映画『おみおくりの作法』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「おみおくりの作法」のネタバレあらすじ結末

おみおくりの作法の概要:ジョン・メイはケニントン地区の民生係、 亡くなった方の親族を探すのが仕事。解雇通告を受けて旅に出た。嫌われ者のビリーストーク。ビリーを知る人々との出会いが、彼を変えて行く。涙なしでは観れない、ハートフルな終活映画。

おみおくりの作法の作品概要

おみおくりの作法

公開日:2013年
上映時間:91分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:ウベルト・パゾリーニ
キャスト:エディ・マーサン、ジョアンヌ・フロガット、カレン・ドルーリー、キアラン・マッキンタイア etc

おみおくりの作法の登場人物(キャスト)

ジョン・メイ(エディ・マーサン)
ケニントン地区の民生係。独身でいつもひとりぼっち。解雇通告を受け、ビリーストークの人生を探す旅に出る。まじめで無表情な彼は旅を通して成長していく。
ケリー・ストーク(ジョアンヌ・フロガット)
ビリー・ストークの娘。犬のシェルター職員。父の死を知り、拒絶する。ジョンの一生懸命な姿に惹かれて行く。
メアリー(カレン・ドルーリー)
ビリー・ストークの元彼女。ビリーの娘を出産。やさしい旦那と再婚し、幸せな家庭を築いている。
ジャンボ(キアラン・マッキンタイア)
パラシュート部隊の同胞。ビリーは命の恩人。

おみおくりの作法のネタバレあらすじ

映画『おみおくりの作法』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

おみおくりの作法のあらすじ【起】

男が教会で葬式をしている。彼以外は神父のみだ。ケニントン地区の民生係、ジョン・メイ(エディ・マーサン)は 亡くなった方の親族を探すのが仕事だ。この仕事を続けて22年になる。青リンゴが大好きで家族はいない。

彼の元に仕事が舞い込んだ。女性の遺体が2日前に発見されたらしい。彼女の遺品を探って、身元を特定するのも仕事だ。ネコ好きで独り身で、1年間来客は全くなし。境遇をあわれむ大家に彼は沈黙する。

別件で調査中の故人の息子から、電話が入る。息子は、早くに父の元を去り、幸せに暮らしていた。ジョンは息子が見つかったうれしさから彼を葬儀に呼ぶが、むなしくも電話は切られてしまう。 息子は父を恨んでいた。そして、改名までしていたのだ。

ネコ好きの女性も、遺族は見つからず、息子も結局葬儀には来なかった。今日もひとりぼっちで故人を見送る。公営の合同墓地は行き場のないクライアントでいっぱいだ。ひとりぼっちの家に帰って、ひとりぼっちでご飯を食べる。ジョン・メイも彼らと同じく、ひとりぼっちだった。

おみおくりの作法のあらすじ【承】

自分の部屋と反対側のアパートの大家から電話がある。白髪で長髪、立派なひげをたくわえた老人の写真を見つける。故人の名前はビリー・ストーク。彼との出会いが、ジョンの人生を変えていくのだ。

ある日突然、ジョンは解雇通告を受ける。経費削減のためだ。彼の徹底した仕事は、時間がかかりすぎるのだ。ビリーの仕事が最後の仕事になる。期限は3日間。とぼとぼ家に帰るが、彼を迎えてくれる人間は誰もいない。彼の遺品をぼんやり眺めていると、レコードのすきまから写真のネガを見つける。現像した写真から、ビリーが昔、パン工場で働いていたことを知る。彼は仕事をサボって彼の人生を辿る旅に出た。

パン工場で聞き込みを開始すると、彼の同僚がまだ働いていた。そこで、恋人メアリーの存在を知る。同僚の情報を元にメアリーを探すと、彼女は新しい旦那と娘と孫に囲まれ、幸せに暮らしていた。そこでジョンは衝撃の事実を知る。娘はビリーの娘だったのだ。
「彼の評判は最悪だったわ。突然、出て行ったの。彼は娘を、私たちを認めなかったわ。」
ジョンは葬儀に来てくれと食い下がるが、彼女はとうとう首を縦には振らなかった。

おみおくりの作法のあらすじ【転】

上司に、お前の仕事には意味がないと馬鹿にされ、ジョンははじめて怒りをあらわにする。彼は決意した。この最後の仕事をやり遂げると。

彼は、その足で刑務所へ向かった。面会者記録はなし。がっかりするジョンに、職員は語り始める。
「彼は4階からベルトを歯で噛んで、ぶらさがったことがあるんだ。 慈善募金のためにね。 3分半もだ。そこにいる全員が金をかけた。」
彼の新しい一面を知るエピソードだった。

内務省で彼は遂に、あの写真の女の子、ケリー・ストークの住所を見つける。 ケリーは犬のシェルターで働いていた。最初は拒絶していたケリーだが、徐々に心を開き始める。
「18歳の誕生日に電話をくれたの。それで、母と刑務所に面会に行ったわ。私は、母と自分を捨てたことを責めてしまったの。父とはそれっきり。」
彼女は10年前彼を探している人物の情報をくれた。パラシュート部隊の親友、名前はジャンボだ。

彼の旅はもうそろそろ終わる。ジャンボは老人ホームにいた。
「彼は乱暴者だったけど、俺の命の恩人だ」
除隊後ホームレスになったビリーの背中を追って一歩踏み出す。ジョンはホームレスと一緒に酒を酌み交わす。ジョンの中で何かが大きく変わった。そして旅は終わった。

おみおくりの作法のあらすじ【結】

ビリーの為に墓石を作り、棺桶を選ぶ。眺めのいい墓地を確保した。ジョンは微笑を浮かべ人間らしくなっていた。彼はビリーを確かに「友人」と言ったのだった。旅を続けて行くうちに彼の存在はとても大きなものになっていた。最後の仕事を終え、仕事部屋を整理するジョンのもとに一本の電話が鳴った。

次の日ジョンはケリーとカフェにいた。葬式の相談をするためだ。ジョンの必死の説得が、彼女の心を動かしたのだ。なにごとにも一生懸命なジョンに惹かれ始めるケリー。そんなケリーは葬儀の後お茶をしないかとジョンを誘う。ジョンは微笑んで了承する。彼の人生に新しい風が吹き込んだ瞬間だった。

わくわくしながら買い物をするジョン。ケリーを思い浮かべながら犬のマグカップを買う。道を渡ろうとしたジョンに大きなバスが、、、

ジョンの葬儀には牧師ひとり。他には誰もいない。最後まで彼は孤独だった。同じ場所でビリーの葬儀も行われていた。するとどうだろう。そこにはたくさん人が、ジョンが声をかけたすべての人が集まっていたのだ。

ひっそりと埋葬されたジョンに死んだはずのビリーが現れる。それだけではない。ネコ好きの女性、息子を捨てた父今まで彼が弔ってきたすべての人がそこにはいた。ジョンメイ、享年44歳。ここに眠る。

Amazon 映画『おみおくりの作法』の商品を見てみる