映画『パッセンジャーズ』あらすじネタバレ結末と感想

パッセンジャーズの概要:『パッセンジャーズ』は、航空機事故の生存者たちのセラピストとなった主人公が事故の謎を解き明かそうとするサスペンス。思いがけない真実が明かされるラストが見どころ。

パッセンジャーズ あらすじネタバレ

パッセンジャーズ
映画『パッセンジャーズ』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

パッセンジャーズ あらすじ【起・承】

ある日、多数の死傷者を出した飛行機事故が起こる。奇跡的に生存者が数人おり、セラピストのクレア・サマーズは彼らのカウンセリングを恩師のペリーから依頼される。

生存者5人の内の1人、エリックはグループカウンセリングを拒否したため、彼だけ個人で話を聞くことになった。精神的ショックが大きいはずなのにエリックの気分は「良すぎる」ほどで、患者として話をするどころかクレアを口説き始める。そして、彼はクレアが教えてもいない姉妹の存在を知っていたり、コーヒーに何を入れるのが好きか知っていたり、謎の多い存在だった。
エリックに、姉がバス事故で死ぬかもしれないから今の内に電話をしろと言われ、喧嘩をしてから音信不通だった姉のエマに連絡を取ろうと考える。

その頃クレアの同じマンションに住むトニという女性が異様にプライベートに踏み込んでくるようになる。

グループカウンセリングでは、患者それぞれの事故当時の記憶が食い違っており、クレアは事故の背景に何かあると感じ始める。
カウンセリング中に外から覗く男がおり、患者の1人はその男に尾行されているという。

やがて患者は1人、また1人とカウンセリングに来なくなり、クレアは事故が機長のミスなどではなく機体の欠陥であり、航空会社がそれを隠蔽しようと患者を狙っていると疑う。

パッセンジャーズ あらすじ【転・結】

エリックの個人カウンセリングは続いていた。エリックは寝ている間事故の夢にうなされ、また家の周辺に現れる大きな犬の存在におびえているようだった。

クレアは何度もアタックしてくるエリックに次第に惹かれ、とうとうセラピストと患者としての一線を越えて関係を持ってしまう。

クレアは事故の真相を探るべく航空会社を訪ね、代表のアーキンに話を聞こうとするが、彼は何かを隠しているようだった。セラピストとしての仕事以上に踏み込もうとするクレアを邪見にする。

クレアは仕事の合間にエマを訪ねるが、何度訪ねても姉はいないようだった。帰ろうとするクレアの前に、患者の1人を付け回していた男が現れ、自分も事故の生存者であると言う。
リストにない生存者の存在に、クレアの航空会社への疑いは深まる。
ペリーにこれを相談するが、陰謀説を笑って否定する。この様子から、ペリーも航空会社に抱き込まれているのだと感じる。

真相を解き明かそうとするクレアに、アーキンは「あの事故での生存者はいない。すべて自分のせいだ」と告げ、資料を置いて立ち去る。クレアが事故に関わる資料を確認すると、死亡者リストに自分の名前があるのに驚く。

あの事故で全ての乗客乗員が亡くなっていた。クレアが依頼を受けて会った人たちは皆死者だったのだ。患者が消えていったのは、自分の死に気付き、受け入れていったからだった。ある者には亡くなった両親が、エリックには亡くなった祖父と飼い犬が死を知らせに来ていた。そしてクレアには、恩師ペリーと叔母のトニが。

真相に気付いたクレアは、事故当時の記憶を思い出す。飛行機で隣に乗り合わせたエリックと話が弾み、これから親密になれそうな時エンジンが爆発したのだ。
クレアはエリックに会いに行き、お互い記憶を取り戻したことを確認すると、死を受け入れるのだった。

パッセンジャーズ 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2008年
  • 上映時間:93分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ、サスペンス
  • 監督:ロドリゴ・ガルシア
  • キャスト:アン・ハサウェイ、パトリック・ウィルソン、デヴィッド・モース、アンドレ・ブラウアー etc

パッセンジャーズ 批評・レビュー

映画『パッセンジャーズ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

人間の心理描写がうまい

だいたいのストーリーを知らないまま鑑賞したので、始めは心理サスペンスなのかと思った。次々と事故をめぐる疑惑が浮き彫りになり、クレアの周辺には怪しい人物が増える。特に、プライベートに異様に干渉してくるトニ夫人は恐ろしい。
しかし、それらの要素は全て、クレアが突然の死をどう受け入れていくか、というところに集約していく。

クレアが真相に気付いた後は、気味が悪かったそれまでの出来事が全て温かいものに変わるのを感じる。ペリーやトニは亡くなって間もないクレアが起こったことを整理し、死を受け入れるのを見守ってくれていたのだ。
誰も死んだあとどうなるかなんてわからないが、もしかしたら自分の死を受け入れる過程とはこういうものなのかもしれない、と感じた。

後悔がないように

冒頭からの内容、特にエリックとのやりとりと姉のことは、事故発生から墜落死までの間にクレアの心にあった後悔の想いが作り出したものではないだろうか。
エリックとはお互い既に死んでいるので現実にはなかったことだが、もし生きていればこういう未来もあった、と思えて切ない。
姉・エマとの仲直りはできないまま終わってしまった。しかし、ラストでエマが亡くなったクレアの部屋を訪れ、彼女が残した「あなたがいない人生は寂しい」というメッセージを見る。姉と仲直りできなかったクレアの後悔、そして妹と仲直りできなかったエマの後悔、それぞれの想いがちゃんと描かれていてジーンとくるシーンだった。

パッセンジャーズ 感想まとめ

似たような展開の映画はいくらでもあるが、やっぱり真相には驚かされるし感動する。サスペンス・スリラーがヒューマンドラマに変わる過程は本当に巧妙だと思った。
クレアやエリックは死に気付いていない状態から始まるので、記憶を取り戻していく展開は観客も同じように疑問に思い、驚き、感動できる。「自分が何者かに気付く」というストーリーや設定自体はありふれたものかもしれないが、演出のうまさがずば抜けていると感じる作品だった。

Amazon 映画『パッセンジャーズ』の商品を見てみる