映画『パッション(2004)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『パッション(2004)』のネタバレあらすじ結末

パッション(2004)の概要:パッションは2004年のアメリカ映画です。本作は従来のキリスト映画とは異なり、聖書での拷問シーンを忠実に再現した作品です。またいわゆるキリストの奇跡が中心の映画ではなく、キリストの受難が中心の作品です。

パッションの作品概要

パッション

公開日:2004年
上映時間:127分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:メル・ギブソン
キャスト:ジム・カヴィーゼル、マヤ・モルゲンステルン、モニカ・ベルッチ、ロザリンダ・チェレンターノ etc

パッションの登場人物(キャスト)

イエス・キリスト(ジム・カヴィーゼル)
本作の主人公で拷問を受け続ける辛い運命に合います。鞭で叩かれても十字架を背負わされても、歩き続ける強い人です。
マリア(マヤ・モルゲンステルン)
イエス・キリストの母親です。受難を受け続けるイエスをずっと頑なに見続けます。涙を流す事もあります。
イスカリオテのユダ(ルカ・リオネッロ)
イエス・キリストの使徒でしたがイエスを裏切ります。金貨を貰いますが、その後の人生は暗い物になります。

パッションのネタバレあらすじ

映画『パッション(2004)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パッションのあらすじ【起】

イエス・キリストは奇跡を起こす者として皆から尊敬し、敬われていました。今日もキリストは奇跡を起こし、信者を増やしていました。

しかし、やはりどんな時代にも嫉妬深い傲慢な者は存在します。国を治める者達です。その王族達は代々伝わる王族で偉そうに生きてきたのですが、イエス・キリストが人々から尊敬されている事を面白く思っていません。王族達は「イエス・キリストは危険な存在だ、人々を先導しかねん」と言い、話し合いをしていました。「イエスを捕らえて人々からの信仰を奪わねば王家が危うい」などと言い、理由を付けてはイエスを貶めようとしていました。しかし、イエスの居場所が分からない王族達は考えあぐねていました。

そんな中、一人の家来が口を開きました。「イエスの使徒の誰かを買収して居場所を聞き出したらどうですか?」と言いました。そして「居場所を教えてくれたら金貨を寄越すと提言していれば一人ぐらいの信徒は喰らいつくでしょう」とも言いました。そしてその家来は少し自慢げな表情をしていました。

パッションのあらすじ【承】

ある日、その情報を知った一人の男がいました。彼の名前はイスカリオテのユダです。イエス・キリストの使徒をしていますが、最近のイエスの動向には少し不安を感じていました。「イエス・キリストは巨大になり過ぎている」そして「信徒が増え過ぎて教えがちゃんと伝わらないしイエスの説教も伝わっていない」と感じていました。そしてユダはイエスを裏切る事にしました。大きくなり過ぎたイエスは自滅すると思ったのです。「自滅するならば自分が終わらせてやる」とユダは考えました。そしてユダは王族達にイエスの居場所を教える事にしました。

ユダは王族達にイエスの居場所を教えにいきました。王族達はユダを歓迎し、イエスの居場所を教えてくれた事に大層喜びました。そしてユダに金貨を大量に渡しました。ユダはその金貨を受け取ると逃げる様に王族達の前から走り去りました。王族達はそんなユダの姿をあざ笑っていました。ユダは「自分は恐ろしい事をしてしまった」と思い、酷い表情を浮かべていました。

パッションのあらすじ【転】

一人走り続けたユダは誰も居ない場所に辿り着きました。そしておもむろに金貨を地面に投げつけました。ユダは金貨欲しさに密告し、裏切った訳では無かったのでお金など要らなかったのです。そして地面に倒れ、泣き続けました。自分の罪にユダは泣き続け、イエスがこれから受けるであろう受難の事を思い絶望しました。そんなユダにこれからも生きていく気力がある筈も無く、ユダが選ぶ道は一つしかありませんでした。

ユダは自殺する意思を固めました。そしておもむろに近くにある丈夫そうな木の枝に、縄を縛りつけ始めました。縄をきつく縛りつけながらユダは今までの事を思い返していました。そして涙と鼻水でクチャクチャになった顔をぬぐい、ユダは縛りつけた縄を見つめました。見つめながらユダは手ごろな足場を探し、木の枝の下に持って行きました。そしてその足場の上に昇り、ユダは縛りつけた縄の輪っかの中に首を通し、そのまま命を絶ちました。ユダの死は誰にも気付かれる事無く終わりました。

パッションのあらすじ【結】

ユダに密告され居場所を知られたイエスの元に、王族の兵隊達がやってきました。そしてその兵達に手荒く捕らえられたイエスは連行されていきました。イエスはその間、全く焦る事も無く、終始穏やかな表情をしていました。抵抗すらする事も無く、ゆっくりと連行されていきました。

その後イエスは裁判にかけられました。しかしその裁判は仕組まれたものであり、イエスの言う事は何も伝わらなく罪人となりました。神の冒涜者として断罪されたイエスは拷問されてから死刑になる事が確定しました。その判決にイエスは全く顔色を変えませんでしたが、イエスの母のマリアは泣き崩れました。

イエスはまず裸にされ、頭に茨の頭飾りを付けられました。その頭飾りはイエスの頭に深く突き刺さり、イエスの頭からは血が止めどなく流れ出しました。そしてその後は様々な鞭で叩かれ続け、最後は重い十字架を背負い自分の墓場まで歩かされました。

イエスは十字架に張付けにされ、そのまま命を落としました。そして王族達の部下達に手より、丁寧に地上に降ろされました。その後、丁重に葬られたイエスですが次の日の朝、聖書の話の通り奇跡的な復活を遂げました。

Amazon 映画『パッション(2004)』の商品を見てみる