映画『パール・ハーバー(2001)』あらすじネタバレ結末と感想

パール・ハーバー(2001)の概要:日本軍がハワイに奇襲攻撃をしたといわれている、真珠湾攻撃をアメリカサイドで描く。マイケル・ベイ監督作品。出演者は、ベン・アフレック、ジョシュ・ハートネット、ケイト・ベッキンセールなど。

パール・ハーバー あらすじネタバレ

パール・ハーバー
映画『パール・ハーバー(2001)』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

パール・ハーバー あらすじ【起・承】

主人公のレイフは、幼馴染であり親友ダニーと共にアメリカ陸軍の航空隊に所属していた。レイフは、ある時軍の健康診断で出会った看護婦のイヴリンと恋人同士になる。しかし若きパイロットとして期待されていたレイフは、イーグル飛行隊に志願して受かったため、ドイツへと出陣することになった。イギリスの上空で、ドイツ空軍と激しい戦闘になったレイフの所属するイーグル飛行隊。

その頃、ダニーはイヴリンと共に、ハワイのオアフ島に異動していたのだが、二人のもとにレイフが戦死したという連絡がきた。レイフを喪ったことで深い悲しみに暮れるイヴリン。ダニーもまた親友を喪った痛みを抱えていたため、なんとかイヴリンを慰めようと必死に寄り添う。そして、二人はいつしか惹かれあうようになった。だがそんなある日、レイフは生きており、オアフにやってきたのだ。親友と恋人が今どのような関係になっているかを知ったレイフは、ダニーと殴り合いの喧嘩になってしまうのだった。

パール・ハーバー あらすじ【転・結】

険悪な二人の仲が改善されないまま、1941年12月7日を迎えた。早朝、突然宣戦布告もなく、日本海軍の真珠湾攻撃が始まったのである。レイフとダニーは、なんとか戦闘機に乗り込むと、必死に自軍を守るために戦ったが、基地の損害は甚大なものとなってしまった。

その後、真珠湾攻撃の報復戦に、レイフとダニーは参加することになる。それは、東京への空襲だった。空母から爆撃機を発射させることが必要になってくるので、レイフとダニーは訓練に打ち込んだ。そんな中、イヴリンはレイフにダニーの子供を身ごもってしまったことを告げるのだった。

東京空襲は成功したが、爆撃機たちは燃料が足りなくなってしまい、中国にある日本軍の支配する地に不時着せざるを得なくなる。日本軍と戦う中で、レイフが命を落としかけるのだが、ダニーは彼をかばった。イヴリンをレイフに託して、ダニーは死んでしまう。

生き残ったレイフは、イヴリンとともに親友の血を引いている子供を息子として育てていくのだった。

パール・ハーバー 評価

  • 点数:50点/100点
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★☆☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★☆☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2001年
  • 上映時間:183分
  • ジャンル:戦争
  • 監督:マイケル・ベイ
  • キャスト:ベン・アフレック、ジョシュ・ハートネット、ケイト・ベッキンセイル、ウィリアム・リー・スコット etc

パール・ハーバー 批評・レビュー

映画『パール・ハーバー(2001)』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

戦争映画?

戦争映画、と聞くと何を思い浮かべるかは人それぞれかもしれない。私は、戦争の悲惨さや、その時代に生きた人々のひたむきさ、といったものを思い浮かべる。あまり戦争映画の中に恋愛ばかり特化させて描かれることはない。もちろん要素の一つとしての恋愛があるのはうなずけるのだが。この映画は、戦争映画というよりは、恋愛映画である。人と人との愛、とかではなく、恋愛映画、という感じなのだ。恋人が死んだと思ってその親友とくっついたら実は生きていた、なんて、ちょっとベタすぎるというか、あまり魅力のない設定だ。そこにパールハーバーの悲劇が合わさっている意味が分からないといか、「パールハーバー攻撃」であった必然性が全く見いだせないのだ。別にどこの戦いでもなんでもよかったのでは、という。もっというと、イブリンとダニーがくっつく過程が割とアッサリ描かれるので、個人的にはレイフがかわいそうに思えて仕方がなかった。しかし、繰り返すがこの人間模様を描くのにパールハーバーである必要が全くない。戦争ならどこでもよかったのではと思えて仕方ないのだ。

日本として

こういう映画にリアリティを求めるのは無駄だとわかっているが敢えて言う。日本のことを適当に描きすぎである。敵だからどうでもいいのか、そのあたりはどのような意図があってああなったのかはわからないが、びっくりするぐらい雑だ。本当の意味でアメリカ視点のパールハーバーを描きたいなら、逆に日本側のこともきっちり描いた方がより真剣に伝わったのではと思ってしまうほどであった。

パール・ハーバー 感想まとめ

パールハーバーというと悲劇の地ではあるのだが、それにしては描き方が雑である。また、主人公の恋愛模様をパールハーバーに絡めて描く必然性が全く見いだせない。特に主人公が死んだと思って、ヒロインと親友が結ばれる過程はやけにあっさり描かれるのでただただ主人公がかわいそうだという印象。ヒロインが寂しさの中で頑張ったとか、耐えた結果仕方なくとか、そういうところは伝わってこなかったのが残念。戦争映画、というよりは青臭い恋愛映画と思って見たほうが無難かもしれない。

Amazon 映画『パール・ハーバー(2001)』の商品を見てみる