映画『溺れるナイフ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『溺れるナイフ』のネタバレあらすじ結末

溺れるナイフの概要:両親の都合で田舎へ引っ越した美少女のヒロイン。そこで特別な少年と出会う。一生を左右する運命の出会いを果たした、2人の特別な絆を描く青春ラブストーリー。10代特有の恐れを知らない瞬間と懊悩を見事に描いている。

溺れるナイフの作品概要

溺れるナイフ

公開日:2016年
上映時間:111分
ジャンル:ラブストーリー、青春
監督:山戸結希
キャスト:小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅、上白石萌音 etc

溺れるナイフの登場人物(キャスト)

望月夏芽(小松菜奈)
東京でティーンモデルをするほどの美少女。コウに対抗意識を抱き、食らいついていく度胸もあるが、ストーカーに襲われトラウマになる。コウを自分の神様と思っている。
長谷川航一朗(菅田将暉)
浮雲町を牛耳る長谷川家の長男。次期当主。傲慢で態度がでかく、わがままな面もある。高校に進学してからは、喧嘩三昧で荒んでいる。通称コウ。夏芽は特別な存在。
大友勝利(重岡大毅)
コウとは幼馴染。夏芽に恋する好少年。明るく優しい。
松永カナ(上白石萌音)
中学では冴えないが、高校に進学してからは、おしゃれに目覚める。コウが好き。

溺れるナイフのネタバレあらすじ

映画『溺れるナイフ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

溺れるナイフのあらすじ【起】

望月夏芽は東京でティーンモデルをしていたが、両親の都合でモデルを辞め田舎にやって来た。この浮雲町は何もなくてつまらない。
到着したその日の夜、宴会を抜け出した夏芽は立ち入り禁止の浜辺へ入り、鳥居の向こう側の岩場で泳いでいる、金髪で傲慢な態度の少年と、運命の出会いを果たす。

中学3年のクラスに編入当日、同じクラスに金髪の少年を見つけた夏芽。彼の名前は長谷川航一朗。皆にはコウと呼ばれており、ここら一体を牛耳る長谷川家次期当主らしい。夏芽は口止めされていたにも関わらず、彼が岩場の海で泳いでいた事を暴露してしまう。どうやら、あの岩場は神様の神域らしく、一般人が入ると海が荒れるらしい。
夏芽は再び、神域の海へ向かう。そこにはやはり、コウがいた。彼は夏芽を岩場へ連れて行き、景色を見せた後に夏芽を道連れに海へ飛び込む。コウはこの町も山も海も、全部自分の物だから、自分はどこで遊んでもいいのだと笑った。

そんなある日、夏芽に有名カメラマンから写真集のオファーがある。母親と共にカメラマンと会い、オファーを受ける事にした。撮影中、コウに邪魔されたりするも、撮影は概ね順調に進んだ。

そして、写真集が完成。夏芽はコウを待ち伏せし、完成を知らせて逃げる。コウはすかさず、彼女を追いかけた。逃げそびれて川に落ちてしまう夏芽。その隙に彼女の鞄を持って行ってしまうコウ。少し先で座り込んだ彼の横に座った夏芽は、緊張しつつ写真集を見せた。彼女はコウの気を引きたくて、写真集を撮ったと話す。そして、見つめ合う2人は唇を重ねた。

コウは自分の言う通りに動く夏芽はつまらないと言う。夏芽が面白おかしく生きる事を約束すると、彼は長谷川家次期当主の証である数珠を彼女に渡す。これがお前を守ってくれるかもしれないと言う。夏芽は自分がつけていた数珠を渡し、私がコウを守るよう念じると言った。

溺れるナイフのあらすじ【承】

浮雲町、最古の喧嘩祭りである火祭りが開催。面をつけ白装束を着た男達が、夜に松明を持って祭壇を囲む。祭り見学に来ていた夏芽だったが、旅館に宿泊していた考古学者から、夏芽の祖父が倒れたと知らされる。彼女は男に連れられて会場を後にした。それを輪の中から見ていたコウ。夏芽から貰った数珠が切れ、嫌な予感がして走り出した。

男の車に乗った夏芽。病院とは違う方向に向かっている事に気付いたが、男から違う病院だと言われる。だが、話を聞いている内に、男がストーカーだと判明。人気のない山へ連れて行かれるも、どうにか逃げ出して山へ入った。

夏芽を攫った車を発見したコウ。彼女を見つけて助けようとするが、背後から迫った男に殴り倒されてしまう。男に犯されそうになった夏芽は、寸前で追って来た青年団に助けられた。15歳、夏の出来事だった。

夏の出来事は思わぬ反響を呼ぶ。彼女の事件は表沙汰になり、ネット上でも話題を呼んだ。高校に進学した夏芽だったが、周囲は彼女を遠巻きにしている。同じ高校に入ったカナは、一気に垢抜けて明るくなり、対照的に夏芽は火が消えたように大人しくなった。

1人で昼食を摂る夏芽に、大友が声をかける。それからは、大友と行動を共にするようになった夏芽。コウの噂はあちこちから良く耳に入ったが、夏芽はあの夏以来、彼とは話もしていない。小さな町だ。顔を合わせる事もある。夏芽には未だ、コウは特別な存在だった。

溺れるナイフのあらすじ【転】

夏芽を避けるように、仲間から離れ1人で歩いて行くコウを見かけた夏芽。彼を追いかける。小さな舟で海に出ようとした為、急いで船に飛び乗った。久々にお前の声を聞いたと笑うコウ。
誰もいない海の上。コウと夏芽は話し合いをするが、途中で2人は海に落ちる。海の中、コウは夏芽が痛々しく見ていられないと言う。お前の人生に巻き込まれるのは、もうごめんだ。もう、俺の人生に関わるな。彼はそう言って、夏芽を突き放した。

ずぶ濡れの夏芽が家に帰ると、大友が遊びに来ていた。彼は落ち込んでいる夏芽を、元気づけようとしてくれる。
次の日、熱を出して寝込んだ夏芽。大友と映画を観る約束をしていたが、彼は笑って許してくれる。大友はコウと夏芽の関係を良く知っており、友達でいいからと言いながら、一心に彼女の事を支えた。夏芽は少しずつ、大友に心を開いていく。

そんな折、映画の話が再び持ち上がる。夏芽はその話を断るが、送られて来た台本にはレイプシーンがあった。
学校帰り、夏芽の写真集を撮ったカメラマンが待ち伏せしている。彼は今の夏芽など撮るに値しないと言って去って行く。夏芽は悔しくて、1人で泣いた。

山の上の神社にお参りした帰り、傷だらけのコウと会った夏芽。2人の間に特別な空気が流れる。コウには夏芽が、夏芽にはコウが。2人は離れていても、離れられない。
この町の全てはコウの物。それなら夏芽もコウの物だ。だが、彼は夏芽を手放そうとする。遠くに行けるのが夏芽の力。しかし、コウはこの地を離れらない。彼は夏芽に何もしてやれないと泣く。夏芽はコウのナイフを持って、無言で走り去った。

溺れるナイフのあらすじ【結】

夏芽は大友に別れを告げる。彼女は映画の出演を決め、東京に行くと言う。彼は泣きながら、夏芽の背中を押してくれた。優しい彼らしい応援だった。

また火祭りがやって来た。祭りの手伝いをしていたカナは、白装束の不審人物を目撃する。彼女はコウに助けを求めた。カナが止める中、彼は松明を持ったまま駆け出す。
コウとの思い出の場所である、山奥の小屋にいた夏芽の元に、いつかのストーカーが現れる。彼女は恐慌状態に陥り気絶。ふと、気が付いて夢だったのかと思うが、祭り会場で舞を踊るコウと、ストーカーと争うコウの姿を垣間見る。夏芽は彼の名を呼び続ける。最早、どちらが現実なのか分からなかった。

夜半、血塗れのナイフを手にしたカナが夏芽に言う。ストーカーは自害して果てた。全てを海に沈め、なかった事にする。だからもう、コウには近付くなと。夏芽はその場に倒れ伏した。

東京に戻った夏芽は、出演した映画で賞を受賞。晴れやかな舞台で、彼女は堂々とスピーチをした。夏芽はコウが見ている限り輝き続ける。彼と約束した通りにずっと。あの地を離れられない彼の為に。

Amazon 映画『溺れるナイフ』の商品を見てみる