MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末 - Part 356

「偶然にも最悪な少年」あらすじとネタバレ感想

偶然にも最悪な少年の概要:2003年に公開された、グ・スーヨン監督、市原隼人主演の青春映画。原作は、監督のグ・スーヨン自身が書いた小説。在日韓国人の少年が、姉の死体に韓国を見せたいと思いついたことから始まる騒動を描いた。

「アリス・イン・ワンダーランド」のネタバレあらすじ結末

アリス・イン・ワンダーランドの概要:かつて不思議の国で大活躍した少女アリスは、成長して臆病な娘になっていた。アリスの再来を待ち望んでいた不思議の国の住人たちは、そんなアリスに失望する。ティム・バートン監督が描き出すあの有名な「不思議の国のアリス」の後日談。ファンタジックな映像が楽しい。

「シェルブールの雨傘」あらすじとネタバレ感想

シェルブールの雨傘の概要:「シェルブールの雨傘」(原題:Les Parapluies de Cherbourg)は、1964年のフランス・西ドイツ合作映画。監督は「ローラ」、「天使の入り江」のジャック・ドゥミ。主演は「パリジェンヌ」、「悪徳の栄え」の当時新人だったフランス映画の名女優カトリーヌ・ドヌーヴ。共演には「若者のすべて」などのニーノ・カステルヌオーヴォ 。音楽は本作で世界的な評価を受けて以降、数多くの名画に音楽を提供した作曲家・アレンジャー兼ジャズ・ピアニストのミシェル・ルグラン。

「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」あらすじとネタバレ感想

ベティ・ブルー 愛と激情の日々の概要:「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」(原題:37°2 le matin、英題:Betty Blue)は、1986年のフランス映画。監督は「ディーバ」、「溝の中の月」のジャン=ジャック・ベネックス。主演は本作がデビュー作のベアトリス・ダル。「傷ついた男」、「サブウェイ」のジャン=ユーグ・アングラード。

「冒険者たち(1967)」あらすじとネタバレ感想

冒険者たち(1967)の概要:「冒険者たち」(原題:Les Aventuriers)は、1967年のフランス映画。監督は「ふくろうの河」、「美しき人生」のロベール・アンリコ。主演は「太陽がいっぱい」、「地下室のメロディー」などのアラン・ドロン。「モンパルナスの灯」、「女王陛下のダイナマイト」などのリノ・ヴァンチュラ。「パリところどころ」などのジョアンナ・シムカス。

1 353 354 355 356 357 358 359 455