映画『アウトレイジ』あらすじネタバレ結末と感想

アウトレイジの概要:2010年製作の日本映画。監督・脚本・主演を北野武が務め、「全員悪人」をキャッチコピーにしたヤクザ同士の下克上や抗争を描いたバイオレンス作品である。俳優陣の豪華さが自慢の作品。

アウトレイジ あらすじネタバレ

アウトレイジ
映画『アウトレイジ』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

アウトレイジ あらすじ【起・承】

山王会は関東を取り仕切る暴力団組織だった。
この組の会長の関内(北村総一郎)は全く引退を考えていない。
関内は最近、傘下にいる池本組と村瀬組が友好関係にあるのが気に入らない。
村瀬組は麻薬商売に手を出していたからだった。
関内の側近である加藤(三浦友和)は、組長の意を悟りこの2組を揉めさせようとしている。
まず池本組の会長(國村隼)に村瀬を締めるように言う。
しかしこれに困った池本は自分の手は汚せないと、さらに配下の大友(北野武)に頼むことに。
大友はまず村瀬組が経営するバーにわざと引っかかり、ぼったぐりだと組に乗り込んだのだ。
村瀬組の木村(中野英雄)が謝罪するも、大友は木村の顔にカッターで×印をつける。
これが原因で2組は抗争になってしまった。

池本と村瀬は事態を収拾しようと関内に持参金を持って手打ちを願い出る。
しかし加藤は取り合わなかった。
このことで村瀬組は解散することに。
今までの村瀬組のシマは池本組のものになったが、それは大友のものになった。
このシマでカジノを開き、大儲けした石原(加瀬亮)は資金を手にする。
一方で村瀬がまだ解散していないということを知った池本は、再び大友に指示し村瀬を殺害させた。

アウトレイジ あらすじ【転・結】

大友は逮捕された。
逮捕したのは大友と友人関係にある片岡(小日向文世)だった。
しかし証拠不十分で釈放となった。
池本は出てきた大友に責任をとって組を解散するよう言う。
しかし納得出来ない大友は、関内に会いに行く。
組同士の抗争は自分には関係ないと思っている関内は、大友にさりげなく池本殺害をほのめかす。
そしてそれを疑わなかった大友は、カジノに来ていた池本を殺害。
一方で大友のカジノを良く思わない関内は、池本組の若頭である小沢(杉本哲太)にも大友を殺させようと巧みな話術でそそのかした。
このことが大友組と池本組の本格的な抗争に繋がってしまう。
関内は池本組を陰から指示し、大友組はどんどん殺されていく。

片岡刑事は大友に、「保護するから刑務所に来い」と言う。
大友は忠告に従い逮捕された。
池本組の若頭の小沢は、組長になることを関内に打診しにいく。
一緒にいた加藤は小沢を銃殺。
そして関内をも銃殺した。
加藤は細工をし、互いに撃ち合ったように見せかけた。

こうして抗争が終わった。
山王会の組長には加藤が就任、側近としているのは大友組の石原である。
大友はというと、獄中内で鉢合わせた木村に刺されたのだった。

アウトレイジ 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2010年
  • 上映時間:109分
  • ジャンル:アクション、サスペンス
  • 監督:北野武
  • キャスト:ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、小日向文世 etc

アウトレイジ 批評・レビュー

映画『アウトレイジ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

全員悪人ではない

この映画の全員悪人の宣伝キャッチフレーズはかなりぐっとくるものがある。
今まで観た映画の中で悪びれもせず全員悪人だなんて言ったものは無い。
善人が映画として主役になるべきと、勝手に先入観を持ってしまっていたからだ。

しかし実際観ると、確かに悪人だが善人もいるというのが正直感想だ。
つまり全員悪人になると、その中で良い人間を作り上げてしまうということである。
大友組も他の組に負けないくらい酷いことをしているのだが、上に忠実な分、悲壮感を感じさせられる。

特に大友の部下たちが善人に見える。
最後の大友殺しが始めると、大友組のメンバーだけは殺さないでくれという気持ちになるのが笑えてくるほど面白い。

下克上的世界観の構図

戦国時代をそのままヤクザ界に持ってきたような構図が印象的である。
一見バイオレンスで痛々しいのだが、次第に戦国武将が闘っているように見えてくる。
段々と誰派につくかという感情移入具合にはまり、客観的に映画を楽しむことが出来るのだ。

北野映画は意外にもメッセージ性が強く、観たままの男くさい暴力映画では無い。
女性からするとこのようなジャンルは毛嫌いする人も多いだろうが、実際によく観るとその作品の陰に隠れた真実の重さが見えてくる。
それに気がつくとまた北野映画を観たいという中毒性が出てくるのだろう。

キャスティングの豪華さも北野映画ならでは。
誰をとっても脇役ではなくメイン。
武だけが目立つわけでもない。
それどころかドラマの中にはまってしまうと存在感すら他に混ざる。
このあたりの演出はさすがだと感心する。

アウトレイジ 感想まとめ

北野武映画は最初から注目を浴びていた。
しかし初期作品は誰もが受け入れる娯楽映画かというと少し違う。
好きな人は好き。
バイオレンスなものが好きな人は好き。
そのような趣向の人ははまったかもしれないが、最初はやはり芸人ビートたけしが作った映画というイメージが強かった人も多い。

しかしアウトレイジの存在感は大きかった。
この映画は北野武映画に興味が無い人も宣伝文句が気になり観たという人が増えたのだ。
北野武映画をある意味で広めたきっかけになった作品と言っても過言では無い。

Amazon 映画『アウトレイジ』の商品を見てみる