映画『ピアニスト(2001)』あらすじネタバレ結末と感想

ピアニスト(2001)の概要:『ピアニスト(2001)』は、母親の言うままに生き、ファッションも恋愛も楽しむことなく抑圧された人生を歩んできた39歳のピアノ教師が、魅力的な若い青年との出会いを通して変化する様を描いた作品。

ピアニスト あらすじネタバレ

ピアニスト
映画『ピアニスト(2001)』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ピアニスト あらすじ【起・承】

ウィーンの名門音楽院でピアノの講師として働くエリカは、39歳にして母に逆らうことができず、帰宅時間からファッション、恋愛に至るまですべて母の言う通りに生きて来た。
抑圧された人生を送ってきたエリカは、母親に隠れてポルノショップに出入りし、夜の駐車場で他人の情事を覗くなどの性癖を持っていた。

少し異常な性癖を持っているという事以外はすべてに於いて真面目で、感情を表に出すこともなく鉄仮面のよう。
そんなエリカだったが、ある演奏会で出会った工学部学生の青年・ワルターと接するうちに変化を見せる。

生まれてこのかた異性と付き合ったことのないエリカは、若い魅力的なワルターに求愛されて動揺する。母親の抑圧のせいで異性と付き合うことが「よくない事」と思ったのか、慣れないためか、エリカは拒む。
しかしワルターはエリカを諦めず、彼女が働く音楽院を受験して合格した。元々ピアノの才能があったワルターは、エリカに会うためだけに音楽院に入ったのだ。

音楽院の学生の演奏会を控え、その日はリハーサルが行われていた。エリカの生徒もピアノを弾くことになっていたが、その女子生徒は極度に緊張していた。ワルターは緊張をほぐすために彼女に優しく接する。
それを見ていたエリカは、嫉妬のあまり彼女のコートのポケットに割れたグラスの欠片を入れ、怪我を負わせてしまう。

騒ぎの中エリカは女子トイレに駆け込むが、ワルターが追ってきてエリカを抱きしめる。エリカはついに拒むことはせず、キスを受け入れて口と手で性行為を行う。だが、ワルターが自分に触れることを許さず、微妙な空気になって失敗する。
しかし、エリカがすっかり自分の想いを受け入れてくれたと思ったワルターは「次はうまくいく」と前向きにとらえる。

ピアニスト あらすじ【転・結】

個人レッスンの場で、ワルターは今後の二人について嬉しそうに提案するが、エリカはただ手紙を渡す。これを読んでどうするか決めてほしいという。
しかしその夜、手紙を読まないままワルターはエリカの自宅に押し掛ける。

自室に閉じこもって母親を遠ざけ、そこでワルターに手紙を読むように言う。「顔を殴れ」「紐で縛れ」「尻を舐めろ」「全裸で顔の上に座れ」などという、マゾヒスティックな「ルール」の数々に、ワルターは幻滅してしまう。そのままエリカに蔑みの言葉を放ち、出ていく。

エリカはワルターの許しを請うため、アイスホッケーをするワルターを訪ねる。ここでも自ら口での奉仕をするが、嘔吐してしまいさらに幻滅される。

消沈していたエリカの元に、突然ワルターが訪ねてくる。ワルターはエリカの希望通りに母親を閉じ込め、顔を殴り罵りながらエリカを犯した。
想像していたものとは全く違う現実にエリカはただ恐怖し、泣くばかりだった。

演奏会当日。目元に赤いあざが残ったまま、エリカは出かける支度をする。鞄の中にナイフを忍ばせた。
家族や生徒との挨拶を済ませ、会場に入る観客の中からワルターを探して待つが、現れたワルターは何事もなかったかのように明るく挨拶して他の生徒と会場に入って行った。

黙って見送ったエリカは、鞄に忍ばせたナイフを取り出して左胸に一突きし、そのまま外に出ていくのだった。

ピアニスト 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2001年
  • 上映時間:132分
  • ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ、音楽
  • 監督:ミヒャエル・ハネケ
  • キャスト:イザベル・ユペール、ブノワ・マジメル、アニー・ジラルド、アンナ・シガレヴィッチ etc

ピアニスト 批評・レビュー

映画『ピアニスト(2001)』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

超問題作

タイトルとパッケージだけでは、こんな映画だとは思いもつかない。ラブロマンスだと思って観たらとんでもなく難解で苦痛なものだった。
全編通して観ていて居心地が悪く、苦痛でしかない。ワルターの明るさがせめてもの救い。

今でいえば、エリカの母親は娘に依存する毒親でしかなく、どれほどつらい人生だったかはよくわかる。仕事中に何度も電話をかけてきたり、娘が買った服を「こんなもの着るべきじゃない」と破ったり、ワルターと自室に閉じこもった後は「ここで娼館でも開けばいい」とあからさまにため息をついたり、観ていて殴りたくなるくらいひどい。
生活もピアノも全部母親の言う通りこなしてきたエリカがああいった性癖に走るのも理解できないことはない。
ラストシーンで、自ら左胸をナイフで突くところは印象的である。常に無表情のエリかが、突然鬼の様な形相になり胸を突くのである。その間、映像は無音で、その後に続くエンドロールも無音。最近では『アメリカン・スナイパー』のエンドロールが無音だったことが異例として取り上げられていたが、それよりもこっちの方が印象的である。最後まで苦痛。解釈は観る人によるとは思うが、言い方は悪いが結局投げっぱなしである。

エリカが刺したところは心臓からは離れていて、肩に近く、あれで死ぬのかどうかは疑問だが、自ら刺すことには意味があったと思う。そのまま演奏会も何もかも放り出して出ていく。全てを放棄したエリカはやっと母親から解き放たれて自由になり、ワルターとも別れを告げたのである。

ピアニスト 感想まとめ

ハネケ作品なので、後味の悪さは予想しつつ観たがこれほどまでとは思わなかった。序盤はわりとまともな方で、これからワルターとのロマンスが始まるのかと思い(たかった)、しかし生徒に嫉妬してガラスを忍ばせたあたりから一気に転がり落ち、絶望のラスト。
ワルターは憧れの年上知的美女がとんでもない性癖を持ったこじらせ女だったわけだから、どれだけガッカリしたかは計り知れない。
この映画から何をどう読み取るかは本当に人それぞれ。一見の価値はある名作だと思うが、私は二度と見ようとは思わない。

Amazon 映画『ピアニスト(2001)』の商品を見てみる