映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」のネタバレあらすじ結末

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストの概要:ジョニー・デップが伝説の海賊、ジャック・スパロウを演じるパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズの第二作。その飄々とした性格と愛嬌のあるキャラクターで多くのファンを獲得した。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストの作品概要

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

公開日:2006年
上映時間:151分
ジャンル:アクション、アドベンチャー
監督:ゴア・ヴァービンスキー
キャスト:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ etc

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストの登場人物(キャスト)

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)
ブラック・パール号の船長で海賊。飄々とした性格をしており、かつてデイヴィ・ジョーンズと契約した事で既に人間にではない存在。
ウィリアム・ターナー・ジュニア(オーランド・ブルーム)
行方不明になった海賊を父に持つ真面目な青年。第1作でエリザベスと恋に落ちる。
エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)
良家の娘でありながら、ウィリアムと身分違いの恋に落ちる。勇敢な性格で行動力も持ち合わせている。
デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)
海を牛耳る謎の存在。タコと一体化したような外見をしており、クラーケンという巨大タコを部下に引き連れる。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストのネタバレあらすじ

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストのあらすじ【起】

共に激しい戦いに身を投じ、そして無事に生還したウィル・ターナーとエリザベス・スワンは(パイレーツ・オブ・カリビアン1を参照)、身分の違う恋を通に成就させ目前に結婚式を控えていました。しかしそんな幸せ絶頂の2人は、海賊、ジャック・スパロウの逃亡に手を貸したとして突然逮捕されてしまいます。

その裏では、ベケット卿という東インド貿易会社で権力を持つ男が糸を引いていました。彼の狙いはジャックの持つコンパスです。そのコンパスは方角を指し示すのではなく、持ち主の欲しいと思っているものを指すという不思議な力を持っており、ベケット卿はその力を自らの利権の為に利用したかったのです。そのコンパスをジャックから奪ってくれば2人を解放する、とベケット卿はウィルに命じます。

ウィルはエリザベスを救う為にジャックを探し求めますが、ようやく探し出したジャックに何故かかつての覇気はなく、すっかり憔悴しきっていました。ジャックはコンパスを渡す事を条件に、とある鍵探しに付き合えと言います。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストのあらすじ【承】

ジャックの追い求める鍵は、とある箱を開けるためのものです。かつてデイヴィ・ジョーンズという男が心から愛した女性に自分の愛を証明するべく、自身の心臓をくり抜きその箱にしまったという逸話があります。そしてジャックは、一度そのデイヴィ・ジョーンズと接触していたのでした。

今や海を牛耳っているデイヴィ・ジョーンズと、「ブラック・パールの船長にしてやるが、契約が切れれば自分の手下として100年間働く」という取り決めを交わしていたのです。そしていよいよその契約が切れる時期が訪れ、その証拠である印がジャックの手に浮かび上がってきていました。ジャックは箱にしまわれたデイヴィ・ジョーンズの心臓を潰す事で彼を殺し、その血の契約から自由になろうとしていたのです。

鍵探しの手がかりを手に入れるべく、2人は不思議な力を持つ呪術師、ティアのもとを訪れました。ティアはジャックに、「海に出るならば陸を持っていけ」と謎のメッセージと共にジャックに土が入った瓶を手渡しました。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストのあらすじ【転】

ウィルとジャックはデイヴィ・ジョーンズの船、「フライングダッチマン号」に潜入しました。しかしすぐに彼らは捉えられてしまい、デイヴィとの再会を果たします。デイヴィは3日以内に100人の船員を献上すれば契約は破棄するとジャックに告げます。ジャックが逃げないよう人質として船に残ったウィルは、死んだ筈の自身の父親、ビルと再会します。

かつてビルはデイヴィと契約を交わし、長年彼の下で働かされていたのでした。今すぐに逃げろという父親の言葉に従い、ウィルは船から逃げ出そうとしますが、丁度その時甲板で居眠りをしていたデイヴィの髭の中に、一つの鍵が見え隠れしている事に気がつき足を止めます。そしてウィルはデイヴィに気づかれないよう、こっそりとその鍵を抜き出す事に成功するのでした。

一方その頃、ジャックはジャックに献上する人間100人を集めるため、トルトゥーガという大きなたまり場のような場所で船員を募集していました。そしてかつてのジャックの部下や、ウィルを助けたいエリザベスまでもが集まってきたのです。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストのあらすじ【結】

鍵が盗まれた事に気がついたデイヴィ・ジョーンズは、慌てて箱を守る為その隠し場所へと向かいます。一方、仲間を揃えたジャックもコンパスを使って箱の在り処を割り出し、そのクルーセル島へと向かいます。肝心の鍵を持っているウィルもなんとか島に上陸し、いよいよ激しい箱の争奪戦が始まりました。

最初に心臓を手に入れたのはジャック・スパロウでした。彼は心臓を隠す為にティアに手渡された砂入りの瓶の中にこっそりと入れます。しかしふとした隙を突かれ、自分でも気づかないうちにノリントンに心臓を盗まれてしまいました。ノリントン以外誰もが心臓はジャックが持っていると勘違いしています。ジャックはデイヴィから逃げる為海に船を出しますが、その行く手をデイヴィの手下である巨大なタコ、クラーケンに阻まれます。

エリザベスはウィルをデイヴィの手から救う為、ジャックをデイヴィに売り、エリザベスに手錠で繋がれたジャックは、船ごとクラーケンに食べられてしまいました。心臓は東インド貿易会社に手渡されました。何とかジャックを救い出す為、船員たちはティアに相談を持ちかけます。すると店の奥から第1作で死んだ筈のバルボッサが登場し物語は幕を閉じます。

Amazon 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の商品を見てみる

関連作品

次作 パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
前作 パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    世界的に大ヒットした『パイレーツ・オブ・カリビアン』なので、失敗はないだろうと思っていたけれど予想以上に面白かった。
    前作よりもコメディ要素強めなのかもしれない。伝説の海賊の亡霊やら恐ろしい汚いものがバンバン出てくるからホラーテイストにしたって良さそうなものを、ここまであっけらかんとコメディにしてしまうのがすごい。
    とりあえず、完結編は次回作なので最終的な評価は次に持ち越しだが、この一本でもファンなら大いに楽しめると感じた。

  2. 匿名 より:

    これはどれだけこのシリーズを愛しているかにもよるだろうが、なんとなくで観ているといろいろ忘れてしまうので困る。
    ファンタジーシリーズにつきものの問題だろう。設定がややこしいし、キャラクターはどんどん出てくる。死んだと思っていた奴が生きていたり、とんでもないことが簡単に起こるので何が何やらわからなくなる。
    映画でやたら説明するのはよくないが、シリーズものに限ってはもうちょっと説明的であってもいいんじゃないかと思う。
    シリーズものなので、1から観るにこしたことはないと思うが、中にはこの二作目から始めて観る人もいるだろう。前作のことも設定もわからなくて、しかも話は完結せずに次回へ持ち越し。一番宙ぶらりんな部分なので、もっと冒頭にあらすじをつけるなどしてくれたら分かりやすいのになあと思った。

  3. 匿名 より:

    『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第二作目ということで、前作のヒットを受けて制作されたのだろうが、前作以上の勢いだ。勢いのままにひた走る。今回は三作目とセットで、前編という位置づけなので、この後失速しないかということだけが心配だが、立て続けになんやかんや起こるこのシリーズなら心配ないだろう。

    今回のラストなんか、十字架島に一同が介して宝箱の争奪戦になるのだが、ここが一番面白い。奪い合いの最中はまさにてんやわんやという感じで、敵味方だけかと思えばノリントンの裏切りであっさり心臓を持ち逃げされてしまう。最終的には巨大なタコがジャックを飲み込み……と、序盤のウィルとエリザベスの逮捕からテンポが良い作品だった。