映画『パーフェクト・センス』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「パーフェクト・センス」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・センスの概要:原因不明の病によって五感が失われていく世界で出会った、スーザンとマイケル。互いに惹かれ合う二人にも、容赦なく病が襲い掛かる。観ると大切な人に会いたくなる、究極の愛の物語。

パーフェクト・センスの作品概要

パーフェクト・センス

公開日:2011年
上映時間:95分
ジャンル:SF、ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:デヴィッド・マッケンジー
キャスト:ユアン・マクレガー、エヴァ・グリーン、ユエン・ブレムナー、スティーヴン・ディレイン etc

パーフェクト・センスの登場人物(キャスト)

マイケル(ユアン・マクレガー)
シェフ。五感が鋭く、人と一緒に眠れない為、女にはモテるが長続きしない。女関係は雑だが、仕事にはプライドを持って取り組んでいる。
スーザン(エヴァ・グリーン)
感染症研究者。恋人にフラれたばかり。冷静で、落ち着いた女性。自分の体にコンプレックスを持っている。

パーフェクト・センスのネタバレあらすじ

映画『パーフェクト・センス』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パーフェクト・センスのあらすじ【起】

嗅覚を失ったある男が、検査のため病院に軟禁されていた。この24時間で、同様の症状を訴えるものがイギリス国内でも100人以上、さらに世界中で次々確認されている。発症者は、まず深い悲しみに暮れ、そして嗅覚を無くす。感染症研究者のスーザンは、この病の研究チームに指名された。

病の原因を探っても、今一つはっきりしない。ウイルス性ではなさそうだから、感染はしないだろう。そう結論付けたスーザン達の思いをよそに、発症者は世界各地で続出する。重症臭感障害症候群、“SOS”と名も付いた。WHOの警戒レベルが5に上がり、街にはマスク姿の人々が多く見られた。

私生活でのスーザンは、恋人に捨てられたばかり。そこへ来ての新型病は気が重いが、良い出会いもあった。アパートのはす向かいのレストランに勤めるシェフ、マイケルだ。恋人にフラれて再開したタバコをきっかけに、言葉を交わすようになった二人。SOSのせいで閑古鳥が鳴いているレストランにスーザンを誘い、マイケルが手料理を振る舞う。すると、機嫌よく食事を頬張っていたスーザンが、突然泣きじゃくり始めた。亡き父との想い出が溢れ出したという。

感染を恐れ遠慮するスーザンにかまわず、彼女を部屋まで送るマイケル。泣き疲れて眠るまで抱きしめてやろうと、横になる。しかし、すぐにマイケルも泣き始めた。そして翌朝、二人は嗅覚を失った。

パーフェクト・センスのあらすじ【承】

人々は、やがて嗅覚無しの生活に慣れていく。レストランでは、鼻詰まり用のメニューが開発された。スパイスや塩、砂糖を多用し、味を濃く、刺激を強くした料理が普通になる。香りの楽しみは、言葉や音で補えた。元々感覚が鋭く、他人がいると眠れなかったマイケルは、スーザンと朝まで共に眠りたがるようになっていた。嗅覚を奪った病は、臭いに伴う思い出まで、人々の記憶から消し去ってしまった。

世間には、様々な憶測が飛び交った。化学物質の副作用説、新型ウイルス説、テロ説、神の怒り説。国家間関係は緊張し、宗教熱は高まっていく。そして、一人また一人と、正気を失い錯乱する。ひどい孤独感と、死への恐怖に襲われるのだ。その後、猛烈な飢餓感がやってくる。生肉でも口紅でも、飲み込めるものなら何でも貪り食べる人々。スーザンは花を、マイケルはケチャップやマスタードを腹に詰め込んだ。すると突然、正気に戻る。そして、味覚が無くなっている事に気が付いた。

レストランは、特別な時間を楽しむ場所へと変わった。マイケルが考え出す、食感や、音、温度や視覚で楽しむメニューは人々に称賛された。しかし、味覚は人々から大切な何かを奪ったようだ。マイケルとスーザンは髭剃りクリームを舐め、石鹸をかじり、泡を吹いて笑った。

ハイになったスーザンは、「特別な人ゲーム」を提案する。誰にも言っていない秘密を打ち明け合うのだ。スーザンは、二人の子を持つ姉が憎いと告白した。食生活が原因で起きた卵巣の病気で、彼女は子供が産めない体になっていた。マイケルは、かつて結婚まで考えた恋人が、重病を発症したから捨てたと打ち明けた。この罪悪感を一生背負っていくつもりだったが、墓参りの間隔は延びていき、年一回になっている。スーザンは、自分が相手の特別な人になれた事を喜んだ。二人ともろくでなしの、ろくでなしカップルで構わなかった。

パーフェクト・センスのあらすじ【転】

タイの研究所から、速報が届く。聴覚が失われ始めたのだ。まず怒りや憎しみに駆られ、そして無音になる。スーザン達が見守る中継画面の前で、タイ人の研究者が発症し、暴れだす。病の原因は不明のままだった。発生後に生まれた新生児から、抗体を作り出すプロジェクトが発案された。

イギリスにも、聴覚障害の波が襲ってきた。マイケルのレストランがあるビルにも発症者が出て、辺り一帯は封鎖となる。レストランは閉鎖となり、代わりに発症者に配る食事を作る拠点となった。スーザンはアパートに近寄れなくなり、マイケルの部屋へと身を寄せる。

思いがけず、同棲を始める事になった二人。街には鐘の音やサイレン、人々の怒号が響きわたっているが、思わず笑みがこぼれてしまう。しかし、それは束の間の甘い時間だった。マイケルの表情が次第に歪んでいき、スーザンに暴言を吐く。物を投げつけ、家具を壊し、怒鳴り散らす。スーザンは慌てて部屋を出て、車に乗り込み、逃げ出した。

我に返ったマイケルを待っていたのは、無音の世界だ。完全防護服を着た男達が現れ、マイケルを家に閉じ込め、パックに入った食事を置いていく。後悔の念に駆られたマイケルは、スーザンに電話をかけた。正気じゃなかった、愛しているから戻って来てくれと、返事も聞こえないのに語り続けるマイケル。しかし、スーザンの携帯電話は、研究所の床に投げ捨てられていた。スーザンは、無人の研究所で、一人泣きわめき暴れていた。

パーフェクト・センスのあらすじ【結】

マイケルはレストランのオーナーと店を再開させ、スーザンは姉の元に身を寄せていた。略奪や絶望に飲み込まれる人も少なくないが、多くの人々は、耳が聞こえなくてもコミュニケーションを取る方法を考え、なんとか日常を取り戻そうと努めていた。ボディランゲージや筆談で会話を楽しみ、クラブでは楽器や機材に身を寄せて、振動で音楽を感じるようになる。

そして、人々は次に起こるかもしれない事態に備え始めた。目を覆って歩く練習をし、芸術観賞や読書を楽しむ。手を握り合い、動物の柔らかな毛並みを慈しむ。

ある日、その感覚は突然やってきた。幸福感だ。言いようのない幸せな気持ちに包まれ、それを誰かと分かち合いたくなる。家族は、友人達は、恋人達は、抱き合ってその瞬間を噛みしめた。マイケルは自宅で、スーザンは姉の家でその感覚に襲われ、お互いがお互いを求めて走り出した。スーザンはレストランに行くが、そこにマイケルはいない。マイケルはスーザンのアパートに行くが、そこにスーザンはいない。ようやくお互いを見つけ、駆け寄り、手を取り合った時にはもう遅かった。世界は、闇に包まれた。

スーザンとマイケルは、触れ合った唇の感覚や、頬と頬の間を流れる涙の感触で、お互いの気持ちを確かめ合った。呼吸や、鼓動を感じ合った。その感覚に生きている証を見つけ、人生は続いていく。闇の中で、スーザンはそう思った。

Amazon 映画『パーフェクト・センス』の商品を見てみる