映画『ピンポン』あらすじとネタバレ感想

ピンポンの概要:2002年に公開された、曽利文彦監督、宮藤官九郎脚本の作品。主演は窪塚洋介。卓球に青春をささげた、男子たちの熱い友情と絆をテーマにした映画。原作は松本大洋の人気マンガ。

ピンポン あらすじ

ピンポン
映画『ピンポン』のあらすじを紹介します。

幼馴染の星野裕(通称ペコ)と月本誠(通称スマイル)は、ペコに誘われて始めた卓球を続けている。
高校の卓球部に入ったスマイルと、サボってばかりのペコだが、ペコの目標は卓球で1等賞を取ること。

インターハイの予選には、たくさんの強者が集まっていた。
中国から引き抜かれてきた留学生の孔(通称チャイナ)、卓球の名門高校のエースである風間(通称ドラゴン)。
手を抜いて試合をするスマイルに対し、コーチは”負けたら言いなり”という条件を突きつける。
チャイナに完敗したスマイルは、コーチの猛特訓を受けるハメに。

一方のペコは、幼馴染でドラゴンのいる名門校に進学した佐久間(通称アクマ)に完敗。
落ち込んだペコは、卓球から離れていってしまう。
単独、スマイルに勝負を持ちかけたアクマは力の差を見せ付けられ、卓球をやめてしまう。

アクマに卓球を続けるべきだと言われたペコは、卓球の世界に戻る決意をする。
ペコに最初に卓球を教えた卓球場のオババに頼み込んで、ペコは1から卓球を特訓しなおす。
スマイルは今までないがしろにしていた部員たちとの関係を修復し、ペコは再び”卓球の1等賞”を目指して邁進する。

そして1年ぶりのインターハイ予選。
一回戦でチャイナと当たったペコは圧勝。
駆けつけたアクマが見守る中、ペコ、スマイル、そしてドラゴンは順調に勝ち進んだ。
ペコは右膝に爆弾を抱えているにも関わらず、ドラゴン、そしてスマイルと卓球で戦う道を選ぶのだった。

ピンポン 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2002年
  • 上映時間:114分
  • ジャンル:青春、ヒューマンドラマ
  • 監督:曽利文彦
  • キャスト:窪塚洋介、ARATA、サム・リー、中村獅童 etc

ピンポン ネタバレ批評

映画『ピンポン』について、感想批評です。※ネタバレあり

スキャンダルにも負けない独特の世界観

本作が公開された数年後、主演の窪塚洋介が高層ビルから転落するなどスキャンダルが起こったため、最初のシーンで川に飛び込む時の台詞が悪い目立ち方をしてしまった映画。
しかし映画の内容は良く出来ており、卓球を知らない場合でも、ペコやスマイル、ドラゴンといった濃いキャラクターの動きだけで試合シーンを楽しむ事が出来る。

滅多に笑わないが笑った顔がとても可愛いというスマイルと、奇抜なヘアスタイルに”卓球で世界1等賞”という目標を持つペコが、お互いに影響を与えながら成長していく姿が印象的。
登場人物は覚えやすいあだ名で呼ばれており、中国からの留学生を”チャイナ”と呼ぶなど、ストレートな由来なので簡単に把握する事が出来る。

ドラゴン対ペコの試合にはVFX技術やCG技術をふんだんに使用し、背景を真っ白にして2人だけの試合空間や、独特の時間の流れを作り出すことに成功している。
純粋な卓球映画ではなく、万人向けの独創的な作品だ。

卓球を知らなくても登場人物の成長を楽しめる卓球映画

まるでサラリーマンのようだと称されたスマイルが、コーチとの賭けに負けたことから猛特訓を受けるハメになり、相手の境遇や立ち位置を哀れんで自ら手を抜いて負けるという行為をやめ、純粋に自分のヒーローであるペコと戦いたいと成長する姿が見ていて気持ちいい。
奇抜な行動が多いペコも、負ければ悔しがって大泣きする子供のような一面を捨て、人間として成長する姿がしっかり描かれている。
最初に川に飛び込む際、「月にタッチするのは簡単なことだ」と言った意味が、中盤になってから再び同じシーンを繰り返し、その意味がスマイル(月本)だとわかる仕組みになっている構成は面白い。
だが、幼少期のペコとスマイルの回想シーンが多用されるのは、テンポよく進むストーリーが毎回躓くので、見ていて面白味に欠ける。

インターハイ決勝の結果を、写真だけで表しているのは物足りないような感覚を覚えるが、ドラゴンとの試合に時間をかけているので丁度良いだろう。
結局ペコは卓球で世界1等賞を取るべく邁進していったというハッピーエンドは、清々しいものがある。

ピンポン 感想まとめ

ぼっちゃん刈りのようなペコのヘアスタイルや、ドラゴンやアクマが通う海王高校全員のスキンヘッド姿なども注目された作品。
中村獅童は映画初出演作品でありながら、スキンヘッドにいかつい表情の卓球の名門高校のエースを演じきった。
作中に使用した音楽も厳選されたもので、SUPERCAR、石野卓球、BOOM BOOM SATELLITESといったミュージシャンたちから提供されている。

卓球のルールを詳しく知らない人でも楽しめる卓球映画であり、専門的な用語などはほとんど使われておらず、雰囲気だけで卓球というスポーツを楽しめる映画になっている。

2013年に公開された映画「ジ・エクストリーム・スキヤキ」では、ペコ役を演じた窪塚洋介とスマイル役を演じた井浦新が、約10年ぶりに共演を果たした。

Amazon 映画『ピンポン』の商品を見てみる