MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末 - Part 398

ドイツ映画のおすすめランキング10選

ドイツは第二次大戦のナチスというイメージが拭えませんが、その史実を受け止め表現した映画は平和を願うものでもあり、無視する訳にはいかないメッセージが多く含まれています。その他にも感動的な作品をここではランキングで紹介します。

韓国映画のおすすめランキング10選

恋愛映画からホロリと泣ける映画まで、韓国映画の魅力あふれる作品を集めました。韓国映画は好きだけど、どの作品から観たらいいのか迷う人におすすめです。おすすめの韓国映画の名作10作をランキングで紹介します。

「舞妓はレディ」あらすじとネタバレ感想

舞妓はレディの概要:あの『Shall We Dance(1996年)』から実に18年ぶりに周防ワールド全開のエンターテイメント解禁。この間に『それでもぼくはやってない』や『終の信託』など、社会派路線に走った監督が、次に選んだ作品は舞妓の世界が舞台の『舞妓はレディ』。歌あり、踊りあり、笑いあり、感動ありのまさに監督自身の原点回帰的作品だ。

「リトル・ミス・ サンシャイン」のネタバレあらすじ結末

リトル・ミス・ サンシャインの概要:見た人を幸せにする映画の代表作。バラバラの家族が旅を通して再び一つになる再生ストーリー。人間の心理を描くのが抜群にうまく、悩み、傷つき、ぶつかり、大きく揺れ動くキャラクターたちに感情移入せずにはいられない。

「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」あらすじとネタバレ感想

円卓 こっこ、ひと夏のイマジンの概要:小説家・西加奈子の小説『円卓』を映画化。監督には『春の雪』『遠くの空に消えた』『今度は愛妻家』などの行定勳。主演には、子役としてハリウッドデビューも果たし、本作では単独初主演の芦田愛菜。彼女を支えるように羽野晶紀、八嶋智人、いしだあゆみなど、ベテラン勢が総出演。ひと夏を通して、体験するノスタルジーに誰もが共感できるキッズ・ムービーだ。

「ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区」あらすじとネタバレ感想

ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区の概要:なんと言っても、世界を代表する名匠が集まった、映画ファンには生唾もののオムニバス映画だ。フィンランド代表のアキ・カウリスマキ。ポルトガル代表のペドロ・コスタ。スペイン代表のビクトル・エリセ。そして、同じくポルトガル代表の世界で最年長だった映画監督マノエル・ド・オリヴェイラ。名立たる映像作家が集結したオムニバス映画史上、類を見ない傑作だ。

1 395 396 397 398 399 400 401 507