映画『オペラハット』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「オペラハット」のネタバレあらすじ結末

オペラハットの概要:田舎町で生まれ育った素朴な青年が、突然ニューヨークの大富豪になり、金に群がる人々の悪意に翻弄される。フランク・キャプラ監督らしいヒューマニズム溢れる作品で、勧善懲悪の結末が清々しい。ゲイリー・クーパーが、田舎育ちの純朴な青年を好演している。

オペラハットの作品概要

オペラハット

公開日:1936年
上映時間:115分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ラブストーリー
監督:フランク・キャプラ
キャスト:ゲイリー・クーパー、ジーン・アーサー、ジョージ・バンクロフト、ライオネル・スタンダー etc

オペラハットの登場人物(キャスト)

ロングフェロー・ディーズ(ゲイリー・クーパー)
マンドレークの田舎町で暮らす純粋でまっすぐな心を持つ男。亡くなった伯父の莫大な遺産を相続することになり、生まれて初めてニューヨークへ行く。彼を利用しようとする人々の悪意に翻弄されるが、自分の信念を貫いていく。
ベイブ・ベネット(ジーン・アーサー)
ニューヨークにある大手新聞社の記者。独占スクープを手に入れるため、偽名を使ってディーズに近づき、彼を“シンデレラマン”と笑い者にする記事を書く。ディーズを本気で愛するようになり、自分の愚行を深く後悔する。
ジュン・シーダー(ダグラス・ダンブル)
ディーズの伯父のセンプル氏の顧問弁護士で、センプル氏の金を横領していた。引き続き帳簿を管理するため、ディーズを操ろうとするがうまくいかない。
コーネリアス・コッブ(ライオネル・スタンダー)
元新聞記者で、センプル氏の広報担当だった。ディーズの人柄の良さを早い段階で見抜き、ニューヨークでディーズの力になる。

オペラハットのネタバレあらすじ

映画『オペラハット』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

オペラハットのあらすじ【起】

世界恐慌の頃のアメリカ。ニューヨークの大物金融業者のセンプル氏が不慮の事故で亡くなり、その莫大な遺産相続の行方が世間の注目を集めていた。センプル氏の顧問弁護士だったシーダー弁護士は、センプル氏の甥にあたるロングフェロー・ディーズに2千万ドルの遺産が相続されると発表する。

シーダー弁護士やセンプル氏の広報担当だったコッブたちは、ディーズが暮らすマンドレークの田舎町まで出かけ、彼に事情を話す。ディーズは仕立て業をしながら自作の詩を売って暮らしている欲のない青年で、必要もない大金を相続することに難色を示す。しかし放置しておくこともできず、ニューヨークへ向かう準備をする。ディーズは、生まれて初めてこの町を出ることになる。

ディーズの見送りには町中の人が駆けつけ、駅はお祭り騒ぎになる。ディーズは得意のチューバを吹いて、人々の歓声に応える。ディーズは、自分が抜けたら楽団がどうなるかを心配していた。

ディーズは遺産を放棄するつもりだったが、センプル氏の帳簿をごまかして大金を横領していたシーダー弁護士は、彼に遺産を相続させて引き続き帳簿を管理しようと企んでいた。そのためにはディーズの顧問弁護士となり、委任状を書かせる必要があった。

センプル氏の屋敷で暮らし始めたディーズは、慣れない環境に戸惑う。彼の周囲には、遺産のおこぼれにあずかろうとする金の亡者たちが集まってくる。ディーズは常識的な感覚で彼らのことを見極め、おかしいと思う人々を追い払う。ディーズは、シーダー弁護士のことも信用できず、委任状を書こうとしない。

ニューヨークの新聞社は、突然大富豪になったディーズのスクープを取ろうと躍起になっていた。やり手女性記者のベイブは、ディーズの独占記事と引き換えに長期休暇をもらう約束で、彼の取材へ向かう。

オペラハットのあらすじ【承】

コッブが呼んだボディガードを拒み、1人で外へ出たディーズは、屋敷の前でベイブが倒れるのを目撃する。もちろんこれはディーズに近づくためのベイブの作戦だったが、人のいいディーズは何の疑いもなく彼女を助ける。ベイブはメアリーという偽名を使い、かわいそうな女性を演じる。ディーズは彼女に同情し、レストランへ連れていく。ベイブが呼んだ新聞社のカメラマンが、2人のことを尾行していた。

高級レストランには著名な詩人たちが集まっており、彼らはディーズをテーブルに招く。莫大な遺産を相続したディーズはすでに有名人で、詩人たちは彼を笑い者にしてやろうと企んでいた。バカにされたディーズは、ある詩人を殴り、別の詩人に気に入られる。その晩ディーズは生まれて初めて泥酔し、翌日の新聞にその様子がスクープされる。ベイブはディーズのことを“シンデレラマン”と揶揄し、編集長を喜ばせる。

新聞記事を読んだコッブは、もっと気をつけて行動するようディーズを注意する。ディーズも反省し、これからは知らない人と話さないと誓うが、ベイブのことは全く疑っていなかった。ベイブは記事の評判がいいことに気を良くし、ディーズを観光に誘う。

ベイブにはつまらない観光地でも、ディーズは素直に喜ぶ。ディーズの子供のように純真な人柄を知り、ベイブは記事を書くことに罪悪感を感じ始める。それでも今更後には引けず、ディーズが消防車を追いかけたことや、社交界にデビューすることを面白おかしく記事にする。新聞はよく売れ、編集長はご機嫌だった。

オペラハットのあらすじ【転】

ベイブはディーズに会うのがつらくなり、記事も書けなくなる。このまま旅に出ようと考えていた夜、ディーズがベイブを訪ねてくる。家にはカメラマンが来ていたので、ベイブは彼を散歩に誘う。

ディーズは社交界デビューも断り、数日中に故郷へ帰ると決めていた。そして、約束していたベイブのための詩を彼女に渡す。その詩はディーズの愛の告白であり、プロポーズだった。ディーズはすっかり恥ずかしくなり、“返事は明日聞かせて欲しい”と言って慌てて帰る。

翌日、ベイブは編集長に仕事を辞めると告げる。彼女もディーズのことを愛しており、真実を話す決意をしていた。編集長は、彼女が本気だと知って納得してくれる。

ベイブをランチに招く準備をしていたディーズは、コッブからベイブの正体を聞かされる。コッブは新聞社に電話をして彼女が記者だった証拠をディーズに示す。ディーズはショックのあまり、言葉を失う。

ディーズが故郷へ帰る荷造りをしていると、屋敷に農夫が乗り込んで来て、ディーズのことを非難し始める。不況のあおりを受けて多くの農民が土地を奪われて苦しんでいる時に、遊び呆けているディーズが許せないというのだ。ディーズは農夫の話を聞き、彼らを救う方法を考える。

ディーズは遺産で広大な土地を買い、そこを農地として整備する。ディーズは、3年働いたらその土地家屋を譲渡するという条件で、使用人を募る。ディーズの屋敷には、仕事を求める失業者たちが殺到する。

この計画をどうしても阻止したいシーダー弁護士は、センプル氏の親戚にあたる夫婦に遺産を相続させようと動く。夫婦も遺産を欲しがっており、シーダー弁護士の言いなりになる。

応募者の面接を続けていたディーズは、突然やって来た警察に“精神障害の疑いがある”という理由で身柄を拘束される。シーダー弁護士の指示で、夫婦は相続権を争う訴訟を起こしており、ディーズは精神異常者として郡立病院に監禁されてしまう。

薄汚れた人々の欲望に振り回され、ディーズは深く傷ついていた。ディーズは戦う気力を失くし、弁護士を雇おうともしない。ベイブは彼に会いたくて、何度も病院を訪れていたが、コッブに“これ以上彼を傷つけるな”と追い返されてしまう。

オペラハットのあらすじ【結】

審問の日が来た。傍聴席はディーズを支持する失業者でいっぱいだった。しかしディーズは無気力で、結局弁護士も雇わないまま出廷する。

シーダー弁護士は、奇行を繰り返す精神異常者のディーズに、大金を相続させるのは危険だと主張する。

シーダー側の証人として証言台に立ったベイブは、“これはお金のために仕組まれた陰謀です”と訴える。しかしベイブの証言はあまりに感情的だったため、裁判長に注意され、席に戻される。

わざわざディーズの故郷から呼ばれた老姉妹は、彼を“妖精つき”と表現する。姉妹はその言葉をいい意味で使っていたのだが、法廷では“変人”という意味で解釈される。シーダー弁護士は、有名な精神科医も証人として呼んでおり、彼はディーズのことを“典型的な躁鬱病だ”と診断する。

次々とディーズに不利な証言が続くが、彼は全く反論しない。裁判長は“君には治療が必要だ”という結論を出そうとするが、ベイブがそれを止める。ベイブは自分が間違った記事を書いたことを認め、ディーズに愛を告白する。他の傍聴人もディーズを応援し始め、法廷内は騒然とする。

ベイブたちの応援に後押しされ、ついにディーズが証人席へ座る。そして、奇行とされた自分の行動は、誰もがしているたわいもないものであることや、姉妹が“妖精つき”という言葉を“とてもいい人”という意味で使っていることを立証していく。

裁判長は、“全財産を手放すのはなぜか?”という最大の疑問点をディーズにぶつける。ディーズは、普通の男にそんな大金は必要ないことや、本当に困っている人を助けるのは当たり前のことだと冷静に話す。そして最後にシーダー弁護士を思い切り殴る。

裁判官たちは、ディーズのことを“最も健全な人”と認め、法廷内に歓声が響き渡る。ディーズは、喜びに沸く人々に担ぎ出されていくが、法廷に残ったベイブのもとに戻って来て、彼女を抱きしめる。そして2人は熱いキスを交わす。

Amazon 映画『オペラハット』の商品を見てみる