態を解明するためスカヴに協力を約束した。解放されたジャックはジュリアたちが宇宙に向かった本当の理由を聞かされる。彼女たちは本来、タイタンが人間の住める土地か調べる役目を負っていた。しかし、途中で計画が変更され、太陽系外からやって来た謎の物体の調査を命じられた。その物体こそがテッドなのだと言う。

拠点に戻ったジャックとジュリアは、ヴィクトリアを救うため彼女を拠点から連れ出そうとした。しかし、彼女はジャックの話を信じず、ジャックとスカヴの接触を本部に報告した。すると、拠点防衛用のドローンが起動し、ジャックを排除しようとした。ヴィクトリアはドローンの攻撃に巻き込まれて消滅してしまう。ジャックとジュリアは拠点を脱出した。

汚染地域とされ、本部から侵入を禁止された地域に逃げ込んだジャックとジュリア。そこで二人はジャックと瓜二つの人物が哨戒パトロールをしていたのを見つける。ジャックは同じ顔をしたその男を倒す。戦闘の最中、ジュリアが被弾してしまい、彼女の傷を治療するため、もう一人の自分の拠点を探した。そこには死んだはずのヴィクトリアがいた。ヴィクトリアを拠点から連れ出そうと試みるジャックだったが、そのヴィクトリアも本部の言うことを盲信していた。

ジャックはスカヴの拠点に戻った。そこでジャックはリーダーから真実を教えられる。自分たちが信じていた本部の正体こそがスカヴだったのだ。

ドローンでテッドまで爆弾を運ぶつもりだったが、敵の襲撃で破壊されてしまう。ジャックは直接テッドに向かい、そこで自爆した。

スカヴの脅威は去り、地上に再び平和が戻った。

オブリビオンの解説・レビュー

「僕は彼」の意味

ジャックのクローンは、ビーチが語ったように最初から何千人という数がいました。
その中に、ジュリアに対する強い思いから、彼女の夢を見るクローンが何人か存在してもおかしくはないと考えられます。
そして49番のジャックは、ジュリアに会う前から思い出の場所に向かうことができる区域にいて、最初にジュリアに再会したクローンでもあります。

52番は、そういったことが全く無くても、家を見つけます。
進入禁止地区で49番のジャックと鉢合わせした時に、ジュリアの顔を見て驚いた顔をしているので、52番のジャックもジュリアの夢を見るクローンだったのだと思われます。

ジュリアに会った事やクローン同士の接触という刺激を受け、彼も記憶を取り戻す事ができたと考える事ができます。
また、記憶を完全に抹消するためにテットが後からも何らかの仕掛けをしていた可能性があり、テット消滅で記憶が戻りやすかったとも思われます。
クローンだから同じなのではなく、記憶が戻った事から「僕は彼」なのでしょう。
「彼」の意味は「49番のジャック」ではなく、「ジャック・ハーパー」なのだと考えられます。

ジュリアの子供

ジュリアは暴発した銃でお腹を撃たれていますし、その前は60年間コールドスリープ状態だったので、そこまでは妊娠していないでしょう。

ですが、湖畔の家で療養した後に襲撃を受け、ロボットに撃たれそうになった時に心臓からお腹に焦点をずらされています。
1度撃たれた場所をもう一度狙うようにプログラミングされていた可能性もありますが、心拍を2つ確認したロボットが迷った動きと考えられます。

湖畔の家で過ごした日数が明確ではないことから、妊娠したのはその間なのでしょう。
そして、硬い決意をしているにもかかわらず本人に内緒でコールドスリープ装置に入ってからビーチと入れ替わった事、お気に入りの絵を一緒に入れたことから、ジャックは妊娠の可能性に気がついていたと思われます。
入れ替わったのは、ビーチの強い要望もあったと想像できます。

オブリビオンの感想まとめ

日本でも人気があり、ミッション・インポッシブルなどで有名なトム・クルーズが、実はクローンという主人公を演じていて、ストーリーも意表をつかれるものです。
ジャックの乗る宇宙船や銃のスコープ画面、ハイテク機器やロボットの視線などは人気のゲームなどに実際にありそうで魅力的です。
また、近未来的な生活空間と廃墟と化した町、自然に囲まれた湖畔の家との差が、ストーリーとマッチしていて興味深いです。

名脇役モーガン・フリーマンは、この映画でも味わい深い演技で、彼の存在感は大きいです。
テットで予備のクローンを遠目で映したシーンには、その数にぞっとするものがありました。

しかし、日本では数年前に地震や津波があり、放射能の問題も未だに残っていると思うと、楽しめない部分も多いです。
そういったシーンが少なければ、意外性が高くて面白い映画だと思います。

Amazon 映画『オブリビオン』の商品を見てみる