映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」のネタバレあらすじ結末

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!の概要:大人気刑事ドラマ「踊る大捜査線」の劇場版第2弾。合計3作製作されることになる「踊る大捜査線」劇場版シリーズだが、今作が最大のヒットと言っても過言ではない。「レインボーブリッジ、封鎖できません!」という名言が生まれたのも今作。

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!の作品概要

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!

公開日:2003年
上映時間:138分
ジャンル:サスペンス、アクション
監督:本広克行
キャスト:織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、水野美紀 etc

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!の登場人物(キャスト)

青島俊作(織田裕二)
湾岸署で働く刑事。熱い正義の心を持っており、常に全身全霊で事件に臨んでいる。
和久平八郎(いかりや長介)
青島達の先輩で、大ベテランの刑事。人望に厚い。
恩田すみれ(深津絵里)
青島の同僚。青島が密かに憧れている相手。
真下正義(ユースケ・サンタマリア)
警視庁に勤務する交渉人。かなりの実力者。
室井慎次(柳葉敏郎)
警視庁に勤務するエリート刑事。青島とは犬猿の仲。
真矢みき(沖田仁美)
今回事件解決の為に送り込まれてきた管理官。青島達現場の人間を下に見ている。

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のネタバレあらすじ

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のあらすじ【起】

世間から事件が無くなることはありません。どんな事件にも対応出来るよう、警視庁本庁と青島らが務める湾岸署が合同でテロ対策訓練を行うことになりました。本庁の人間にテロリスト役をやらせるわけにもいかず、湾岸署の刑事たちがその役を引き受けることになります。しかし、思わず本気になってしまった青島が、テロリスト役にも関わらずSATに打ち勝ってしまったのです。この事をきっかけに、青島は本庁から睨まれてしまいます。

一方、湾岸署の管轄内では様々な事件が立て続けに起きていました。その中でも、身体が蜘蛛の巣のように縛られた30代男性が殺害されるという事件が連続して起きました。上層部はこれを解決するべく、湾岸署と本庁の合同捜査を命じます。

しかし、本庁から送られてきた女管理官、沖田は湾岸署を一切捜査にくわえさせません。「事件は会議室で起きてるのよ」と青島達を一切認めない傲慢さと、普段青島とは犬猿の仲ながらも実力は認めている室井管理官を蔑ろにするその態度に、青島は怒りを覚えます。

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のあらすじ【承】

沖田の圧力により公的に捜査をすることが許されない湾岸署の刑事ですが、青島は気にすることなく独自で同じく現在湾岸署で生じている噛みつき事件とスリ事件の捜査に乗り出します。

一方、蜘蛛の巣事件が中々進展しない沖田は、更に人材を投入し本腰を入れようと考えました。そこで室井に、湾岸署内の刑事で口が硬い人物は誰かと聞いたところ、青島とスミレの名前が挙がったのです。

沖田に呼び出された二人は、沖田が案内するとある場所へと向かいました。すると、警視庁が極秘裏に作成したというその部屋は、国民全体の動きを監視するモニター室だったのです。人権を全く無視したその部屋の存在に二人は唖然とします。しかし、世の中を平和に保つ為だ、と沖田は聞く耳を持ちません。そして沖田は他のすべての仕事は捨て置いて、二人にこのカメラで蜘蛛男事件の手がかりを入手するまで監視を続けろと命じたのでした。しかし、渋々モニタリングをしていた二人はなんと、偶然にもスリ事件と噛みつき事件の犯人を見つけたのでした。

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のあらすじ【転】

みすみす犯人を逃す手はありません。二人は監視室を飛び出て犯人逮捕に向かいますが、どちらもあと一歩というところで犯人に逃げられてしまいます。沖田はこれに怒り、彼らを紹介した室井に責任を取らせ彼にモニター管理を命じました。青島は室井に、何故沖田の言いなりになっているのかと責め立てますが、室井は沖田が警視庁のお飾りに仕立て上げられた憐れな人物だと話します。

監視の任から外された二人は、蜘蛛の巣事件を目撃してしまった、とある会社の女性秘書の警護に当たることになりました。しかし護衛を続けているうち、彼女が狙われているのは決してその事だけが理由ではない事に気がつきます。その会社の関連会社では、近頃大規模なリストラが起きていたのです。そしてスリ事件の犯人も、リストラの被害者によるものでした。

一方蜘蛛の巣事件に進展がありました。なんと、犯人グループからの連絡が入ったのです。そこで出番が回ってきたのが、本庁で交渉人として活躍する真下です。

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!のあらすじ【結】

そして真下の交渉術で、この事件の犯人達も例のリストラの被害者である事が判明します。犯人らを一網打尽にする為、警察はレインボーブリッジを封鎖しようとしますが、様々な権力が絡み合っているレインボーブリッジは中々封鎖できません。更に最悪なことに、犯人の一人が女の子を刺そうとした場面に割って入ったスミレが重傷を負ってしまったのです。

沖田は現場の指揮をとりますが、一向に物事は好転しません。そして自暴自棄になった沖田に対して、青島の先輩である和久が「あんたの指示は聞いてられない」と自分達で捜査に当たることにしたのてす。そして、青島を中心に湾岸署の署員達は大活躍。見事犯人グループの逮捕に至ったのです。沖田は責任をとって、暫く前線から外されることになりました。

大躍進を見せた青島は警察庁から表彰される事となりますが、表彰式のその日、青島は姿を見せませんでした。何と、退院したスミレと共に新たな事件の犯人を追っていたのです。騒然とする会場で、室井は密かに笑みを浮かべていました。

Amazon 映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の商品を見てみる

関連作品

次作 踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!
前作 踊る大捜査線 THE MOVIE