映画『プラトーン』のネタバレあらすじ結末

プラトーンの概要:監督・脚本を務めたオリーバー・ストーンはベトナム戦争の帰還兵であり、その時の実体験を基にしてこの映画を製作した。リアルな戦闘シーンに加えてアメリカ軍の抱える問題や非人道的行為も包み隠さず描かれており、世界中で高い評価を得た。1986年公開のアメリカ映画。

プラトーンの作品概要

プラトーン

公開日:1986年
上映時間:120分
ジャンル:戦争、ヒューマンドラマ
監督:オリヴァー・ストーン
キャスト:チャーリー・シーン、トム・ベレンジャー、ウィレム・デフォー、ケヴィン・ディロン etc

プラトーンの登場人物(キャスト)

クリス・テイラー(チャーリー・シーン)
裕福な大学生だったが、両親の俗物主義と底辺層ばかりが戦地へ向かう不公平さに反発して志願兵となる。ベトナムでは陸軍第25歩兵師団の小隊に配属され、カンボジア国境付近の最前線で戦う。
ボブ・バーンズ(トム・ベレンジャー)
クリスの小隊に属す2等軍曹。7回も銃弾を受けた経験があり、顔に傷跡が残っている。軍人としては優秀だが残酷性が強く、自信家。
エリアス・グロージョン(ウィレム・デフォー)
クリスの小隊に属す3等軍曹。経験豊富な軍人で、後輩の面倒見がいい。正義感が強く、暴力的なバーンズと敵対している。
ウォルフ中尉(マーク・モーゼス)
中尉であり、クリスの小隊のリーダーだが、軍人経験は浅く部下から信頼されていない。強気なバーンズの言いなりになっている。

プラトーンのネタバレあらすじ

映画『プラトーン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

プラトーンのあらすじ【起】

1967年9月。世の中の不平等さに疑問を抱いていたクリスは大学を中退して志願兵となりベトナムの地に降り立つ。クリスはカンボジア国境付近の最前線に陸軍歩兵師団の一員として送り込まれ、険しいジャングルの中を移動していた。

生温い環境で育ってきたクリスは戦地へ来たことをすぐに後悔するが、班長のエリアスは親切にクリスの面倒を見てくれる。ある日、クリスと数名の隊員は地雷を埋めに来る敵を待ち伏せする任務を命じられ、ジャングルの中へ入る。夜間、見張り役の隊員が居眠りをしていたため、敵から先制攻撃を受け、新兵が命を落とす。クリスも首に怪我をして、戦場の恐ろしさを知る。

クリスの小隊ではリーダーのウォルフ中尉よりも軍隊経験の豊富なバーンズが権力を持っていた。唯一バーンズに対抗できるのはバーンズと同じく軍人歴の長いエリアスだけで、隊員は何となくバーンズ派とエリアス派に分かれていた。後方の陣地での休息の日、クリスはエリアス派が集まるテントで大麻を吸わせてもらいハイになる。バーンズは大麻を使用する連中を嫌っていた。

プラトーンのあらすじ【承】

1968年に入り、カンボジア国境付近では北ベトナム軍が攻勢に出て、衝突が増えていた。アメリカ軍は爆撃や待ち伏せでこれに対抗していた。クリスたちの小隊はジャングル内で敵のアジトを発見し捜索を開始する。しかしここには爆弾が仕掛けられており、隊員2名が命を落とす。

その先の村へ行く途中、喉を切られて殺された隊員の死体が見つかり、バーンズはここの村人が北ベトナム軍に協力しているのではないかと疑う。バニーは障害者の村人を惨殺し、バーンズは村長を捕えて自白を迫る。バーンズはこれに抗議してきた村長の妻を射殺し、さらに娘の頭に銃口を向ける。遅れて到着したエリアスはバーンズに殴りかかり、民間人に対する不法な殺戮を止める。しかし村は本部からの命令で焼き払われてしまう。全てを目の当たりにしたクリスは、非人道的なアメリカ軍のやり方に憤りを感じる。

エリアスはバーンズの不法行為とそれをウォルフ中尉が止めなかったことを軍長に報告する。バーンズは反発するが軍長はバーンズに報告書を書くよう命じ、今は仲間割れしている場合ではないと2人をたしなめる。この一件以来、バーンズはもともと感じていたエリアスへの不満と憎しみをさらに募らせる。2人が仲違いしたことで、隊員たちもいがみ合うようになっていく。

プラトーンのあらすじ【転】

雨のジャングルを進んでいた小隊は、敵の待ち伏せ攻撃を受けてしまう。敵は後方にも回り込み、小隊を包囲しようとしていた。エリアスはクリスとクロフォードを連れて前方へ進み、移動する敵を一網打尽にする作戦に出る。エリアスはクリスたちに指示を出した後、単独でさらに前方へ進み、敵の移動を食い止めようとしていた。後方ではウォルフ中尉が本部に正確な位置を伝えなかったため味方まで空爆の犠牲となり、周辺は大混乱していた。バーンズは密かに前方へ進み、クリスに負傷したクロフォードを連れて後退しろと命じる。クリスはエリアスがまだこの先にいると主張するが、バーンズは自分がエリアスに伝言するからとクリスたちを追いやる。そしてバーンズは遭遇したエリアスに発砲する。

エリアスが気になったクリスは再び前方へ戻る途中、バーンズから“エリアスは敵に撃たれて死んだ”と聞かされる。ヘリに乗り込んだクリスは地上で負傷したエリアスが大勢の敵に追われているのを発見する。エリアスは敵に蜂の巣にされ命を落とす。クリスはエリアスを殺したバーンズに対して殺意を抱く。

プラトーンのあらすじ【結】

翌日、クリスたちは再び同じ谷へ派遣される。この場所はすでに北ベトナム軍が数多く潜伏しており、クリスたちは敵をおびき寄せる囮に使われるようなものだった。

前線に送り込まれた隊員たちは死を覚悟する。クリスはフランシスと塹壕内に入り、敵を待ち構える。左右にはバーンズの班とキングの班の塹壕があったが、その距離はかなり離れていた。あっという間に戦いが始まり、辺りは数百名の敵に取り囲まれる。地上での銃撃戦に加えて、あちこちで爆弾が爆発し、谷一帯が地獄絵図のような戦場と化す。クリスはフランシスとたった2人で塹壕を守っていたが爆破の危険が迫り、塹壕の外へ逃げ出す。クリスは敵を撃ちながらジャングル内を駆け回っていた。その頃、軍長たちのいる司令部も敵の爆撃を受けており、軍長は空軍にもはや敵味方の区別をつけることは不可能なので、全体への空爆を開始せよと指令を出す。

夜が明け、クリスは死体の山の中で目を覚ます。かなりの怪我を負っていたが、命は助かった。クリスが銃を拾い上げ歩き出すと、重傷を負ったバーンズに遭遇する。クリスは“衛生兵を呼べ”というバーンズを撃ち殺す。

負傷したクリスたちは、ヘリで戦場を後にする。クリスは自分の中に多くの矛盾を抱えながら、自身の戦争を終える。ただ生き残った者の義務として、見たことを伝え、意義のある一生を送らなければならないと強く感じていた。

Amazon 映画『プラトーン』の商品を見てみる