映画『アウト・オブ・コントロール』のネタバレあらすじ結末

アウト・オブ・コントロールの概要:解離性遁走によって数日間の記憶を失くしたグウェンと、別人格フラミンゴが、恋人を殺したギャングのボスへの復讐を計画する。原題は「88」。監督のエイプリル・マレンは、作中でダコタ役を演じた。

アウト・オブ・コントロールの作品概要

アウト・オブ・コントロール

公開日:2015年
上映時間:88分
ジャンル:アクション、サスペンス、フィルムノワール
監督:エイプリル・マレン
キャスト:キャサリン・イザベル、クリストファー・ロイド、カイル・シュミット、ティム・ドイロン etc

アウト・オブ・コントロールの登場人物(キャスト)

グウェン / フラミンゴ(キャサリン・イザベル)
心の傷が原因で記憶を失うという解離性遁走をおこした女性。12歳の時にサイラスに引き取られ、ストリップバー「フラミンゴ」のバーテンとして働く。彼氏アスターと一緒に住んでいて、結婚の約束もしている。グウェンの中の人格フラミンゴは、コミュニケーション能力に乏しく、殺人も厭わない荒っぽい女性。大食いでミルクが好き。
タイ(ティム・ドイロン)
サイラスを殺すためにフラミンゴと組んだ男性。ダコタという妹がいた。
サイラス(クリストファー・ロイド)
裏社会に生きる老人。グウェンのことを特に気に入っている。グウェン、アスター、ウィンクス、ダコタが働くストリップバー「フラミンゴ」の経営者。

アウト・オブ・コントロールのネタバレあらすじ

映画『アウト・オブ・コントロール』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アウト・オブ・コントロールのあらすじ【起】

気付くと、ダイナーの席に座っていたグウェン。
片手には包帯が巻かれてあった。
持っていたバッグの中には、なぜか銃が入っていた。
ウェイトレスがそれに気付き、店内は大騒ぎになる。
驚いて引き金を引いていたグウェンは、ウェイトレスを撃ってしまう。
そしてグウェンは逃げ出した。

彼女は恋人アスターと一緒に街を出るため、バーテンをしている「フラミンゴ」を辞めるはずだった。
それを裏社会に生きるサイラスに言い出すと決めたあたりから、グウェンの記憶はあやふやだった。
バッグの中からモーテルの鍵を見つけたグウェンは、アスターに電話をしてモーテルに向かう。

真っ赤なドレスを着て、田舎道を走るフラミンゴ。
倒れた彼女の前に車が止まると、運転手を殺して車を奪った。
車を奪ったフラミンゴは、店の中で勝手に着替えて食事を済ませ、お金の代わりに車を渡した。

モーテルの88号室に入ったグウェン。
そこには「フラミンゴ」経営者のサイラスの新聞記事があった。
アスターと共に、サイラスに命を狙われていたことを思い出すグウェン。

アウト・オブ・コントロールのあらすじ【承】

そして、アスターが殺された事を思い出した。
バスタブには、「フラミンゴ」で働いていたウィンクスの死体があった。

サイラスの部下イジーが殺しに来るが、見知らぬ男がイジーを撃つ。
そしてグウェンをフラミンゴと呼び、部屋から連れ出した。

自分たちは、コンビを組んでサイラスを殺そうとしていたと言う。
そしてダイナーで、サイラスを殺す予定だったらしい。
しかしグウェンは覚えていない。

その後、タイとグウェンはレミーの元に銃を買いに行く。
だが警察が踏み込んで来て、レミーは撃たれて死んでしまった。
タイは逃げたが、グウェンは逮捕される。

フラミンゴだった時のグウェンは、サイラスの部下を一人殺していた。
自分をグウェンと呼ぶサイラスの正体を探るため、新聞に載っていた部屋に向かう。
そこはグウェンとアスターの住んでいた部屋だった。
誕生日に撮ったDVDを見るフラミンゴ。

警察で取り調べを受けるグウェン。
ダイナーで落とした荷物から、DVDが発見されていたのだ。
そしてモーテルから、イジーとウィンクスの遺体も発見されていた。

アウト・オブ・コントロールのあらすじ【転】

警察署にタイが乗り込んでくる。
グウェンを逃がし、サイラスの情報を渡してタイは死んだ。

フラミンゴだった時のグウェンは、「フラミンゴ」へ行ってサイラスの情報を探っていた。
事情を知らないウィンクスは、サイラスの居場所を教えてしまう。
そこで彼女は、妹ダコタを探すタイと出会う。
ダコタは、サイラスのビジネスパートナーのヴェニーの女だったが、サイラスの元で働くようになったのだ。

ボウリング場でサイラスを襲撃したフラミンゴ。
彼女は小指を失い、尾行してきたタイに助けられる。

警察署から脱走したグウェンは、車を盗んでサイラスの隠れ家へと向かっていた。
スピード違反で捕まり、警官を撃ってしまうグウェン。

フラミンゴはタイを尋問した。
そしてタイの探す妹ダコタは、もう死んでいると教える。
グウェンがダコタの死体を見たせいで、アスターは殺され、グウェンも命を狙われていた。
そうして、タイとフラミンゴは手を組むことになった。

やがて、グウェンはサイラスの隠れ家にたどり着く。

アウト・オブ・コントロールのあらすじ【結】

ダコタの死は薬物の過剰摂取で、アスターを殺してはいないと言うサイラス。
そこに警察がやって来る。

タイに小指を治療してもらったフラミンゴの元に、ウィンクスが訪ねてきてサイラスの情報を教える。
ダイナーのキッチンで取引が行われ、サイラスはそこに姿を見せるらしい。
そしてフラミンゴはウィンクスを殺し、死体をバスタブに隠した。

サイラスから真実を思い出すよう言われるグウェン。
アスターを殺したのはグウェンだった。
背後からの足音に驚き、持っていた銃でとっさに撃った相手がアスターだったのだ。
アスターはグウェンへの婚約指輪を持っていて、瀕死の状態でプロポーズした。

グウェンは心に傷を負い、部屋を飛び出して田舎道を夢中で走った。
いつの間にか、グウェンの中にはフラミンゴという人格が生まれていた。

サイラスは、全て自分のせいにすればいいと言って自殺した。
グウェンは逮捕された。

ダイナーの前で、タイはフラミンゴを女友達だと言って笑った。
そしてダイナーでアスターが好きだった曲が流れると、フラミンゴはグウェンに戻った。

Amazon 映画『アウト・オブ・コントロール』の商品を見てみる