映画『フェノミナン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「フェノミナン」のネタバレあらすじ結末

フェノミナンの概要:とある田舎、何事にも平凡な男性が誕生日の夜、不思議な光を目にした。彼はその後、思いもよらない天才的な能力を発揮し始め、そのお陰でFBIまでやって来る始末。だが、その頭脳には限りがあった。ジョン・トラボルタ主演の切なくも悲しいラブストーリー。

フェノミナンの作品概要

フェノミナン

公開日:1996年
上映時間:123分
ジャンル:ファンタジー、ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:ジョン・タートルトーブ
キャスト:ジョン・トラヴォルタ、キーラ・セジウィック、フォレスト・ウィテカー、ロバート・デュヴァル etc

フェノミナンの登場人物(キャスト)

ジョージ・マレー(ジョン・トラボルタ)
田舎町に住む独身男性37歳。レイスに好意を持っている。得意なことは、車修理と野菜を育てること。優しい性格でみんなに愛されている。
レイス・ペンナミン(キーラ・セジウィック)
2児の母でオリジナル椅子の制作をしている。金髪で美しく包容力のある女性。
ネイト・ポープ(フォレスト・ウィテカー)
ジョージの親友で黒人男性。独身。趣味は無線で、ダイアナ・ロスをこよなく愛している。
ブランデー先生(ロバート・デュヴァル)
ジョージの主治医。修理工場向かいのビル2階に診療所を開いている。父親のようにジョージの成長を見守ってきた人物。
ジョン・リンゴールド博士(ジェフリー・デマン)
地震学者。ジョージの能力を目の当たりにして、各専門学者への繋ぎを作ろうとしてくれる。

フェノミナンのネタバレあらすじ

映画『フェノミナン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

フェノミナンのあらすじ【起】

田舎町に住む独身のジョージは、車の修理工をして生活を送っている。得意なことは野菜を育てること。目下の悩みはウサギの侵入経路で、温厚な彼は町人たちとも仲良くしていた。
修理工場の片隅ではガレッジセールを行っており、そこへ定期的に椅子を作って持ってくる女性がいる。レイスは2児の母だが、彼女へと密かに恋心を寄せているジョージ。彼はどこにでもいるような、平凡で温厚な男性だった。

その日の夜、バーで行われる自分の誕生日パーティーへ参加したジョージ。パーティーには親友のネイトを筆頭に、たくさんの人たちがお祝いに駆け付けてくれ、幸せな気分を味わう。
夜も更け、来てくれた客人を送り出した時だった。バーの外で1人、夜空を眺めていたジョージだったが、向かって来る強い光を目にする。それは猛スピードで彼へと迫りぶつかった。反動で倒れたジョージは一瞬、意識を失う。

すぐさま覚醒してバーへと戻ったが、中では主治医のブランデー先生とバーのマスターがチェスをしており、光のことについては誰も知らないと言う。ジョージは凄い光だったと言いながら、片手間にチェスの駒を動かしてブランデー先生に勝利。その後は帰宅した。

しかし、帰宅したはいいものの、一向に眠気がやって来ない。ジョージは思い立って夜中にも関わらずネイトに電話。謎とされていたウサギの侵入経路が分かったのだ。だが、ネイトは相手にせず電話を切ってしまう。

翌朝から突然、話せなかったスペイン語を話せたりと異変が現れる。だが、当の本人はいつも通りで深く考えなかった。
誕生日から9日が経過。あの日以来、彼は不眠で日に2、3冊の本を読み、頭が冴えて集中力が増したと話す。ジョージはその後も独自に様々な物を開発し、みんなの生活や利益を考えて活躍した。

ある日の夜、ネイトの自宅へとやって来たジョージ。ネイトの趣味は無線の送受信だったが、たまにコンピューター送信の音もキャッチすることがあった。ジョージはそれを聞いて意味が分かると言う。それは、モールス信号による謎めいた暗号だったが、彼は暇つぶしに暗号の解読をするらしい。不眠の彼は夜の12時間が、とてつもなく長く感じるようだった。ジョージはネイトに頼んで、米軍基地に暗号を返信した。

フェノミナンのあらすじ【承】

誕生日から1カ月後、自分に念力まで備わっていることに気付いたジョージは、とうとうただ事ではないとブランデー先生の診療所を訪ねた。先生はジョージの話を信じると言う。
一方、レイスとの恋には進展がなく、彼女は頑なにジョージの好意を受け入れないのであった。

ジョージは一考を案じた。レイスを落とすには、まず子供達から落とした方が早い。彼はレイスの子供達の協力を得て花束を作った。そして、彼女の家へ向かう。
レイスは自宅で椅子作りに励んでいた。しかし、彼女は過去の経験から静かに暮らしたいと話す。ところが、ジョージは彼女との散歩中、地盤から地震の前触れを感じてしまう。それは、普通の人間には感じられないもので、超低周波の圧縮波なのだった。

ジョージはすぐさま、地震学者のリンゴールド博士に地震予測の電話をかけるも、相手にはされず。唯一、レイスだけが彼の言うことを信じた。和やかな夕食を済ませ、ジョージが帰路につくと途端に地震がくる。レイスは子供達を連れてジョージを追いかけた。

自宅に着いたジョージは、予測通りに地震が起こったことに喜色満面としていたが、そこへレイスがやって来る。彼女はジョージの家に自分が作った椅子が大量にあることに気付き、ショックを隠し切れずに嘘を吐いて欲しくないと言い、怒って帰ってしまう。

数日後、地震学者のリンゴールド博士がジョージを訪ねて来る。そこへ、食中毒を起こしたポルトガル人の話を聞くために呼び出しがあり、博士とジョージはポルトガル人の元へ向かった。ジョージは到着までの20分の間、ポルトガル語の日常会話をマスター。幼い子供の行方を捜す。どうやら、その子も食中毒らしい。ジョージは少年と同調し、居場所を捜し当てる。
リンゴールド博士はジョージの驚異的な能力を目にし、つてを通じて学者たちへと声をかけることにした。
だが、町人たちは彼の驚異的な能力を次第に恐れ始める。

フェノミナンのあらすじ【転】

町へ来たジョージ。雑貨屋の店先でレイスを発見。彼女に椅子のことを謝り、学者たちと話をするためにバークリーへ行くことになったと話す。そして、一緒にレイスも行かないかと誘う。彼女は彼と仲直りすることにし、待ち合わせ場所を決めた。

自宅へ戻ったジョージだったが、家の前に多数の車と人がいる。不審に思ったジョージは自宅へ入り、事の真相を知る。軍の暗号を解読し、返信したことがバレたのだ。ネイトとジョージはFBIに捕まってしまった。

ネイトはすぐに保釈されたが、ジョージは軍に勾留され、様々なテストを受けさせられる。その日は、レイスとの約束の日だった。早く帰りたいのに、軍は帰してくれない。
夜遅く、ようやく解放されたジョージ。レイスの家へ向かい彼女と話した。FBIは解放してくれたが、監視は続くだろう。

バーに寄ったジョージはネイトと会話をする。教授との会合もできなくなり、彼は溢れんばかりのアイデアを生かすことができなくなった。町人たちは腫物を触るかのように接触してくる。ジョージは鬱憤を吐き散らし、思わずバーの鏡を念力で割ってしまう。そのせいで更に、町人たちとの間に溝ができてしまった。

よりよい生活を目指すためのアイデアを、町人たちと共有したいだけのジョージ。それなのに誰もが彼を恐れ、近付いて来ない。ジョージは苛立ってばかりいる。心配したブランデー先生は、彼に脳検査を受けるよう促した。

町ではジョージの噂で持ち切りだった。そんな中、レイスは彼の家を訪ねる。ジョージは疲れ切った様子で町人に説明がしたいと話す。彼女は見兼ねて彼の髪を切り、髭を剃って身綺麗に整えた。ジョージにとってただ1人、色眼鏡で見ない女性がレイスだった。

フェノミナンのあらすじ【結】

図書館のバザーが開催。2か月でジョージが読んだ難解な専門書は100冊を超える。彼のブースには、たくさんの人々が集まった。そこには、テレビカメラもFBIも来ている。ジョージは必死に説明をしようとするが、好奇の目に晒された彼は、大勢の人々に詰め寄られ倒れてしまう。そこで彼は再び、あの光を見た。

病院へ搬送されたジョージは精密検査を受ける。病室にはブランデー先生と、レイスにネイトがやって来た。彼らは一様に悲しそうな表情をしている。意を決した先生が、彼に病状を告知。ジョージの脳に腫瘍が見つかったと言うのだ。だが、腫瘍は四方に突起を伸ばし、それぞれの機能を刺激しているらしい。故に、彼は飛躍的な能力を発揮したのだった。

このアストロトーチと呼ばれる腫瘍は主に、吐き気やめまい、光の幻想を見たりする。他の機能を刺激するのは大いなる謎だが、放っておけば脳出血を起こし、衰弱して昏睡状態に陥る。いずれにしても、生い先は短い。
ジョージはレイスと2人きりにしてもらう。あとどれぐらい、生きられるか分からない。けれども、ジョージは彼女に死ぬまで傍にいて欲しいと願った。すると、彼女は自分が死ぬまで愛すると言う。2人は互いに惹かれ合っていたのだった。

脳外科の権威と話したジョージ。医師は手術させて欲しいと話すも、成功確率はほぼ皆無だと言う。ジョージはそれを断って帰ることにした。生きている間に、できる限りのことを伝えるのが必然と思ったのだ。
ジョージは病院から脱走し、自宅へ向かう。ネイトに書き溜めていたアイデアの束を渡し、今後の準備をした。

自宅にはレイスがいた。ジョージはレイスと子供達との生活を開始。レイスとジョージは束の間の蜜月を過ごす。
ある夜、ジョージが唐突に別れを言い出した。いよいよ最期の時が迫っているのだ。その晩、愛しい彼女の腕に抱かれ、ジョージは静かに息を引き取った。

翌日、リンゴールド博士が訪ねて来る。ジョージが最期まで書いていた書類を手渡したレイス。彼女は博士が去った後、自宅のポーチにて号泣。2人の子供達を膝に抱き、風に揺れる木をいつまでも眺めた。

1年後、ネイトが所持する枯渇した広大な土地には、トウモロコシの畑が広がっていた。すべてジョージの指示通りにやった結果だ。ジョージが残したメモにより、町人たちの誰もが潤った。故に、彼の誕生日には故人を偲んでパーティーが開催され、大勢の人々が集まるのだった。

Amazon 映画『フェノミナン』の商品を見てみる