映画『女は女である』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「女は女である」のネタバレあらすじ結末

女は女であるの概要:突然子供が欲しいと言い出す女に、交際相手の男は困惑する。そこへ同じアパートに住む男も入り込み、男二人と女一人の喜悲劇が幕を開ける。ゴダール監督による、哲学満載のラブコメディー。

女は女であるの作品概要

女は女である

公開日:1961年
上映時間:84分
ジャンル:ラブストーリー、コメディ
監督:ジャン=リュック・ゴダール
キャスト:ジャン=ポール・ベルモンド、アンナ・カリーナ、ジャン=クロード・ブリアリ、マリー・デュボワ etc

女は女であるの登場人物(キャスト)

アンジェラ(アンナ・カリーナ)
ストリップ小屋の踊り子。女優を目指している。エミールとは同棲していて、突然子供が欲しいと騒ぎ出す。情緒の激しい女。
エミール(ジャン・クロード・ブリアリ)
本屋で働く男。アンジェラとは同棲している。子供を作りたいと言い出したアンジェラを邪険に扱う。言葉を真実だと思い、相手の言葉をそのまま受け取ることがある。
アルフレッド(ジャン=ポール・ベルモンド)
エミール達と同じアパートに住む男。アンジェラを何度も誘惑する。エミールとも友人関係にある。ある日、アンジェラと関係を持ってしまう。やんちゃで軽薄な男。

女は女であるのネタバレあらすじ

映画『女は女である』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

女は女であるのあらすじ【起】

パリの小さな本屋で働くエミールのもとを、アンジェラという女が訪れる。二人は同棲しているのだ。本屋を出たアンジェラに、アルフレッドという男が話しかける。それを軽くあしらい、アンジェラは仕事先へと向かう。

アンジェラはストリップ小屋の踊り子として働いていた。楽屋へ入り、衣装に着替えるアンジェラ。用意した曲を自らセットし、アンジェラのショーが始まる。客が食事を摂る最中にアンジェラが踊り、服を脱いでいく。ショーが終わると、支配人はマルセイユで働く人間を募っていた。アンジェラは、南仏なんかには行きたくないと言うのだった。

外でアンジェラを待ち伏せていたアルフレッド。アルフレッドはアンジェラを口説こうとするが、アンジェラは中々相手にしてくれない。

アンジェラはミュージカルが好きで、家の中でもミュージカル映画の主人公のように振舞ったりするのだった。だから、ストリップ小屋とはいえアンジェラにとってショーはとても大事なものだった。

女は女であるのあらすじ【承】

エミールが家に帰ってくる。すると突然エミールとアンジェラは喧嘩を始める。二人の行動や会話はどこかぎこちなく、噛み合っていない。お互いがお互いの言葉を反復しているのだ。

食事の席で、アンジェラは突然エミールに子供が欲しいと言い出す。エミールはそれに賛成する。じゃあ結婚だと喜び踊るアンジェラに、まだ子供はできていないのだから結婚は先だとエミールは冷たく答えるのだった。

再び言い争いを始める二人。今すぐに子供が欲しいと言うアンジェラは、他の男に頼むと言い出すのだった。そこへ、爆弾騒ぎの調査と言って警察が家に入って来る。

警察が出て行った後、エミールはアンジェラの言葉を真に受け、下の階に住むアルフレッドを部屋へと呼び出す。エミールはアルフレッドに、アンジェラと子供を作ってくれと言い出す。

アンジェラは、エミールが嫉妬するように仕向けようとする。外に出ると言うエミールに、アルフレッドは一緒に行くと答える。アンジェラは二人の男に向かって、ひどい男達だと言うのだった。

女は女であるのあらすじ【転】

ある晩、二人はお互いに背を向けて一つのベッドで眠りにつく。明かりを消すが、アンジェラがすぐに電気スタンドの電気を点け、本棚からケダモノというタイトルの本を持ってベッドに戻り、エミールに見せつける。今度はエミールが同じ行動をとり、出て行けと書かれた本をアンジェラに見せる。その後、何度も同じ行動を繰り返し、無言の会話を続けるのだった。

ある朝、アンジェラのもとに電話がかかってくる。それはエミールからだった。二人は電話で言い争いをする。アンジェラは怒って電話を切ってしまう。その後、アンジェラが目玉焼きを作り始めたときに今度はアルフレッドから電話がかかってくる。そして二人は会う約束をする。電話を切ったアルフレッドの横にはジャンヌ・モローがいるのだった。

バーでアルフレッドと待ち合わせたアンジェラ。二人はお酒を飲み、他愛もない会話をする。アルフレッドはアンジェラに、愛していると伝える。壁に頭をぶつけたらこの愛を信じてくれるかとアルフレッドは意味のわからないことを言い出し、頭を壁にぶつける。それを見てアンジェラは、信じると軽く答えるのだった。

女は女であるのあらすじ【結】

ある日、アンジェラとエミールが二人で街に出る。アンジェラは未だに子供が欲しいと何度も繰り返しエミールに訴えている。街を歩く二人。エミールは通り過ぎる人達に片っ端から、アンジェラと子供を作ってくれないかと質問をする。通行人達は、今忙しいから無理だと答えるのだった。

いつのまにかエミールのもとからいなくなってしまったアンジェラ。それにヤケを起こし、エミールは売春宿へと行く。エミールは売春婦に、出来心だと繰り返し言うのだった。

一方アンジェラはある人物の部屋を訪れる。それはアルフレッドの部屋だった。アルフレッドとアンジェラはとうとう関係を持ってしまうのだった。

その晩、家に帰ったアンジェラはエミールに全てを打ち明ける。しかし、エミールはそれを信じようとしない。子供が欲しかったからだとアンジェラは言う。喜劇か悲劇かわからなくなったとカメラに向かってエミールは言う。ベッドに入った二人。エミールは突然思いついたと言い出す。それは、今から子供を作ればもし子供ができても二人の子供になるじゃないかという考えだった。じゃあ始めましょうと言って二人は明かりを消すのだった。

Amazon 映画『女は女である』の商品を見てみる