MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末 - Part 394

「サーカス(1928)」あらすじとネタバレ感想

サーカス(1928)の概要:「サーカス」(原題:The Circus)は、1928年のアメリカ映画。監督・脚本・演出・音楽・主演はチャールズ・チャップリン。共演にマーナ・ケネディ、ハリー・クロッカー、ヘンリー・バーグマン、アラン・ガルシアなど。本作はアカデミー賞で監督賞、主演男優賞にノミネートされながら、名誉賞を受賞した理由でノミネートを取り消された経緯がある。

「モダン・タイムス」あらすじとネタバレ感想

モダン・タイムスの概要:「モダン・タイムス」(原題:Modern Times)は、1936年のアメリカ映画。監督・主演は喜劇王チャーリー・チャップリン。共演にはチャップリンの内縁の妻でもあったポーレット・ゴダード。他にヘンリー・バーグマン、チェスター・コンクリンなど。有名な主題歌の「スマイル」もチャップリンの作曲による作品。

「ひまわり(1970)」あらすじとネタバレ感想

ひまわり(1970)の概要:「ひまわり」(原題:I Girasoli)は、1970年のイタリア映画。監督は「自転車泥棒」、「昨日・今日・明日」などのオスカー監督ヴィットリオ・デ・シーカ。主演は本作でヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞した、「8 1/2」、「昨日・今日・明日」などのイタリアを代表する名優マルチェロ・マストロヤンニ。「昨日・今日・明日」、「あゝ結婚」などで、マストロヤンニと多くの共演作を残した名女優ソフィア・ローレン。

「鉄道員」あらすじとネタバレ感想

鉄道員の概要:「鉄道員」(原題:Il Ferroviere)は、1956年のイタリア映画。監督は「越境者」、「街は自衛する」などのピエトロ・ジェルミ。主演のアンドレア役も同じくピエトロ・ジェルミ。アンドレアの末っ子サンドリーノ役にエドアルド・ネボラ。アンドレアの妻サーラ役にルイザ・デラ・ノーチェ。長女ジュリア役にシルヴァ・コシナ。長男マルチェロ役にレナート・スペツィアリ。

「夕陽のガンマン」あらすじとネタバレ感想

夕陽のガンマンの概要:「夕陽のガンマン」(原題:伊: Per qualche dollaro in più、英: For a Few Dollars More)は、1965年のイタリア映画。監督は「ロード島の要塞」以降、本作で大ヒットを収め、”マカロニ・ウエスタンの父”とも呼ばれるようになったセルジオ・レオーネ。主演は同監督の前作「荒野の用心棒」がデビューで出世作となったクリント・イーストウッド。共演に「OK牧場の決斗」、「リバティ・バランスを射った男」などの名優リー・ヴァン・クリーフ。他にはジャン・マリア・ヴォロンテ、ルイジ・ピスティリ、クラウス・キンスキーなど。音楽にはレオーネ監督の片腕とも言えるオスカー作曲家のエンニオ・モリコーネ。

1 391 392 393 394 395 396 397 507