映画『同じ月を見ている』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「同じ月を見ている」のネタバレあらすじ結末

同じ月を見ているの概要:不思議な能力と絵の才能を持った青年と、心臓病を患う女性、その病を治そうと医師になった青年、3人の幼馴染の確執と友愛を描いたドラマ。窪塚洋介、事故から復帰後の初映画で2005年公開。

同じ月を見ているの作品概要

同じ月を見ている

公開日:2005年
上映時間:106分
ジャンル:青春、ヒューマンドラマ
監督:深作健太
キャスト:窪塚洋介、エディソン・チャン、黒木メイサ、山本太郎 etc

同じ月を見ているの登場人物(キャスト)

熊川鉄矢(大人:窪塚洋介 / 少年時代:塩顕治)
エミの病気を治す為に心臓外科医となる。現在は研修医。優等生の裏の顔は荒んでおり、少年時代では虐められていた。
水代元 / ドン(大人:エディソン・チャン / 少年時代:石川眞悟)
通称ドン。人の境遇や心を読んだりする不思議な能力を持っている。絵の才能があり貧乏だが、心優しく無口。自分の事よりも相手の事を考えてしまう。天涯孤独。
杉山エミ(大人:黒木メイサ / 少女時代:福田麻由子)
幼い頃より心臓病を患う女性。幼馴染の鉄矢と恋人同士で結婚を約束しているが、ドンの事もずっと気にかけている。可憐。
金子優作(山本太郎)
ヤクザの下っ端でチンピラ。柄は悪いが人並みに優しさを持ち合わせている。ドンの友人。

同じ月を見ているのネタバレあらすじ

映画『同じ月を見ている』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

同じ月を見ているのあらすじ【起】

熊川鉄矢は心臓外科医だ。まだ研修医の為、覚える事は日々沢山あり忙しくしていた。恋人の杉山エミは心臓病を患っており、普段から無理の出来ない身体だった。そんな中、投獄中の水代元が刑務所から脱走した知らせが入る。この3人は幼い頃からの幼馴染だった。

鉄矢は昔を思い出す。幼馴染の水代元、通称ドンは不思議な能力を持っている。2人は森の中に秘密基地を作り、毎日そこで遊んでいたがある日、見知らぬ女の子に秘密基地の存在を知られて追いかける。走って行く女の子は突然倒れ、胸を激しく叩いた。そこへ彼女の母親と思しき女性が駆け付ける。2人は彼女の家へ招かれた。女の子の名前は杉山エミ。心臓に穴が開いているらしい。2人は彼女の友達になった。

エミの心臓はその後、2回手術をしたが結局、完治には至っていない。鉄矢はエミにドンが脱走した事を知らせる。彼女は複雑な表情を浮かべた。ドンの事を警察が聞きに来たら知らないと言えばいい、と鉄矢は言った。

ドンには絵の才能があった。よくエミの絵を描いてくれていたのだ。高校生の頃、鉄矢は医者になると宣言。ドンからはエミは死なないと保証された。エミは3人のこの関係がずっと続くと思っていた。その後、エミの家は放火に遭い、その火事のせいで父親が焼死した。エミがドンの絵を取りに戻ろうとしたのがきっかけだった。ドンの家は貧乏だった。彼の事を町の人達は気味悪がっており、放火犯の容疑者として捕まったのだ。何の言い訳もしない彼に、エミは思い余って人殺しと叫んでしまったのだった。

脱走したドンは大阪に来ていた。手には大きなキャンバスを持っている。手紙の住所を頼りに街を彷徨い歩く。そこでチンピラとぶつかった。彼から何かを読み取ったドンは逡巡した後、彼へと声をかける。しかし、男はドンの言う事を聞かず店の中へ入って行った。男は金子優作という。ヤクザの下っ端で自分が犯した失敗を酷く責められた。殴る蹴るの後、お前が死体になるかと言われる。そこへドンが闖入。ドンは兄貴の隣に座らされ、家族がいるか質問される。彼は天涯孤独の身だった。奴らは言外に良い死体が見つかったと笑った。気絶させられたドンは車のトランクへ。金子も一緒に乗せられた。そのまま山へと連れられて行く。

同じ月を見ているのあらすじ【承】

金子とドンは湖のほとりで銃を頭に突き付けられる。金子にも家族はおらず、施設育ちだった。兄貴に銃を渡され、ドンを殺せと言われる。銃を手に取った金子は震える手で銃口をドンへと向けるが、ドンは静かに彼を見つめて月を仰ぐ。金子は銃口を兄貴へと向けて撃った。ドンを連れて車を奪い逃げる。金子はどこにでも送ると言うが、ドンは絵を取りに店へ戻ると言った。

店のママが絵を持って待っていた。ドンは絵を受け取りエミのアパートへ。インターホンを鳴らした時、背後から鉄矢が彼へと声をかける。エミは急いで階段を駆け下りたが、玄関付近に人影は無く、彼女は発作を起こして道端に蹲った。
その頃、鉄矢とドンは高架下へ。鉄矢はドンへと乱暴を働く。ドンが何を考えているのか鉄矢には分からなかった。彼はいつでも笑いながら、全てを赦してしまうからだ。

金子は怒鳴り声がする方へ向かい、鉄矢の暴行を止める。ドンはただ、おめでとうと言いたかっただけだ。彼は絵を持って立ち去ろうとしたが急に倒れる。ドンは流れ弾に当たり、怪我を負っていたのである。金子は知り合いの整形外科病院へドンを連れて行った。

エミも発作で病院へ来ていた。夢うつつにドンの名を呼ぶ。鉄矢は彼女が落ち着く間、またも昔の事を思い出していた。
虐められていた時も学生の時も、ドンは鉄矢をいつも気遣っていた。
秘密基地にいたドンへエミの父親が声をかける。彼の絵を見た父親は、ドンには絵の才能があると笑いかける。鉄矢はそれを木陰から聞いていた。その夜、鉄矢はドンの絵を燃やした。思い出の秘密基地と共に。強い風が吹く夜だった。ドンは自宅で絵を描いていたが、妙な胸騒ぎがして秘密基地へ向かう。そこには鉄矢の姿が。火の向きはエミの家へ。鉄矢が燃やした秘密基地からエミの家へ飛び火した結果、彼女の父親を殺してしまった。そして、ドンは鉄矢の身代わりとなって捕まったのだった。

鉄矢は雨が降る空を見上げる。彼はずっとその事実をエミにも誰にも言えずに、ドンを犠牲にしてのうのうと暮らしてきたのだった。

同じ月を見ているのあらすじ【転】

ドンは助かった。彼の心臓が子供のように小さかった為、弾が当たらなかったのだ。普通の大きさならば当たっていただろう。金子はドンが後生大事に持っていた手紙を読む。エミからの手紙だった。彼女は彼に向けて放った言葉を酷く後悔していた。そして、鉄矢と結婚しようとしている事が書かれていた。
ドンはエミと鉄矢の為に脱走して、2人を思いながら描いた絵を渡して祝福したかった。ただ、それだけの為に彼らへと会いに行ったのだ。

鉄矢はドンの居場所を突き止め、例の整形外科病院へ向かった。だが、そこにドンの姿は無い。金子だけがそこにいて、鉄矢へと声をかける。金子が掴みかかると鉄矢の衣類から注射針と薬品が出て来る。彼はこれをどうするつもりだったのか。金子はドンが残していった絵を見つめる。彼もドンがどこへ行ったのか知らなかった。もし分かったら知らせ合おうと言う。金子はもう一度ドンに会いたかった。そして、自分達は皆地べたへ這い蹲りながら、同じ月を見上げているのだ。だから、自分はもう逃げないと言葉を残して立ち去って行った。

鉄矢は鬱屈した心を持っている。自分の欝々とした性格にも嫌気が差し、ドンの優しさも素直には受け入れられず、ドンを思う彼女にもイライラしていた。彼は飲んだくれてチンピラ共と喧嘩した。翌朝、反省した彼を心配したエミが迎えに来てくれた。

とある寺の前でドンは絵を描いた。そこで画壇の先生に見出され、絵を描く環境を与えられる。ドンは無心に絵を描き始めた。その寺には心臓病を患った孫がいたが、少年は自分の境遇を受け入れられずにいた。

金子は新たな職に就いてやり直そうとしていた。まだまだ下っ端だが、どんなに辛い事でも笑って頑張っていた。そこへ携帯に着信がある。整形外科医からだった。彼の所にドンから絵が届いたのだ。凛と立つ一本の松の絵だった。その帰りだ。金子は人とぶつかる。数歩進んで、腹部に短刀が刺さっている事に気付く。車が急停車し、中から何人もの男達が走り寄って来て金子を襲った。

同じ月を見ているのあらすじ【結】

鉄矢の携帯に着信がある。金子からだった。山形の住所を息も絶え絶えに話す。電話口の彼の様子がおかしい。金子は空にある真昼の月を見上げて、子供の頃の自分の夢をドンに会って思い出したと言う。お前も早く。彼はそう言って息絶えた。

ドンは寺で渾身の一枚を描いた。燃え出しそうな赤と幾つもの月が描かれていた。画壇の先生がその絵を目にし、彼はきっと沢山の悲しい目に遭って来たのだろうと言う。そして、彼は心の中で必死に戦って来たのだろうと。

鉄矢は整形外科病院へ来た。だが、そこには金子の遺体が横たわっていた。傍らにはドンの絵があった。彼はエミを連れてドンの元へ向かった。車中で秘密を告白する。ドンは鉄矢を庇って7年も投獄されていたのだ。ドンに謝りたかった。

夜、寺へ到着し画壇の先生から話を聞いた。ドンは絵を描き上げた後、出て行ったまま戻らないと言う。2人は山へ向かった。きっと彼はまだ近くにいる。山では寺の孫が木に火を灯していた。この頃の山火事は彼の仕業だった。少年は消防隊に見つかり、近くの倉庫へ隠れた。だが、そこへは山からの火が近付いていた。少年は胸を押え倉庫の2階へ潜む。消防隊が倉庫のドアを開けようとしている所へ、鉄矢とエミも遭遇する。チェンソーで扉の止め木を切っていくが、山火事の火はすでに倉庫へと回っていた。扉を開いた事で、炎が一気に倉庫を覆い尽くす。そこへドンも姿を現していた。

ドンは月を見上げ、鉄矢へと歩み寄りおめでとうと言う。そして、彼は燃え盛る倉庫へと駆けて行った。鉄矢も水を被り彼の後を追う。中は火の海だ。必死にドンを呼ぶ。彼は2階にいた。落ちて来る瓦礫を避けて2階へと登った鉄矢は、ドンから少年を受け取る。とにかく逃げろと叫ぶが、倉庫には火気厳禁の物ばかり置いてあった。爆発が至る所で起こり、ドンが乗っていた所が崩れ始める。鉄矢は彼を助けようと手を伸ばすが、僅かに届かない。ドンはまた3人で遊ぼう。昔みたいに。そう言い、力尽きて階下へ落ちて行った。

鉄矢が病院で目を覚ました頃。ドンの心臓は少年へと移植される事になり、今正に手術中だった。鉄矢は止めようとする看護師達を押し退けて必死に叫ぶ。ドンの心臓は取り出され、無事少年へと移植された。ドンはもういないのだ。病室にドンが描いた絵が飾ってある。彼が2人を思って描いたものだった。中心には新郎の鉄矢と新婦のエミ。そして、2人を優しく見守る月のドン。

鉄矢とエミが海を眺めていると、ドンの心臓を移植された少年が声を掛けてくる。経過は良好のようだ。何かを思い浮かべろと言われ、そうすると少年はそれを絵にして鉄矢へと見せた。渡された絵は月に向かうテントウムシの絵。彼はドンから不思議な能力を受け継いでいたのだった。鉄矢とエミは悲しみの滲む笑みを見せ、そして真昼の月を見上げた。

Amazon 映画『同じ月を見ている』の商品を見てみる