映画『鬼婆』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「鬼婆」のネタバレあらすじ結末

鬼婆の概要:仏教話をベースに、戦国時代の喧騒の中で男手を失った母娘の生きる姿と、男をめぐる憎悪の感情を力強いタッチで描いたジャパニーズホラー。モノクロの魅力を存分に体感出来る名作。

鬼婆の作品概要

鬼婆

公開日:1964年
上映時間:100分
ジャンル:ホラー
監督:新藤兼人
キャスト:乙羽信子、吉村実子、佐藤慶、殿山泰司 etc

鬼婆の登場人物(キャスト)

中年の女(乙羽信子)
息子を戦争で失い、息子の嫁と二人で暮らしている。男手が無くてお金困り、落ち武者達の衣服や武器を奪って売りさばきながら生活している。八を嫌い、嫁には厳しく接する。嫁と八の接近をよく思っていない。
若い女(吉村実子)
夫を戦争で失う。姑と一緒に暮らしているが、寂しさから八求めるようになっていく。
八(佐藤慶)
戦から逃げて生き延びた男。女に飢えていて、近くに住む若い女を誘惑する。

鬼婆のネタバレあらすじ

映画『鬼婆』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

鬼婆のあらすじ【起】

草むらを走り回る落ち武者。すると突然、槍が彼らを襲う。倒れた落ち武者のもとに現れたのは中年の女と若い女。彼女たちは落ち武者の身につけていたものを盗みだす。そして裸にした遺体を運んで穴へと落とすのだった。

中年の女と若い女は武器商人のもとへと訪れる。そして運んできた落ち武者の服や武器を差し出し、雑穀類と交換してもらうのだった。武器商人は、大きな戦争が終わり小競り合いばかりで困ると嘆く。

家へ帰った二人がご飯を食べていると、八という男が訪れる。中年の女は八に、息子はどうなったと聞く。中年の女の息子は八と共に戦場に駆り出されたのだった。若い女はその息子の嫁だった。しつこく尋ねる中年の女に八は、大勢の百姓に囲まれてしまって、自分は戦場から逃げ出してきたのだと言う。そして息子のことには何も答えない。息子が戦場に駆り出されてから食べることに困っていたと嘆き出す中年の女。八は、都も焼け野原になってしまったと言うのだった。

鬼婆のあらすじ【承】

八は女達の近くで生活するようになる。若い女が川で洗濯をしている時、魚を手に持った八が現れる。若い女は、なぜ夫を助けなかったのかと言って八を非難する。そして八は女を誘惑しようとするのだった。そこへ中年の女もやってくる。そして、三人の前には二人の落ち武者が駆け込んでくる。それを容赦なく殺す八。女二人はもう一人の落ち武者を殺す。三人は落ち武者の身ぐるみを剥がし、奪い取るのだった。そして遺体を川に流してしまう。

武器商人のもとを訪れた八は、お酒と武器を交換してもらう。武器商人が、いつまで戦が続いてくれるだろうかと嘆くと、八は、日本中全てが焼け野原になるまで戦いは終わらないだろうと答える。

女達の家でご飯を食べている三人。八が一緒に行動しようと言い出すが、中年の女はそれを断る。

八はしつこく若い女に付きまとう。それを相手にしない若い女。中年の女もそれを必死で払いのける。八は穴に向かって、女が欲しいと叫ぶのだった。

鬼婆のあらすじ【転】

ある晩、若い女が家をこっそり抜け出す。そして八のもとを訪れ、二人は男女の関係になるのだった。

その後、何度も逢瀬を繰り返す二人。中年の女はそれに気づき、夜に抜け出した若い女を追いかけて二人の逢瀬の現場をつきとめる。

中年の女は、仲間を失う危機感と女としての嫉妬から八を誘惑しようとする。しかし八は、ババアとは寝ないと中年の女を突き返す。そして、女は若い女に手を出すなと訴える。八は、嫁にくればいいと提案する。結局喧嘩は収まらないのだった。

若い女が抜け出そうとするのを止める中年の女。息子が帰ってくるかもしれないから待とうと言うも若い女は、もう死んだんだから待ってもしょうがないと答える。

ある晩、中年の女は若い女に説教をする。如何わしいことをすれば、地獄に落ちてしまうのだと言って若い女を脅すのだった。しかしその晩、やはり若い女は八のもとへと向かうのだった。

中年の女が目を覚まし、隣に若い女がいないことに気づく。すると、突然家に般若のお面をかぶった男が入ってくる。男は中年の女に都までの道を聞き、案内しろと言うのだった。

鬼婆のあらすじ【結】

都までの道を案内する中年の女。なぜ仮面を被っているのかを尋ねると、都一美しい顔を傷つけたくないからだと言う。そして男を騙し、穴へと落としてしまう。

ロープを使って穴の中へと入っていく中年の女。たくさんの屍の上に倒れている男の仮面を剥がし、身ぐるみをはいで地上へと運ぶのだった。

中年の女が武器商人のもとへと向かった後、八のもとを訪れようとした若い女が般若のお面を被った女に追いかけられる。

その後、幾度となく般若の女に追いかけられた若い女は、恐怖で八のもとを訪れられなくなる。

ある豪雨の夜、再び姿を現した般若の女。若い女はどうにかそれを振り払い八のもとにたどり着くと、久しぶりの逢瀬に成功する。

二人が別れた後、八は家に帰ると忍び込んでいた落ち武者に殺されてしまう。

若い女が家に帰ると、そこには般若の女がいた。驚く若い女に仮面の女は、私だと叫ぶ。それは中年の女だったのだ。中年の女は仮面が取れなくなったと言って若い女に助けを求める。若い女は、八との関係を許す代わりに助けてやると言う。どうにか仮面を剥ぎ取ると、そこには傷だらけの鬼のような顔があった。逃げ出した若い女を追いかけて、中年の女は穴に飛び込んでしまうのだった。

Amazon 映画『鬼婆』の商品を見てみる