映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』あらすじネタバレ結末と感想

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストの概要:『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』は、ジョニー・デップ主演の大人気海賊映画シリーズ第二作。前作でジャックと関わったエリザベスとウィルがまた彼に巻き込まれる。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト あらすじネタバレ

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト あらすじ【起・承】

エリザベスとウィルは結婚式を目前に、東インド貿易会社のベケット卿によって投獄される。以前ジャック・スパロウの逃亡を手助けした罪だった。
ベケット卿の目的は、ジャックが持つ、持ち主の欲するものを示すという羅針盤だった。ジャックからこの羅針盤を奪って来れば二人を釈放すると取引を持ち掛け、ウィルは仮釈放される。

ウィルはさっそくジャックを見つけるが、彼はちょうど困っていたところだった。ジャックはバルボッサからブラックパール号を取り戻したが、この時デイヴィと血の契約を交わしてしまったのだ。その契約とは、船長になる代わりにその後デイヴィのフライング・ダッチマン号で彼の船員として働かなければならないというものだった。契約期限が近いジャックは、手のひらに刻印が出ていた。
ウィルはここでさらに取引を持ち掛けられる。ジャックはデイヴィ・ジョーンズの鍵を探していた。これを見つけられたら羅針盤を渡すという。その鍵というのは、デイヴィ・ジョーンズの心臓が入った宝箱の鍵だ。

ウィルはフライング・ダッチマン号を見つけて乗り込むが、すぐに捕まってしまった。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト あらすじ【転・結】

一方、エリザベスは脱獄に成功してウィルを追っていた。ジャックと再会したエリザベスは、宝箱を見つけたら羅針盤を渡してもらうと約束を取り付けて彼と共に宝箱を探しに出る。

その頃、デイヴィの船員として働かされていたウィルは、死んだと思っていた父ビルと再会する。ビルは死の恐怖からデイヴィと契約を交わし、死者同然のようになっていた。他の船員も同様だ。逃げるように言われたウィルは、ビルの助けを借りて逃げ出すことに成功する。その際、ウィルはデイヴィから鍵を奪い取ることに成功した。

鍵を奪われたことに気が付いたデイヴィは十字架島に急ぎ、羅針盤を持っているジャックらもそこへ向かっていた。ウィルも鍵を持って島に入る。

島では宝箱の争奪戦になり、一度はエリザベスが宝箱を手にするが海軍のノリントンに奪われる。
その後海上の戦いになるが、デイヴィがよこした巨大な深海のタコ・クラーケンに襲われ、ジャックはエリザベスとウィルを逃がして海に飲まれていった。
ウィルたちはジャックを生き返らせるための方法を探しに行くことになる。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2006年
  • 上映時間:151分
  • ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー
  • 監督:ゴア・ヴァービンスキー
  • キャスト:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ etc

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト 批評・レビュー

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

前作以上の勢い

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第二作目ということで、前作のヒットを受けて制作されたのだろうが、前作以上の勢いだ。勢いのままにひた走る。今回は三作目とセットで、前編という位置づけなので、この後失速しないかということだけが心配だが、立て続けになんやかんや起こるこのシリーズなら心配ないだろう。

今回のラストなんか、十字架島に一同が介して宝箱の争奪戦になるのだが、ここが一番面白い。奪い合いの最中はまさにてんやわんやという感じで、敵味方だけかと思えばノリントンの裏切りであっさり心臓を持ち逃げされてしまう。最終的には巨大なタコがジャックを飲み込み……と、序盤のウィルとエリザベスの逮捕からテンポが良い作品だった。

前作からの設定やキャラクターを忘れてしまう

これはどれだけこのシリーズを愛しているかにもよるだろうが、なんとなくで観ているといろいろ忘れてしまうので困る。
ファンタジーシリーズにつきものの問題だろう。設定がややこしいし、キャラクターはどんどん出てくる。死んだと思っていた奴が生きていたり、とんでもないことが簡単に起こるので何が何やらわからなくなる。
映画でやたら説明するのはよくないが、シリーズものに限ってはもうちょっと説明的であってもいいんじゃないかと思う。
シリーズものなので、1から観るにこしたことはないと思うが、中にはこの二作目から始めて観る人もいるだろう。前作のことも設定もわからなくて、しかも話は完結せずに次回へ持ち越し。一番宙ぶらりんな部分なので、もっと冒頭にあらすじをつけるなどしてくれたら分かりやすいのになあと思った。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト 感想まとめ

世界的に大ヒットした『パイレーツ・オブ・カリビアン』なので、失敗はないだろうと思っていたけれど予想以上に面白かった。
前作よりもコメディ要素強めなのかもしれない。伝説の海賊の亡霊やら恐ろしい汚いものがバンバン出てくるからホラーテイストにしたって良さそうなものを、ここまであっけらかんとコメディにしてしまうのがすごい。
とりあえず、完結編は次回作なので最終的な評価は次に持ち越しだが、この一本でもファンなら大いに楽しめると感じた。

Amazon 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の商品を見てみる

関連作品