映画『ピッチ・パーフェクト』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ピッチ・パーフェクト」のネタバレあらすじ結末

ピッチ・パーフェクトの概要:ひょんなきっかけで女子アカペラ部へ入部したヒロイン。音楽制作の道を目指しつつ、いつの間にかアカペラの世界へ入り込んでいく。大学生の青春をかけて、アカペラに懸ける情熱を描いた青春コメディ。

ピッチ・パーフェクトの作品概要

ピッチ・パーフェクト

公開日:2012年
上映時間:112分
ジャンル:コメディ、青春、音楽
監督:ジェイソン・ムーア
キャスト:アナ・ケンドリック、スカイラー・アスティン、レベル・ウィルソン、アダム・ディヴァイン etc

ピッチ・パーフェクトの登場人物(キャスト)

ベッカ(アナ・ケンドリック)
音楽制作の道を目指す大学1年生。才能はあるが、父親に反対されている。リミックスの才能を持つ。人付き合いが苦手。アルトで力強く、伸びのある歌声の持ち主。
ジェシー(スカイラー・アスティン)
男子アカペラ部に入部し、才能を発揮する。ベッカに好意を寄せており、映画が大好き。朗らかで、人見知りしない性格。リズム感と伸びのある歌声の持ち主。
オーブリー(アンナ・キャンプ)
大財閥のお嬢様で、歴史あるアカペラ部の部長を任されたことにより、気負い過ぎている。熱血タイプ。高音の歌声が魅力。追い込まれると嘔吐してしまう癖がある。
クロエ(ブリタニー・スノウ)
オーブリーの相棒とも言うべき存在。緩衝材になろうと努める。ベッカとは気が合う。高音の歌声が売りだったが、声帯結節手術後は男子並みの低音を出せるようになる。
ファット・エイミー(レベル・ウィルソン)
自分が太っていることを誇りに思い、笑いにすることができる女子。ムードメーカー。パワフルな歌声が魅力。

ピッチ・パーフェクトのネタバレあらすじ

映画『ピッチ・パーフェクト』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ピッチ・パーフェクトのあらすじ【起】

音楽プロデューサーを目指すベッカは、教授である父親が務めるバーデン大学へ進学した。父親は音楽プロデューサーになることに反対している。音楽は趣味で仕事にはならないと言い、娘を上手く丸め込もうとしているのだ。

このバーデン大学には、アカペラ界の大スターと言われる、トレブルメーカーズという男子アカペラ部がある。同じく女子アカペラ部のバーデン・ベラーズというチームもあったが、4カ月前のアカペラ大会で盛大な失敗をしたため、人気の差は男子とは雲泥の差であった。
ベラーズの失敗は構内でもかなり有名で、在籍中の学生は入りたがらない。クロエとオーブリーは必死になって新入生を勧誘した。

構内ラジオ放送局でバイトをすることにしたベッカ。新入りはまず、大量のCDとレコードの整理から始めるらしい。ベッカはそこで、ジェシーと出会う。ジェシーは明るく人見知りせず、朗らかな好青年だった。

音楽のリミックスをするばかりで、友人も作ろうとしないベッカ。見兼ねた父親は、1年頑張ってそれでも馴染めないようなら、音楽制作の道へ進むべくロス行きの資金を出してやろうと言う。
父親の話で上機嫌となったベッカは、歌を唄いながらシャワールームへ向かった。だが、シャワールームにはクロエもおり、ベッカの歌に食い付いてくる。クロエはベッカにオーディションへ参加するよう、熱烈に誘った。

アカペラ部は構内に4つあり、オーディションを開催する。それには様々な人々が参加し、課題曲を次々と唄う。ベッカも恐る恐る最後の1人として参加。課題曲を覚えていなかったため、自己流で歌を唄ったが、誰もが驚くほどのリズム感と歌声だった。

ベラーズには10人の新入部員が入部。伝統的な入部儀式を行う。
その後はアカペラ部のイニシエーションへ。そこにはジェシーも来ていた。早速、距離を縮めるベッカとジェシー。

ピッチ・パーフェクトのあらすじ【承】

歴代のベラースメンバーは、スタイルとセクシーさが売りだったらしい。
翌日から練習が始まった。だが、その前にトレブルメーカーズの男達と関係を持った、2人の新メンバーが初日から除名となる。オーブリーは、昨年の失敗を繰り返さないために必死だった。

新メンバーは昨年の大会で何があったのかを、ネットの動画で確認。緊張とプレッシャーに負けたオーブリーが歌唱中、盛大に嘔吐するという衝撃的な内容だった。失態をどうにか回復したいオーブリーは、威圧的に指導を開始。伝統に拘るオーブリーの選曲はどれも古く、目新しいものはなかった。

メンバー達はとにかく、リーダーの言う通り必死に練習を行った。新メンバーは個性的で奇抜な者が多い。練習の合間、合間でベッカはオーブリーに選曲のし直しやリミックスを持ち掛けるも、オーブリーはベッカを目の敵としており、頑なに話を聞いてくれない。

ラグビー部の壮行会へ、出演することになったベラーズだったが、チームワークも悪く練習不足であることも祟り、結果は散々に終わる。その帰りに反省点とダメ出しをするオーブリー。クロエまでもが叱られる。しかし、クロエは声帯炎を患っており、高い声が出せないと言う。それでも、歌が好きだから練習は休みたくないと言うのだった。

ベッカはラジオ局の局長へ自分のリミックスをUSBに入れて渡している。すでに4本ものUSBを渡しているが、今まで自分のミックスがラジオで流れたことはない。期待はしていないが、諦める気もなかった。
ジェシーは映画オタクだ。映画音楽が好きで制作に携わりたいと思っている。音楽という共通点で仲良くなっていくベッカとジェシー。

構内で学生主催のアカペラストリートファイト、リフオフへ参加することになったベラーズ。打倒トレブルメーカーズを目指す。カテゴリーをその場で決め、即効でアカペラを唄うというものだが、チームワークと歌唱力、選曲など様々な要素が試される。割り込みでどんどん、相手チームを圧倒させていく方式で、カテゴリーに沿わない歌やルールを破ったチームは即座に失格となる。

ベラーズとトレブルメーカーズは、かなりの接戦を繰り広げる。ジェシーの挑発に乗ったベッカは、全てのチームをも巻き込んで歌を唄った。彼女の実力は誰の目にも明らかである。しかし、全体を巻き込んでしまったため、ベラーズは失格となってしまう。優勝はトレブルメーカーズが掻っ攫っていった。

ピッチ・パーフェクトのあらすじ【転】

年1回の大会練習は大詰めに入っていた。声帯炎で高音が出せないクロエの代わりに、急きょソロを変更。クロエはベッカをソロに推すも、オーブリーは頑なに自分の意見を押し通そうとする。誰が聞いてもオーブリーの選曲と振付は古臭く、優勝できるとはとても思えない。だが、彼女はこれで優勝できると本気で思っているらしい。それは、メンバーの誰もが察していることだったが、リーダーの手前、あからさまに言えることでもない。
結局、ソロはファット・エイミーに決定。

アカペラ地区大会、予選当日。演目は昨年と同じもので、振付も目新しいものではないが、ソロをファット・エイミーがやったことで辛うじて予選を通過。当然、トレブルメーカーズも余裕で予選を通過する。

大会終了後、トレブルメーカーズのリーダーがきっかけとなり、バーデン大学アカペラ部OB
との乱闘が発生。ベッカは喧嘩を止めようとして、リンカーンホールのガラスを1枚、破壊してしまう。警察へ連行され事情聴取を受けることになったベッカ。ジェシーの口添えもあり、すぐに保釈される。しかし、ジェシーはベッカの父親にも連絡をしており、2人は口論となる。ベッカは父親に叱られ、ロス行きの件もなしになってしまった。

準決勝当日。構内ラジオでベッカのリミックスが流れる。局長がようやくベッカの才能に気付いたのだ。更には、春休み中の夜放送はベッカに任せるとまで言われる。局にはジェシーもいたが、警察での一件以来、関係はぎくしゃくしていた。

レンタルバスにて地区大会準決勝の会場へ向かう。ガソリンスタンドへ寄ったベラーズは、通りがかったトレブルメーカーズのせいで、ガソリンの補給を忘れてしまう。当然、ガス欠で立ち往生。苦渋の決断を下し、トレブルメーカーズに助けてもらうことになった。

準決勝にて上位2組に入れば、決勝へ進める。ベラーズの演目も振付にも変更はなく、会場のオーディエンスはとても退屈そうである。ベッカは演目中に突然、アドリブでコーラスを入れる。だが、これによりオーブリーが激怒。ベッカはオーブリーに追い出される形でベラーズを去ることとなり、弁護で入ろうとしたジェシーとの関係も悪化してしまう。そして、ベラーズは準決勝敗退で終わるのである。

ピッチ・パーフェクトのあらすじ【結】

春休みへ突入。ベッカは自分の態度を見直すことにする。ジェシーが絶賛する映画を観て号泣し、彼が言う映画の素晴らしさを知った。
準決勝の上位2組の内、1組に不正が発覚したことで、順位が繰り上がりベラーズは決勝へ出場できることになった。その報せはメンバー達を歓喜させる。

ジェシーへ謝りに向かったベッカだったが、彼に冷たくあしらわれてしまう。彼女は今まで誰とも関わらず、楽な方法を選んできた。でも、ベッカはベラーズが好きだ。できれば戻りたい。彼女は心を入れ替えることにした。

ベラーズでは、鬼気迫ったオーブリーのせいで仲間割れが始まる。メンバーはベッカが必要だと主張し、オーブリーは自分の意見を通そうとして乱闘騒ぎ。そこへ、ベッカがやって来て皆へと真摯に謝った。すると、オーブリーも自分の態度を振り返り、心情を明らかにする。
メンバーは個々をより知るために告白大会を開催。これにて、チームワークが形成される。そうして、ベッカが選曲とアレンジを担当することになった。

アカペラ大会、決勝。トレブルメーカーズは圧巻の演目を披露。さぁ、いよいよベラーズの番である。衣装も演目も振付も全てを一新。演目には、ジェシーが絶賛していた映画の主題歌も織り交ぜた。更に、メンバー個々の見せ場を作った振付にて、会場は一層盛り上がる。
これにより、ベラーズは奇跡の優勝を果たし、ベッカはジェシーとも仲直り。
そして、翌年。大学では恒例のアカペラ部オーディションが開催されるのであった。

Amazon 映画『ピッチ・パーフェクト』の商品を見てみる