『サブウェイ123 激突』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

サブウェイ123 激突の概要:2009年アメリカ映画(原題:The taking of Pelham 123)。ジョン・ゴーディー原作の小説「サブウェイ・パニック」の映画化であり本作で3回目の製作になる。

サブウェイ123 激突

サブウェイ123 激突 あらすじ

映画『サブウェイ123 激突』のあらすじを紹介します。

場所はニューヨーク。
地下鉄の運行司令室のガーバー(デンゼル・ワシントン)は車両が緊急停車していることに気がついた。
その車両とはペラム1時23分発の車両で、しかも1車両だけであった。
嫌な予感がしたガーバーは無線で車両に連絡をとる。
応答したのはライダー(ジョン・トラボルタ)と名乗る男で、車内にいる19人を人質にとりジャックしていたのだった。

ライダーの要求とはニューヨーク市長に59分以内に1000マンドルの身代金を用意させることであるという。
しかし地下鉄を熟知しているガーバーは、どんなことがあってもライダーが逃げ切ることはできないと確信する。

交渉人にさせられやガーバーはライダーの素性を知ることができた。
実は彼は投資会社の社長であり、莫大な損失をだしたせいで市長に告発され逮捕されていた。
その腹いせにテロを起こし、さらに株価を大暴落ささえようと企んでいたのだ。
ガーバーはライダーに身代金を渡しに行く際、電車に載せられる。
そこでライダーと落ち合ったガーバーは隙をついて逃げ出すことに成功。
立場が逆転し、ガーバーがライダーを追跡射殺する。
無事にガーバーは帰路についた。

サブウェイ123 激突 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:105分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:トニー・スコット
  • キャスト:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン etc

サブウェイ123 激突 批評 ※ネタバレ

映画『サブウェイ123 激突』について、感想批評です。※ネタバレあり

トニー・スコット監督の才能が光るスタイリッシュアクション

トニー・スコット監督といえば映画のスピーディーな展開が特徴。
さらに普通のアクションや殺人事件をスタイリッシュでオシャレなものに仕上げてしまう、不思議な才能がある監督である。
あたりまえの映画をトニー風に料理してくれるのが楽しみの1つで、この監督にかかれば全てが彼の色に染まり独特な世界観を持つことになる。
見ているといつのまにか引き込まれ、見終わったあとも他のえ以外は無いような余韻に浸ることができる。
本作もまさにしっかり作り上げられたアクション映画であり、思った以上に良い仕上がりとなっている。

トラボルタの悪役は迫力があり問答無用

正義のヒーローの役が来てもおかしくない大物俳優であるにも関わらず、悪役を演じさせたら彼の迫力に勝るものは無い。
逆にデンゼル・ワシントンは正義のヒーロー顔であり、悪役をやらせるとどこか頼りなく見えてしまう。
そういう意味でもこの2人のチョイスは絶妙であり、ストーリーを一際盛り上げている。

アメリカらしい日常の恐怖感がリアルであった

日本では考えにくいがアメリカでは想像の範囲内のテロ行為のように思う。
特に地下鉄職員が突然犯人と交渉させられたり、銃社会ならではの本人たちの危機回避能力などはリアリティがあり見ている側もハラハラさせられた。
警察VS犯人になりがちだが、最後まで主役はあくまで地下鉄職員のガーバーでありそこに感情移入しやすい人が多かったのではないだろうか。

手軽にみることができる娯楽作品

なんにせよこの手のジャンルは見やすいのが特徴。
暇つぶしでも、本気でもどちらにしても楽しむことができるのが良い。
本作品もそんなに好みではない人が見てもそれなりに楽しめる映画で人気がある。

サブウェイ123 激突 感想まとめ

ジョン・トラボルタここに健在という悪役っぷりである。
今をトキメク若手俳優が起用されたアクション映画ももちろん楽しめるのだが、馴染み深い大物俳優が今でも頑張っていると思うと見る気も起こるものである。
以前とは違う味があるトラボルタとデンゼル・ワシントンの魅力は昔より光っているように思う。

また日常的なドキュメンタリー要素も含む事件をテーマにしているところも、何が起こるか予想ができない現代社会の中で身近に感じ共感を得たのではないだろうか。
いずれにしろ好き嫌いがそんなに別れないタイプのジャンルであり、いつでもどんな時でも見れるカジュアルさがお気に入りである。
タイトル的にも地味さは否めないが、レンタル店やTV放送などで流れるならぜひ観たい作品の1つである。

Amazon 映画『サブウェイ123 激突』の商品を見てみる