映画『機動警察パトレイバー2 the Movie』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「機動警察パトレイバー2 the Movie」のネタバレあらすじ結末

機動警察パトレイバー2 the Movieの概要:東南アジア某国で、柘植行人は他の仲間の自衛隊員と共にゲリラの襲撃を受ける。柘植は本部に発砲許可を求めるが却下され、回避しろと指示される。その間に柘植を除く仲間の自衛隊員は殺されてしまう。日本に戻った柘植は行方を眩まし、ある事件を起こす。

機動警察パトレイバー2 the Movieの作品情報

機動警察パトレイバー2 the Movie

製作年:1993年
上映時間:113分
ジャンル:SF、サスペンス、アニメ
監督:押井守
キャスト:大林隆之介、榊原良子、冨永みーな、古川登志夫 etc

機動警察パトレイバー2 the Movieの登場人物(キャスト)

後藤喜一(大林隆介)
警視庁警備部特車二課第二小隊長。飄々と掴みどころがない性格だが、頭が切れる人物。同僚の南雲に好意を寄せているが、表に出すことはない。
南雲しのぶ(榊原良子)
警視庁警備部特車二課第一小隊長・特車二課課長代理。真面目な性格。柘植学校の生徒。「警視庁きっての才媛」と言われるほど優秀な人物だったが、柘植と不倫関係にあり、そのことがバレて左遷させられる。
荒川茂樹(竹中直人)
陸幕調査部別室に所属している。かつて柘植の同士だったのだが、裏切られてしまう。事態の収拾を図り、後藤達を使って秘密裏に柘植を捕まえようと画策する。
柘植行人(根津甚八)
レイバーの軍事的価値にいち早く着目し、様々なシミュレーションモデルによって有効性を実証する、多目的歩行機械開発運用研究準備会「通称、柘植学校」を設立した。PKO活動の一環で東南アジアに派遣されることになるのだが、その時本部が発砲許可を出してくれず、仲間をゲリラに殺されてしまう。その事件の3年後、テロリストとして東京を混乱させる事件を起こす。
松井刑事(西村知道)
横浜ベイブリッジの爆破事件を追い、柘植について調査する。後藤と仲が良く、事件について意見交換を行う。

機動警察パトレイバー2 the Movieのネタバレあらすじ

映画『機動警察パトレイバー2 the Movie』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

機動警察パトレイバー2 the Movieのあらすじ【起】

1999年、東南アジア某国。日本の陸上自衛隊のレイバー小隊が、銃を持って近づいてくる人と装甲車らしき熱源反応を確認した。小隊長(柘植行人)は本部に発砲許可を求めるが却下され、回避するよう指示を受ける。だがその間に、装甲車から攻撃を受けてしまう。小隊長は許可が得られるまま発砲するが、仲間達は全員死亡していた。戦いが終わった後、小隊長は祀ってある像を見上げた。

警視庁警備部特車二課第二小隊に所属していた者達は、皆バラバラになっていた。篠原遊馬と泉野明は装備開発課に出向中で、太田功は特車隊員養成学校の教官として、後世の育成に精を出していた。現在のパトレイバーは自動で標準を合わせることもできたが、それが故障したときのことを考えて射撃訓練をしていた。だが、熱が入りすぎて的が流れる機械を壊してしまう。本庁総務部総務課長に栄転した進士幹泰はそれを見て、備品を壊すなと太田を叱った。

特車二課第一小隊長の南雲しのぶは、会議を終えた後帰宅の途についていた。しかし、横浜ベイブリッジで渋滞に引っ掛かってしまう。南雲は神奈川県警のレイバーが出動しているのを見て、何が起こっているのか状況を確認した。すると、違法駐車している車に爆弾を仕掛けたとの通報を受け、確認に向かっていることが分かった。南雲は通信を切って処理が終わるのを待っていたが、その直後爆弾が飛んできて、違法駐車していた車に当たって爆発した。

横浜ベイブリッジの爆破事件はニュースで大きく取り上げられた。爆破直後の映像を専門家が確認し、航空自衛隊の戦闘機が横浜ベイブリッジの上空を飛んでいたことが判明した。防衛庁は該当する機体は存在しないとコメントを発表したが、自衛隊が今回の事件に無関係だとは思えず、疑惑を完全に払拭することはできなかった。

機動警察パトレイバー2 the Movieのあらすじ【承】

松井刑事は横浜ベイブリッジの爆破事件を捜査していた。だが、テレビで放送された戦闘機が映っているテープが何者かに回収されており、確認することができなくなっていた。松井刑事はこのことを特車二課第二小隊長の後藤喜一に報告した。南雲は後藤が松井刑事と裏でこっそり事件のことを探っているのを感じ取り、動く前に報告するよう忠告した。

陸幕調査部別室の荒川が後藤と南雲を訪ねてきた。荒川が渡した名刺には住所や電話番号が載っておらず、見るからに怪しい男だった。荒川が南雲達を訪ねてきたのは事件の究明と、最悪な事態に備えて警察とパイプを作っておきたいからだった。

荒川は他の人に聞かれないため、南雲達をドライブに誘って仕事の詳細を話した。横浜ベイブリッジが爆破された夜、夜間発着訓練中に失踪した米軍機があった。その戦闘機が橋を爆破したのだが、パイロットの意思ではなく、ある組織に嵌められた可能性が高かった。その組織は国防族と言われる政治家や幕僚OB、米軍内の一部勢力などから構成されており、軍備の増強を図らない日本に危機感を抱いている者達だった。その組織によって今回の事件が引き起こされたのだが、実際にミサイルが放たれたのは、個人の意思が介在している恐れがあった。それは、戦闘機の行方が今も分かっていないからだった。幕僚達は今回のことを公表して自衛隊の疑惑を払拭したかったが、第三者が介入しているのは想像でしかなく、何も証拠がないので発表することができなかった。荒川達陸幕調査部別室は、その組織に所属している柘植行人が怪しいと睨んでいた。現在は行方不明で、所在が掴めずにいるのだ。

東京に向かって三沢基地所属の戦闘機が飛んできているのが確認された。しかし、ウィザードという名の戦闘機が目視で確認しても、実物を確認することはできなかった。その間に、司令部はウィザードと連絡が取れなくなり、ウィザードの位置情報がモニターから消えてしまう。司令部はウィザードが襲撃されたと思い、首都圏に入る前に戦闘機を爆撃しようとした。だがその瞬間、ウィザードとの通信が再開され、無事を確認することができた。ウィザードは通信妨害を受けていただけだった。しかも、東京に向かって戦闘機は飛んでいなかった。司令部がハッキングされ、モニター上飛んでいるように見えていただけだった。しかし、ハッキングされていたことを発表するわけにはいかないため、詳細が公表されることはなかった。

機動警察パトレイバー2 the Movieのあらすじ【転】

後藤は荒川と柘植について話した。柘植はレイバーの軍事的価値にいち早く着目し、様々なシミュレーションモデルによって有効性を実証する、多目的歩行機械開発運用研究準備会「通称、柘植学校」を設立していた。PKOで東南アジアにレイバーの派遣が決まったとき、レイバーの運用に最も向かない高温多湿の場所なのに、なぜか柘植は自ら志願して参加することを決めていた。後藤の憶測でしかないが、柘植は自分の理論を実践したいと思うような男だった。また、南雲はこの柘植学校の優秀な生徒で、柘植と公私共に深い関係になっていた。だが、柘植には妻子がいたため、署内で問題になり、南雲はエリートコースから外されることになった。

三沢基地の各飛行隊に、飛行禁止命令が下された。しかし、三沢基地はこの決定に納得がいかず、東京に行って抗議しようとしたところを、事情聴取のために青森県警に連行されてしまう。三沢基地は青森県警のやり方に腹を立て、籠城して抗議した。各地の自衛隊の駐屯地でも三沢基地に同調し、籠城する事態に発展した。警察と自衛隊の睨み合いは、ニュースでも報道された。後藤と南雲は不服ながらも上司に命令され、小隊を連れて現場に出動することになった。

今回の籠城の責任を取り、陸海軍の幕僚長達が辞任することになった。しかし、ここまでこじれた後では、横浜ベイブリッジの事件の真相を発表しても後の祭りだった。しかも、政府は今回の責任を警察に擦りつけようとしており、自衛隊に警察の代わりをさせるつもりでいた。その夜、官房長官は陸上自衛隊が街の警備をするとテレビで発表した。

南雲は柘植から連絡をもらい、拳銃を持って会いに行った。しかし、警察の存在に気づき、言葉を交わさぬまま逃げられてしまう。南雲は銃を向けるが、柘植を撃つことはできなかった。南雲の母が娘を心配し、後藤に連絡していたのだ。そして、後藤が荒川と共に現場を張っていたのだ。その数時間後、後藤と南雲は上層部から呼び出しを受け、小隊を出動させたことで忠告を受ける。そんな時、後藤は松井刑事から連絡をもらい、柘植の仲間が乗った戦闘機が飛んで行ったことを教えられる。その頃、特車二課がその戦闘機から襲撃されていた。

後藤と南雲は上層部に反発したため身柄を拘束されそうになるが、戦闘機により東京湾横断橋が爆撃されたとの一報が入った。後藤は未だに現状の深刻さを理解していない上層部に怒りを覚えた。

機動警察パトレイバー2 the Movieのあらすじ【結】

戦闘機は東京の街を次々と破壊していった。後藤と南雲は拘束していた男を殴り、事態を収拾させるために動き出した。その頃、東京の街にいた自衛隊は無人飛行船の妨害によって通信が使えなくなり、本部や各隊と連絡が取れなくなっていた。警察がその無人船を破壊しようと周りを飛んでいた鳥を撃つと、飛行船は突然高度を下げ、街の中へと墜落した。その飛行船からは黄色いガスが漏れ出し、人々は逃げ惑った。だがそれは、着色されただけの無害のガスだった。

事態を収拾させなければ、米軍が介入すると圧力を掛けてきた。かつて特車二課第二小隊に所属していた仲間達が、クビになることも厭わず集まった。そして、敵のアジトがある埋め立て地への潜入計画を立てた。

後藤は特車二課第二小隊に最後の出撃を命じた。小隊は南雲が率い、埋め立て地へと向かった。残った後藤は松井刑事と共に荒川を逮捕した。荒川は柘植の同士だったのだが、裏切られていた。ただのデモンストレーションのはずが、柘植が東京を襲撃し本気で戦争を始めてしまったのだ。後藤は正規の部隊を動かさずに柘植を逮捕しようとした荒川を見て、そのことに気づいていた

南雲達はレイバーに乗り、アジトを守っていた警備レイバーと戦った。南雲は1人で先に進み、柘植と相対した。柘植は抵抗することなく、南雲が手錠を嵌めるのを受け入れた。そして、手錠が嵌められていないもう片方の手で、南雲の手を握った。南雲はそれを受け入れながら、悲しそうな表情で柘植と見つめ合った。ヘリコプターで迎えに来た後藤は、そんな2人を眺めていた。

先にボートで脱出していた柘植の部下達は治安部隊に投降した。

関連作品

前作 機動警察パトレイバー THE MOVIE