映画『PiCNiC』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『PiCNiC』のネタバレあらすじ結末

PiCNiCの概要:精神病院で出会った3人の男女。3人は地球の終わりを見に、病院を抜け出し塀の上を歩いて冒険に出る。現実と夢の狭間を旅していく3人の、地球の終わりを描くファンタジードラマ。岩井俊二監督の独特な雰囲気が、見事に醸し出されている。

PiCNiCの作品概要

PiCNiC

公開日:1996年
上映時間:68分
ジャンル:ファンタジー、ヒューマンドラマ
監督:岩井俊二
キャスト:Chara、浅野忠信、橋爪浩一、六平直政 etc

PiCNiCの登場人物(キャスト)

ココ(Chara)
黒を好み、カラスを捕まえ羽を毟ってジャケットを作る。無邪気で常識に欠けている。双子の妹に偽物扱いされ、妹を殺している。
ツムジ(浅野忠信)
小学校の先生にいじめられた事をきっかけに、幻覚を見ている。無口な青年。雨の日に担任だった教師を刺殺した過去を持つ。雨がトラウマ。
サトル(橋爪浩一)
明るくひょうきんだが、臆病。ココが好き。精神年齢は低い。

PiCNiCのネタバレあらすじ

映画『PiCNiC』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

PiCNiCのあらすじ【起】

ココはとある事情にて、精神病院へ連れて来られた。彼女の精神年齢はとても低く、物事の善悪や常識を良く理解出来ていなかった。看護師から乱暴に扱われ、カラスの羽のジャケットを取られそうになったココ。激しく抵抗してジャケットだけは死守した。

病院の生活に慣れた頃、サトルという青年に声を掛けられる。軽いノリで調子が良い。サトルはココの事が好きだった。サトルの部屋はツムジの隣だ。ツムジはどちらかというと無口な方で、黙々と本を読んでいる事が多かった。ツムジは事ある毎に幻覚を見る。それは、常に彼を責め立てて苦しめるのだった。

ココは窓辺に寄って来たカラスを捕まえて羽を毟った。そして、その羽で自分のジャケットを飾り立てる。白い病院服が気に入らなかったので、衣服を絵の具で真っ黒にして鏡の前に立つ。彼女は真っ黒な自分に満足して笑った。

PiCNiCのあらすじ【承】

そんなある日、ココはサトルとツムジが塀の上に登っているのを発見する。その辺に捨てられていたボロボロの黒い傘を拾って、塀の上を歩いて冒険すると言う彼らについて行く。
病院の塀を端まで来た3人。これ以上は進んだらいけないと言うサトルとツムジ。彼女は何気ない顔で境界線をまたいだ。ツムジもまた、彼女を追って境界線を飛び越える。ただ、サトルだけは臆してしまい、境界線は越えられなかった。

ツムジとココはどんどん塀の上を進む。塀が続く限り、どこまでも行けそうだった。進んで行くと教会があった。そこからは、讃美歌を練習する声が聞こえている。ココは讃美歌を口ずさみながら立ち止まる。しばらく聞いていると、教会の神父が出て来た。

ツムジは地球の滅亡を毎日、神様に祈っていると神父に言う。だが、ココは地球がいつ終わるかを知っている。彼女に言わせれば、地球はココが産まれた時に始まり、ココが死ぬ時に終わると言うのだ。そして、彼女を作ってくれた両親がココの神様なのだ。
そんなはずはないと、ツムジとココは口論になる。優しい神父は、2人は酷い勘違いをしていると言って聖書をくれた。ツムジとココは、それを読みながら病院へ帰った。

病院に帰ると脱走を図ったと言われて、2人は拘束される。ベッドに雁字搦めにされ、注射を打たれた。2人は1晩、地下の保護室という場所で拘束されたまま過ごした。

PiCNiCのあらすじ【転】

次の日、解放されたココとツムジは屋上にいた。聖書を読み耽るツムジ。そこへ、サトルがやって来る。ツムジは世界に終わりが来ると言う。もうすぐ地球が滅亡する。ツムジはもう神様を信じているから救われるが、神様を信じないサトルとココは救われず、地獄行きとなるらしい。それなら救われる為に、地球の最後を見に行こうとココが叫んだ。

俺も救われたいと言うサトルも連れて、ココとツムジは病院を抜け出し、塀の上を進んで行く。奇妙な3人組は塀の上をひたすら進んだ。広場を通り過ぎ、大きな川を渡りビル群を抜けて行く。途中、警官が現れて彼らを捕まえようとしたが、やり返したツムジが拳銃を奪った。

ココは人形を拾い、ツムジは拳銃を持っている。2人が羨ましいサトルは、自分も何かを見つけようとしてごみ袋を漁った。遅れているサトルを置いてツムジは先に進む。サトルは2人から、はぐれてしまった。サトルを待とうと叫ぶココをも置いて、ツムジは進み続ける。ココもツムジからはぐれてしまった。

ツムジとココを探して1人で塀の上を走るサトルだったが、足を踏み外して塀の下に落ちてしまう。彼は大怪我を負ってしまい、原っぱを彷徨い歩いた挙句、塀の上にも戻れずに命を落とした。

PiCNiCのあらすじ【結】

塀の上を進んでいると、雨が降って来た。ツムジは雨がトラウマだ。彼は現れた幻覚を消そうと必死に足掻く。泣きながら蹲るツムジの元に、ようやく追いついたココは彼を宥めた。
ツムジは小学校の担任だった先生にいじめられ、恨みを募らせて雨の日に殺したと言う。そして、ココは双子の妹を殺していた。妹がココを偽物扱いしたからだった。
深い罪の意識から逃れられないツムジが泣き叫ぶ。ココは彼を救う為に、地球最後のキスをした。

2人は海に辿り着いた。灯台までの道を、手を繋いで歩いて行く。時刻はすでに夕方。持って来たバスケットを開いてランチにする。中には何も入っていなかったが、2人はサンドイッチのようなものを食べて満足したようだ。

地球の終わりを延々と待つ。だが、いくら待っても地球の終わりはやって来なかった。終わりが来なければ、ツムジは救われない。彼はピストルで太陽を撃って爆発させようと発砲したが、当たるはずもなく。
ココがツムジからピストルを奪い取った。地球を終わらせるには、やっぱりあたしが死なないとダメみたい。ツムジの罪も洗い流してあげる。ココは銃口を自分の頭にあてて、躊躇いもなく引き金を引いた。最後の一発だった。
舞い散る黒羽の中、倒れるココを抱き締めてツムジは叫んだ。

Amazon 映画『PiCNiC』の商品を見てみる