映画『ピラニア リターンズ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ピラニア リターンズ」のネタバレあらすじ結末

ピラニア リターンズの概要:「ピラニア3D」の惨劇から1年。蘇った殺人ピラニアが、今度はプールで大暴れ!ブラックユーモアやお色気シーン満載のパニック・ホラー。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のクリストファー・ロイドが、ピラニア研究者を怪演。

ピラニア リターンズの作品概要

ピラニア リターンズ

公開日:2012年
上映時間:83分
ジャンル:コメディ、ホラー
監督:ジョン・ギャラガー
キャスト:ダニエル・パナベイカー、マット・ブッシュ、デヴィッド・ケックナー、クリス・ジルカ etc

ピラニア リターンズの登場人物(キャスト)

マディ(ダニエル・パナベイカー)
海洋学を専攻する女子大生。夏休みを利用し、アリゾナ州に帰省する。聡明で、行動力もある。実家のプールが義父に改装され、その下品さが受け入れられない。
バリー(マット・ブッシュ)
「ザ・ビッグ・ウェット」の監視員。ただし、泳げない為、実際は清掃員。マディの幼馴染で、彼女に恋心を抱いている。背が低い事がコンプレックス。マディを想い海洋学の本を読む、善良な優男。
チェット(デヴィッド・ケックナー)
マディの義父。マディの母が遺したプールを改装し、「ザ・ビッグ・ウェット」として新規開店させる。公序良俗より儲けを優先させる、非道な男。
カイル(クリス・ジルカ)
マディが高校時代に付き合っていた相手。長身でハンサムな警察官。帰省したマディと再び良いムードになるが、裏ではチェットと口裏を合わせて金儲けを考え、ここぞという時には逃げ出す卑怯な性格。

ピラニア リターンズのネタバレあらすじ

映画『ピラニア リターンズ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ピラニア リターンズのあらすじ【起】

かつては若者達で賑わったヴィクトリア湖は、今や無人の立ち入り禁止区域となっていた。それもそのはず、一年前に突然蘇った古代ピラニアが人を襲い、血まみれの惨劇が起きたのだ。政府はピラニアを徹底排除し、一帯はどんな生命体も生きられないほどの荒れ地となった。騒動は落ち着いたが、いまだ人々の記憶にピラニアの恐怖は新しかった。

同じアリゾナ州の、クロス湖。行方不明になっていた牛を探し、二人の初老の男が湖に入っていた。水死体となって発見された牛のサラは、腹が異様に膨れている。男達はガスが溜まっていると見立てたが、そうではなかった。ヴィクトリア湖で絶滅したはずのピラニアが、このクロス湖でサラの腹に卵を産み付けていたのだ。孵化したピラニアに襲われ、湖に沈んでいく男達。

そうとは知らず、クロス湖のほとりでは大型プールが開園を控えていた。その名も「ザ・ビッグ・ウェット」。経営者のチェットの発案で、普通のプールエリアだけでなく、大人向けのいかがわしい仕掛けも満載だ。監視員には、美人のストリッパーを揃えた。久々にこの地に帰省した義理の娘・マディは、義父のアイディアが許せなかった。亡き母の遺したプールが、こんな形で改装されるとは思いもしなかったのだ。しかし、プールの大口株主であるチェットには取り合ってももらえず、開宴は二日後に迫ってしまう。

ピラニア リターンズのあらすじ【承】

とりあえず、旧友達との再会を楽しむマディ。元彼のカイルは警察官としてプールを巡回し、監視員のバリーは幼馴染だ。親友のシェルビーやアシュリーも、それぞれのボーイフレンドとの夏を楽しんでいる。

プールのプレオープンを抜け出し、クロス湖で恋人との時間を楽しむシェルビーとアシュリー。シェルビーは裸で湖を泳いでいたが、体に何かが触れ、気分が悪くなって湖を後にする。一方、湖畔に停めたキャンピングカーで、ボーイフレンドといちゃついていたアシュリー。誤って車を操作し、湖に車を沈めてしまう。おもちゃの手錠で車内に繋がれていた恋人はピラニアに襲われ、逃げ損ねたアシュリーもまた、湖で行方不明となってしまった。

翌日、湖の桟橋に腰掛け、友人を心配するマディとシェルビー。その二人を、ピラニアが襲う。間一髪のところで岸まで逃げ戻り、飛びついてきた一匹のピラニアを、岩で殴って仕留める事に成功した。湖で泳いでから体調のすぐれないシェルビーを残し、マディはカイルとバリーを連れ、ピラニア研究をしているグッドマン博士の元へ向かう。

ピラニア リターンズのあらすじ【転】

クロス湖に現れたピラニアは、まさしくヴィクトリア湖で人を襲ったピラニアだった。生き残りが、地底湖を通って移動したらしい。グッドマン博士によれば、古代ピラニアは頭が良く、水道管に使われるような鋼材なら食い破ってしまうという。マディは、実家のプールが排水を湖に流す為、パイプで繋がっている事を心配した。

一人夜のクロス湖に潜り、排水管の塞ぎ口をチェックしに行くマディ。カイルは電話中、バリーは泳げないのだ。案の定、ピラニアに襲われて足を怪我してしまう。彼女は、チェットにプールの開園中止を訴える。しかし、安全より儲けの義父はマディの話に聞く耳を持たなかった。さらに、彼はマディに隠れて井戸を掘っていた。地底湖から水をくみ上げ、水道代を浮かせようというのだ。カイルはそれを知りながら、儲け話に乗るため、警察からもマディからもその存在を隠していた。

その頃、シェルビーの体調はますます悪くなっていた。シェルビーは死ぬ前に恋人に抱かれたいと願うが、彼女の体内にはクロス湖でピラニアの卵が産みつけられていた。セックスの衝撃で孵化し、恋人を襲うピラニア。恋人は陰部を失い、二人は緊急入院だ。

いよいよ不安を募らせるマディ。しかし、プールはついに開園してしまう。開園日には、たくさんの人が押し寄せていた。オープンの目玉は、ライフガードとして呼ばれたTVスターのデヴィット・ハッセルホフだ。順調な滑り出しに、満足げなチェット。井戸も無事に稼働を始めるが、マディはその現場を目撃してしまった。

ピラニア リターンズのあらすじ【結】

とうとう、ピラニアがプールに現れ始めた。子供が足を咬まれるが、親は取り合わない。さらに、女性が一人、プールで魚を見たと言ってパニックになっている。マディは再度チェットに詰め寄るが、自分の目でピラニアを見たのかと聞かれれば、返す言葉が無い。自らプールを駆けまわり、水から上がるよう呼びかけるが、今度はカイルに取り押さえられてしまう。

そうこうしている内に、ピラニアは次々に流れ込んでくる。あっという間に、ヴィクトリア湖の惨劇の繰り返しだ。プールの水が赤く染まり、逃げ回る人々を見て、ようやく事態の深刻さに気が付くチェット。売上金を抱えてカートで逃げ出すが、装飾用のワイヤーに首を落とされ絶命した。

マディは、バートと協力し、何とか人々を救おうと試みる。バートは水を抜くため管制室へ向かい、マディはプールに飛び込んで人命救助だ。しかし、排水が始まると、マディは上手く泳げない。プールサイドにいたカイルに助けを求めるが、血を見て気弱になったカイルは、マディを見捨て逃げ出してしまう。マディを救ったのは、バートだった。彼はゴミ拾い用の銛でピラニアを倒し、マディを人工呼吸で助け出す。

すると、突如排水溝から水が噴き出し、ピラニアは爆風で吹き飛ばされた。スタッフの一人が、水道管にガソリンを流し、爆発させたのだ。その衝撃でバートの銛も空高く舞い、今更良い所を見せようと戻ってきたカイルの脳天を突き刺した。

ようやく事態の落ち着いたプールには、人とピラニアの死骸が散乱していた。それを呆然と見つめるバートとマディ。するとそこに、グッドマン博士から電話がかかってくる。なんと、ピラニアが歩き始めたという。確かに、マディの目の前でも、一匹のピラニアがよたよたと歩いている。それを、最初に足を咬まれた子供が動画に撮ろうと近づいた。ピラニアは飛び上がって子供の頭を食いちぎり、プールには、母親の悲鳴が響き渡った。

Amazon 映画『ピラニア リターンズ』の商品を見てみる

関連作品

前作 ピラニア3D