映画『オールド・ボーイ(2003)』あらすじとネタバレ感想

オールド・ボーイ(2003)の概要:2003年公開の韓国映画(原題:Old Boy)。原作は日本の漫画「ルーズ戦記オールド・ボーイ」である。パク・チャヌク監督「復讐三部作」の第2作品目にあたる本作は、要劇的なラストシーンが話題となった。

オールド・ボーイ あらすじ

オールド・ボーイ
映画『オールド・ボーイ(2003)』のあらすじを紹介します。

1988年のある日。
泥酔したオ・デス(チェ・ミンシク)は雨の夜、何者かに拉致され監禁される。
目を覚ましたオ・デスは状況が把握できないながらも。部屋にあるTVで妻が惨殺されその容疑が自分にかかっていることを知る。
発狂しながらもデスは冷静さを取り戻し、監禁されたままではいられないと監禁部屋で体を鍛え上げる。

15年が経ち、彼は拉致された場所に開放される。
偶然に立ち寄った寿司屋で気を失うデス。
寿司屋に勤めていたミドに助けられ、彼女の自宅で看病される。
徐々に距離を縮めていくデスとミドだったが、デスは自分を監禁したのが何者なのかその理由を探っていた。

そしてつい7・5階の監禁部屋の場所を探しだし、犯人のイ・ウジンと対面。
ウジンは「死のゲーム」を提案した。
その内容とは5日以内に何故監禁されたか理由を解明することだった。
解ければウジンが自殺、解けなければデスとミドを殺害するという。

その夜デスとミドは一夜を共にした。
必死に考えたデスに1つの記憶が蘇る。
高校時代の後輩・ウジンが実の姉と愛し合い、それを知ったデスが噂を広めたせいで姉が自殺したのだった。
そのことでデスに復讐を企んでいたウジンの策略に見事はまってしまったのだった。

そしてウジンからミドが実の娘であると知らされたデス。
実の娘と愛し合ってしまった事実に耐え切れず舌を噛み切った。
15年の監禁期間は娘の成長に必要な時間だったのだ。
全てを終えたウジンは自殺し、デスとミドは再会を果たした。

オールド・ボーイ 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2003年
  • 上映時間:120分
  • ジャンル:アクション、サスペンス
  • 監督:パク・チャヌク
  • キャスト:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、チ・デハン etc

オールド・ボーイ ネタバレ批評

映画『オールド・ボーイ(2003)』について、感想批評です。※ネタバレあり

2度と見たくないほどの残酷さなのに傑作

見ているあらゆるシーンに目を覆いたくなるような残虐なものが多い。
原作の漫画は見ていないのだが、非常によくできた流れである。
何故監禁されたのかわからない恐ろしさ、突然開放される不気味さ。
現実では到底有り得ないような事件の犯人像に怯えながらも、果敢に挑むデスの姿に何故か共感し始めてしまうのが不思議だ。
全く展開が読めない展開がデスと重なってしまうのかもしれない。
何を知るのも主人公と同じ時間、同じ目線なのである。
迎える残酷すぎるラストに驚愕した人も多いはず、この映画を見終わったときは「こんな映画は2度と見たくない」と思うのに「でも良くできていた」という印象が強く残る。
作品としては構成も流れも演出もかなりクオリティが高く、良質なものであると感じる。

チェ・ミンシクの役者魂に脱帽

とにかくこの俳優は演技が上手い。
韓国俳優は比較的演技力に定評があるが、チェ・ミンシクはかなりの演技派である。
日本ではまだまだ知名度が高くないが、本国では大御所のベテラン俳優。
彼だからこそ前半の監禁部屋で体を鍛えるなどのシーンを葛藤の中にコミカルさも演出し、後半で一気に半狂乱に陥る男の役を見事に演じ分けられているのであろう。
ラストは非常に大事なネタばらしなのである。
ここで軽さが出ると一気に冷めてしまうし、重すぎるとまた違う雰囲気に持って行かれてしまう。
何をとってもちょうど良い演技で進めていく。
だからこそ衝撃的なラストが成功したのだろう。

パク・チャヌク監督の映画は見るべき

この「復讐三部作」なる映画は見て損はしない。
個人的に韓国映画は復讐ドラマを撮らせたら右にでる国がいないといっても過言では無いと思っている。
特にこの監督の実力派相当なもの。
ぜひ芸術作品として完成されているので見て欲しい。

オールド・ボーイ 感想まとめ

近年韓流ブームなるものが日本でも巻き起こり、多くのドラマや映画が入ってくるようになった。
中にはアイドルものやストーリーは無く話題性だけのものも多く、ガッカリすることもある。
しかし韓流ではなく韓国映画というジャンルは本当に良質な作品が揃っているのである。

本作ももちろんその1つである。
アイドルは出ていないことが多く、韓流ファンの中にはあまり興味がないという人も多数いるだろうが映画ファンは一緒にしてはいけない。
映画ファンは色メガネで見ず、きちんと作品を評価して欲しい。
日本映画よりも感情に生々しく、アメリカ映画よりもシリアスな作品も多いのである。

怒りや嫉妬、復讐心など一見タブーとされる感情がリアルに描かれることによって見ている側も人間の本能を出されてしまうような不思議な感覚が韓国映画にはあるのかもしれない。

Amazon 映画『オールド・ボーイ(2003)』の商品を見てみる