映画『アウトレイジ ビヨンド』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「アウトレイジ ビヨンド」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジ ビヨンドの概要:前作『アウトレイジ』の続編である2作目。バイオレンスの名手として知られていた北野武の面目躍如のシリーズ。前作以上にバイオレンス描写の見せ場が数多く用意されており、痛快なエンターテイメントに仕上がっている。

アウトレイジ ビヨンドの作品概要

アウトレイジ ビヨンド

公開日:2012年
上映時間:112分
ジャンル:フィルムノワール、アクション、ヒューマンドラマ
監督:北野武
キャスト:ビートたけし、西田敏行、三浦友和、小日向文世 etc

アウトレイジ ビヨンドの登場人物(キャスト)

大友(ビートたけし)
元大友組組長。刑務所にいたが片岡の思惑によって仮出所になり、山王会と花菱会の抗争に巻き込まれていく。仁義に厚く、度胸がある。筋が通ってない者や、身内に悪くする者には容赦なく怒り、時に制裁を加える。
片岡(小日向文世)
マル暴(暴力団対策担当)刑事。ボクシング部時代の大友の後輩。やくざに取り入りつつも、やくざ同士の抗争を企んでいる。
加藤(三浦友和)
山王会会長。先代を殺して現在の会長の立場に就き、山王会の勢力を大幅に拡大させた。
石原(加瀬亮)
山王会若頭。元大友組の金庫番。資金運用に長けているため、大友組から来た外様でありながらも若頭に抜擢された。古参の幹部たちに対して威張り散らしており、激昂して部下に手を上げることもしばしば。出所してきた大友による復讐を恐れている。
舟木(田中哲司)
山王会幹部。先代のボディガードをしており、加藤が先代殺しを実行しているところを目撃していたことから、幹部に抜擢されている。
富田(中尾彬)
山王会幹部。古参の中で一番の兄貴分。偉そうにしている石原のことをよく思っていない。
白山(名高達夫)
山王会幹部。古参にあたる人物で、長いものには巻かれるタイプ。
五味(光石研)
山王会幹部。白山の弟分にあたる。上からの圧力には弱い。
岡本(菅田俊)
山王会幹部。石原に気に入られており、出所した大友の始末を任命される。
布施(神山繁)
花菱会会長。温厚に見えるが、二枚舌で山王会を内乱に追いやる。
西野(西田敏行)
花菱会若頭。会長譲りの二枚舌で山王会の内乱を激化させる。
中田(塩見三省)
花菱会幹部。かつての木村の兄貴分。
木村(中野英雄)
元村瀬組若頭。顔の傷はかつて大友にカッターで斬りつけられたものであり、刑務所内で大友の腹を刺した過去を持つ。現在はバッティングセンターを営んでおり、死んだ友人(村瀬組組員)の息子である、嶋と小野の面倒を見ている。大友出所後は、大友の弟分になり山王会への復讐を誓う。
嶋(桐谷健太)
木村の子分。小野とともに大友の警護を任される。
小野(新井浩文)
木村の子分。嶋とともに大友の警護を任される。
張大成(金田時男)
10代で上野の闇市を取り仕切った伝説の男。韓国と日本を股にかけるフィクサー。大友を可愛がっており、出所後の面倒を見る。
李(白竜)
張の部下。
繁田(松重豊)
マル暴(暴力団対策担当)刑事。片岡の後輩。腹は座っているが、片岡の非道ぶりを冷めた目で見ている。

アウトレイジ ビヨンドのネタバレあらすじ

映画『アウトレイジ ビヨンド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アウトレイジ ビヨンドのあらすじ【起】

海から車が引き上げられる。沈められていたのは刑事の山本(マル暴)と女性。繁田刑事らは山王会若頭の石原と関係があるのではと話す。
小清水大臣の秘書官が石原の下に来て、話が違うと文句を言うが石原に「ガタガタ抜かしてるとマスコミに洗いざらいバラすって大臣に言っとけ!」と恫喝される。
警察署で捜査資料を眺める警察の上層部に、課長と繁田が事件の説明をしている。山王会とのパイプ役であった小清水の秘書官は殺されており、山王会若頭の石原がゼネコンと国交省を結んだという。小清水大臣の情婦は、山本刑事と死んでいたホステスと同一人物であり、山本刑事が山王会と国交省を繋いでいたことが分かる。「こんなことが世間にバレたら現内閣がぶっ飛ぶ」と焦る上層部は、マル暴の刑事たちに責任を問う。

片岡刑事(マル暴)が山王会に入っていく。部屋には山王会会長の加藤、若頭の石原、ボディガードから出世した幹部の舟木がいる。加藤とも親交がある様子の片岡。片岡は話が大事になる前に身代わりの組員を山王会から警察に出すよう求め、殺された女の部屋の偽装工作も承る。
取調室で山王会の身代わりを恫喝し暴行を与えながら誘導尋問をする片岡と、調書を取っている繁田。廊下に出て繁田は片岡に、こんな嘘だらけの調書を出していいのかと抗議をするも「山王会に恩を売れるだろ?俺はマル暴だ。いつだって山王会をどう潰すか考えている」と言う。

山王会幹部の集会。石原は偉そうに資金運用の方針について説明しており、「外為」「ヘッジファンド」などの用語を並べて古株の幹部たちに「頭のいい部下に教えてもらえ」と言ってコケにする。会長の加藤は「これからうちは、実力主義で行く」と述べ、集会は終わる。
古株たちは、外様であり若い石原がのさばっていることに不満を溜めている。富田、白山、五味は名指しで石原から口撃されており、特にいらだっている。富田は白山と五味に、山王会の先代会長を守れなかった舟木(元ボディガード)がなぜ幹部になっているか分かるか、と問う。白山と五味は、会長と舟木がグルになって先代を殺めた、という説得力の強い仮説に気が付く。そこに片岡がやって来て、警察で総力を上げて山王会を潰す方針になってしまい困っていると言う。そこで加藤には退いてもらい、次の会長に富田がなり、石原の代わりに白山か五味が入れば、マル暴としても面目が立つと言う。片岡は、富田が会長になるためにも、関西の花菱会と富田が会うように仕向ける。富田は花菱会の若頭が兄弟分であり、片岡も後ろ盾に付くと言うので会うことにする。

アウトレイジ ビヨンドのあらすじ【承】

花菱会に来た富田と片岡。花菱会会長の布施は、山王会とはケンカしないという話になっていたが、それは先代との間の話なので今の山王会とならケンカすることもナシではないと言う。布施会長としては、片岡のケツを持ってやってもいいという考えで、富田の覚悟や付いてくる部下などを聞くが、やや心許ない印象。
刑務所の食堂で片岡は大友に面会しに来ている。大友は「俺が死んだって噂流しただろ?」と聞くと、片岡は山王会に狙われるといけないのでそうしておいたと言う。
山王会に来た富田。加藤は、富田が大阪の花菱会に行ったことを布施会長から電話で聞いており、白山と五味からも裏は取れていると言う。その場に入ってきた白山と五味に「裏切ったな!」と叫ぶと、舟木に富田の付き人を銃殺される。富田はうろたえ、土下座をして命乞いをするも、舟木に撃たれる。
片岡にも富田が殺されるのは予想外だったようで、山王会で加藤からも余計な動きはするなと釘を刺される。片岡は大友が生きていることを告げ、「お前は忘れるわけないよな?」と元大友組の石原に言うと「裏切り者って言いてぇのか!」と激昂し片岡を殴る。加藤が大友の懲役年数を尋ねると片岡は「10年くらいじゃないですか」と答える。加藤は大友が出所したら顔を出すように申し付け、行き場がなければ山王会で面倒を見ると言う。片岡が出た後、加藤は「大友がうちに顔出すわけねえだろ」と言い、大友の面倒を見る気などないことが分かる。

刑務所の食堂で話す大友と片岡。大友は自分が仮出所することに違和感を覚え、片岡が何か企んでいるのだと感じる。片岡は加藤と裏切った石原にけじめをつけろと大友にけしかける。
バッティングセンターでガラの悪い利用者を締め上げる嶋と小野。 片岡が来て、木村に出所する大友と組んでお互い組を立て直したらどうだと持ち掛けると、木村は山王会にけじめをつけたいため「大友の兄貴さえ良ければ」と話しに乗る構えである。

出所する大友を迎えに来ている片岡と繁田。後からベンツで李が到着する。大友は片岡に迎えられるのを拒み、李の車に乗る。大友はフィクサーの張の下に行き、生活の面倒を見てもらうことになる。
大友が出所したことを知った石原は組員を使って始末しようと躍起になっている。
片岡は大友と木村を会わせ、「山王会への怨み」に火をつける形で大友を再びやくざの世界に巻き込んでいく。木村は花菱会の幹部にいる中田という兄弟分をあてにして、 自分と大友で花菱会の盃をもらって山王会を潰そうと意気込む。一方、花菱会は木村の「怨み」を利用して山王会を潰す駒にしようと企んでいる。

アウトレイジ ビヨンドのあらすじ【転】

何者かの手により山王会系列の事務所が襲撃される。石原は大友の仕業として、幹部の岡本に早く始末するよう仕向ける。
嶋と小野は大友を警護する形でホテルの一階にいたが、エレベーター内で大友は銃で撃たれてしまう。
大友を仕留めきれなかったことに激昂している石原。怒りが飛び火する形で、白山と五味が処分を受けることになる。花菱会で若頭の西野と会う白山と五味。西野はそこで2人が処分を受けることに配慮を示して心を掌握しつつも、富田が殺されたのを片岡の仕業にしてのける二枚舌ぶりも見せる。
嶋と小野は、木村からの忠告を無視して山王会に乗り込み、リンチされ殺されてしまう。

怒りに燃える木村は大友を連れて花菱会に盃をもらいに行くが、大友に盃をやることや、山王会との抗争のケツを持つという話は通っておらず、西野と中田に激しく怒鳴りつけられる。大友も負けじと言い返してしまい、拳銃も出されて一触即発の中、落とし前をつけるべく木村が自らの小指を噛みちぎり、その場は何とか収まる。
大友と木村は盃を交わし、花菱会の布施会長も大友と木村を「使える」と判断し、2人が山王会と戦争をするために西野と中田の部下を稼働させるよう申し付ける。

舟木が乗る車を襲い、ドライバーと舟木を拉致して工場に連れ込む。木村は舟木を殴り、山王会の先代が殺された時のことを聞くが答えない。大友が「同じことしてやるから見てろ!」と舟木のドライバーの顔を電動ドリルで突き刺し、舟木に真相を吐かせる。
花菱に呼び出された加藤。加藤の前にレコーダーが差し出され、舟木の口から先代の死は加藤が企んだことであったことが語られる。布施は石原からこのレコーダーを受け取ったと言い、「あいつは前に大友を裏切っとるやろう。一度人を裏切った奴は何回でも裏切りよる」と嘘の情報を与える。

山王会幹部の岡本と部下たちが花菱会の組員たちに銃殺される。いよいよ焦ってきた石原は大友の居場所を突き止め、部下を連れて木村のバッティングセンターに出向いていく。しかし、部下はすべて花菱会の組員たちに銃殺され、石原は大友のもとに向かう。石原は顔面蒼白になって震えて小便をもらしながら土下座をして大友に「何でもしますから」と謝る。大友は「何でもする?じゃあ野球しようか」と言う。石原はピッチングマシーンの前に括りつけられ、延々と顔面に速球を浴びる。
車中で大友は木村に、加藤は自分が仕留めるから手を出すなと言う。

アウトレイジ ビヨンドのあらすじ【結】

白山が花菱会の門から出てきて車に乗る。
山王会の幹部会で白山が「我々のもとにCDが送られてきており、加藤が先代を殺して組長になったことをみんな知っている」と言う。加藤は「俺に弓引くやつは全員破門だ。俺に引退してほしいってやつは誰なんだ。出てけ!」と言うと、幹部が全員出ていく。

山王会の事務所が次々と襲われる。加藤は花菱会に電話して「舟木のCDを送ったのはお前らだろ!」と問い詰めるも、西野は知らんぷりをする。
山王会の加藤の側近たちが次々と殺されていく。

大友は木村に、大方の片はついたから自分はもう身を引くと言う。木村は止めるが、「俺は木村組の若い衆でいいよ」と言い、去っていく。
花菱会を訪ねる木村。西野は、今回の抗争は山王会と木村組で手打ちになり、山王会の加藤の引退に合わせて大友を破門するように言う。
山王会の加藤は引退し、西野を後見役として組長・白山、若頭・五味の新体制が発足する。先代の加藤への扱いは無残で、白山と五味には身銭を持ってくるようどやされ、敬語でしゃべらされる。

加藤は引退して、パチンコ屋の店内で大友と李によって刺殺される。
片岡は加藤の側近に会い、何やら密談を設けている。
木村組が警察にガサ入れされて組員が少なくなった状態で、「大友からの遣い」と称する人物と、お祝いの品を運びに来た業者と名乗る2人が入って来て、木村は射殺される。殺したのは山王会の加藤の側近の残党たちであった。

加藤と木村の葬式が盛大に行われている。花菱会からは西野と中田、山王会は勢揃いで参列している。繁田は「木村が殺されたのはガサ入れ直後のことで、タイミングが良すぎる」と言い片岡を疑う。片岡はさらに木村殺しの犯人が大友に見えるように仕組んでおり、繁田は嫌気がさしてこの任務から降りると言い、去っていく。
葬儀に大友がやってくる。片岡はボディチェックをし、「手ぶらですか。先輩ならハジキくらい持ってくると思っていましたよ。花菱の皆さん、中にお揃いですよ。持っていきますか?」と、(ハンカチで掴んで指紋が付かない形で)銃を渡す。大友はそれを受け取り、片岡に発砲する。片岡が倒れてもなお、大友は弾を撃ちこむ。

Amazon 映画『アウトレイジ ビヨンド』の商品を見てみる

関連作品

前作 アウトレイジ