MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末 - Part 393

「ピンク・キャデラック」あらすじとネタバレ映画批評・評価

ピンク・キャデラックの概要:「ピンク・キャデラック」(原題:Singin' in the Rain)は、1989年のアメリカ映画。監督はバディ・バン・ホーン。主演は「ダーティハリー」のクリント・イーストウッド。共演のルーを演じる女優に「アニー」などの舞台で有名なバーナデット・ピーターズ。

「ザ・ワーズ 盗まれた人生」あらすじとネタバレ映画批評・評価

ザ・ワーズ 盗まれた人生の概要:「ザ・ワーズ 盗まれた人生」(原題:The Words)は、1952年のアメリカ映画。監督はブライアン・クラグマン。制作総指揮と主演を兼任するのは「リミットレス」のブラッドレイ・クーパー。共演者に「コロンビアーナ」のゾーイ・サルダナ。「カウボーイ & エイリアン」のオリヴィア・ワイルドなど。

「チョコレートドーナツ」あらすじとネタバレ映画批評・評価

チョコレートドーナツの概要:全米の映画祭が絶賛!!日本での公開後も、ミニシアターでありながら口コミでヒット。ゲイカップルとダウン症と言うシビアな題材ながら、魂を揺さぶる感動作。『トーチソング・トリロジー』と並ぶゲイ映画史上の傑作。

「イングリッシュ・ペイシェント」あらすじとネタバレ映画批評・評価

イングリッシュ・ペイシェントの概要:「イングリッシュ・ペイシェント」(原題:The English Patient)は、1996年のアメリカ映画。監督は「最高の恋人」のアンソニー・ミンゲラ。主演は「シンドラーのリスト」のレイフ・ファインズ。共演に「フォー・ウェディング」のクリスティン・スコット・トーマス。「ポンヌフの恋人」のジュリエット・ビノシュ。「プラトーン」のウィレム・デフォーなど。1996年の第69回アカデミー賞で8部門に輝いた。

「俺たちに明日はない」あらすじとネタバレ映画批評・評価

俺たちに明日はないの概要:「俺たちに明日はない」(原題:Bonnie and Clyde)は、1967年のアメリカ映画。監督は「奇跡の人」のアーサー・ペン。クライド役は「ローマの哀愁」のウォーレン・ベイティが制作も兼任する。ボニー役に本作が出世作となったオスカー女優のフェイ・ダナウェイ。本作は1930年代にアメリカ各地で強盗を繰り返した、クライド・バロウとボニー・パーカーの実話を元に描かれている。1992年にアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

1 390 391 392 393 394 395 396 455