面白いアニメ映画のおすすめランキング10選

子供から大人まで楽しめる人気アニメが大集合!このアニメを観ておけば、話題の種にもなりセンスの良さも発揮できるかも。面白くて何度も観たくなるアニメ10作品をランキングで紹介します。なかでもガンダムは必見です!

面白いアニメ映画というと、宮崎アニメやディズニーがすぐ思い浮かぶかもしれませんが、あなたの知らない面白いアニメはたくさんありますよ。日本のアニメの特徴として、ガンダムなどロボットアニメに秀作が多いこと、声優の演技が優れている点等が挙げられます。

宮崎アニメはもちろんのこと、毎年レベルの高い作品が生まれています。「攻殻機動隊」や「イノセンス」の押井守監督や、「秒速5センチメートル」の新海誠監督作品に注目して下さい。大人も満足するアニメ体験ができますよ。ぜひ家族や友人と楽しもう!

第1位 イノセンス

注目ポイント&見所

押井守監督の「攻殻機動隊」シリーズの続きとして、電脳世界を漂う素子と第9課のバトー達の活躍が描かれています。人間の存在意義や人に似せて作られた人形の本質をどう捉えるかという点がテーマ。一度観たくらいではなかなか理解しがたいのが魅力です。
見どころは、哲学的な台詞やバトーが素子に上着をかけるシーン。映像が美しく、アニメであることを超えて心に響いてきます。バトー&トグサのバディ感もいい。声の出演は、バトー役を大塚明夫、トグサ役に山寺宏一、素子役田中敦子など。人も犬も互いの存在なしでは生きられないとしみじみ感じる秀作。

⇒イノセンスのあらすじとネタバレ感想

第2位 カウボーイビバップ 天国の扉

注目ポイント&見所

テレビシリーズ「カウボーイ・ビバップ」の劇場版。ビバップ号のスパイク達4人(相棒のジェット・ブラック、スパイク、フェィ、天才ハッカーのエド)と犬1匹(アイン)が、宇宙を巡り賞金稼ぎをする冒険SF。2071年の火星を舞台にスパイク達が大暴れします。スパイクが対決する、孤独な男ヴィンセントが最期に夢みたものとは?
見どころは、アクションシーンとエド&フェィの漫才みたいなコンビのかけあいなど。テレビシリーズと比べると物語のテンポが遅いが、アクションや音楽は変わらずカッコいい!音楽は菅野よう子&シートベルツ。監督・構成は渡辺信一郎。声の出演は、山寺宏一、石塚運昇、林原めぐみ。

⇒カウボーイビバップ 天国の扉のあらすじとネタバレ感想

第3位 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

注目ポイント&見所

テレビシリーズ「機動戦士ガンダム」のライバル、アムロとシャアの最後の闘いを描いたロボットSF。宇宙世紀0093年、ジオン公国のシャア・アズナブルは地球連邦軍に対して、小惑星アクシズを落とす計画を開始。ν(ニュー)ガンダムに乗ったアムロ・レイはその計画を阻止すべく、闘う!
シャアといえば、赤いザクやサザビーが愛用のMS(モビルスーツ)。シャアがサザビーに乗り、アムロと会話をしながら闘うシーンが見どころ。特にシャアのカリスマ性や道化っぷりが際立つ作品。戦争ドラマより人間ドラマとして観ると面白い。

⇒機動戦士ガンダム 逆襲のシャアのあらすじとネタバレ感想

第4位 機動戦士ガンダム3 めぐりあい宇宙編

注目ポイント&見所

テレビシリーズ「機動戦士ガンダム」のライバル、アムロとシャアの最後の闘いを描いたロボットSF。宇宙世紀0093年、ジオン公国のシャア・アズナブルは地球連邦軍に対して、小惑星アクシズを落とす計画を開始。ν(ニュー)ガンダムに乗ったアムロ・レイはその計画を阻止すべく、闘う!
シャアといえば、赤いザクやサザビーが愛用のMS(モビルスーツ)。シャアがサザビーに乗り、アムロと会話をしながら闘うシーンが見どころ。特にシャアのカリスマ性や道化っぷりが際立つ作品。戦争ドラマより人間ドラマとして観ると面白い。

⇒機動戦士ガンダム3 めぐりあい宇宙編のあらすじとネタバレ感想

第5位 ルパン三世 カリオストロの城

注目ポイント&見所

宮崎駿監督の劇場初監督作品。カーチェイスのシーンやヒロイン、クラリスの純粋さが見どころ。名言も多いので、映像美だけでなくルパン&クラリスの会話も楽しんで!あなたもルパンに心を奪われてしまうかも。特にルパンがクラリスに手品を見せるシーンはきゅんとしますよ。
出演は、ルパン三世役山田康雄、クラリス役島本須美、次元役小林清志など。ルパン三世シリーズは多く作られているが、本作が1番のおすすめ。宮崎駿監督の細かい演出が随所に効いていて、何度観ても名作だと感じます。

⇒ルパン三世 カリオストロの城のあらすじとネタバレ感想

第6位 天空の城ラピュタ

注目ポイント&見所

1986年のスタジオジブリ製作のアニメ。空に憧れる、炭鉱で働く少年パズーと飛行石を持つ不思議な少女シータのラピュタをめぐる冒険物語。美しい映像や飛行船へのこだわり、ロボットとのふれあいシーンなど見どころ満載です。特に飛行船で大人数の食事をシータが作るシーンがいい!
ラピュタのモデルがマチュピチュだというのは有名な話ですが、何度観ても壮大で夢が広がる作品です。個人的には宮崎アニメの最高傑作だと思います。声の出演は、パズー役田中真弓、シータ役横沢啓子、ドーラ役初井言栄など。ぜひご覧下さい。

⇒天空の城ラピュタのあらすじとネタバレ感想

第7位 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz

注目ポイント&見所

テレビシリーズ「ガンダムW(ウィング)」の続編として描かれた劇場版。主人公ヒイロ・ユイやディオなどガンダムWのメンバーたちは役目を終えたガンダムを廃棄しようとするが、「オペレーション・メテオ」計画が発動し再び戦場へ向かう。イケメン揃いのガンダムWのメンバーを観るだけでも楽しい。
見どころは、ヒイロ・ユイたちとライバル、ゼクスの戦闘シーン。音楽もいい。主題歌を声優ユニットTWO-MIXが歌う。出演は、ヒイロ・ユイ役緑川光、リリーナ役矢島晶子、ゼクス役子安武人など。ガンダム好きにはたまらない!

⇒新機動戦記ガンダムW Endless Waltzのあらすじとネタバレ感想

第8位 秒速5センチメートル

注目ポイント&見所

「雲のむこう、約束の場所」(04)の新海誠監督が描く青春ラブストーリー。3話形式の連作で構成され、表題作がいちばん切ない。繊細な映像と山崎まさよしの歌がよく合っていて、ミュージックビデオを観ているかのよう。惹かれあう少年・少女の距離感が美しく表現されています。
見どころは、美しく切ない映像とそれぞれの短編のラストシーン。もう少し続きを観たいなぁという気持ちにさせるのがいい。出演は、遠野貴樹役の水橋研二、篠原明里役を尾上綾華など。2人の純愛に泣けます。恋人同士で観るのがおすすめ。

⇒秒速5センチメートルのあらすじとネタバレ感想

第9位 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

注目ポイント&見所

荒川弘原作の人気漫画「鋼の錬金術師」の劇場版。アニメ版の最終回で、現実世界に飛ばされてしまったエドワード・エルリックが元の世界に戻るために奮闘する物語。生き別れになった弟・アルフォンス・エルリックと再び会うことができるのか?1923年のドイツを舞台に、エドの同居人アルフォンス・ハイデリヒと共に困難に立ち向かう!
ハイデリッヒ役で小栗旬が出演しているのも聞きどころ。アニメ版よりも物語は雑だが、ラルクアンシエルの曲が流れるとわくわくします。出演は、エド役に朴路美、アル役を釘宮理恵など。

⇒鋼の錬金術師 シャンバラを征く者のあらすじとネタバレ感想

第10位 PSYCHO-PASS サイコパス

注目ポイント&見所

「踊る大捜査線THE MOVIE」(98)や「交渉人真下正義」(05)などを撮った本広克行監督の初総監督作品。テレビアニメ「サイコパス」の劇場版。テレビ版を観てから観ることをおすすめします。物語はよく出来ていて、アクションシーンが気合い入っています。戦闘シーンが見どころ。
ハードボイルドな展開や踊る大捜査線に似たノリがカッコいい!狡噛&常守のコンビがいい。出演は、常守朱役花澤香菜、宜野座伸元役野島健児など。「サイコパス」の1stシリーズにハマった人には見逃せない映画。続編を期待する声も多いのです。

⇒PSYCHO-PASS サイコパスのあらすじとネタバレ感想

まとめ

どんな新作アニメが公開されても、宮崎アニメの魅力は尽きることがないと思います。ランキングを見て、あっ、この作品知ってるよとかもう観たよという感想があれば、相当ご覧になっている方ですね。新旧のアニメを織り交ぜつつ、話題性も考えて選びました。懐かしいという気持ちにも、秀作アニメは応えてくれます。

ぜひ世代を超えて、アニメを楽しむのはどうでしょうか?映像だけでなく、好きな声優で観るのもいい。筆者は、大河ドラマのナレーションでシャア役の池田秀一さんが出ているだけでテンションが上がります!

関連ランキング

⇒ランキング一覧はこちら