映画『ポリス・ストーリー3』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ポリス・ストーリー3」のネタバレあらすじ結末

ポリス・ストーリー3の概要:国際警察は東南アジアの麻薬取引を取り仕切っている男を逮捕するため、香港警察に優秀な警官の派遣を要請した。香港警察のチョー警部は、チェン刑事を潜入捜査官として派遣することを決める。

ポリス・ストーリー3の作品概要

ポリス・ストーリー3

公開日:1992年
上映時間:96分
ジャンル:アクション、コメディ
監督:スタンリー・トン
キャスト:ジャッキー・チェン、ミシェール・キング、マギー・チャン、トン・ピョウ etc

ポリス・ストーリー3の登場人物(キャスト)

チェン・カクー(ジャッキー・チェン)
香港警察に勤める優秀な刑事。ラムという偽名を使い、潜入捜査を行う。武術に優れており、身体能力も高い。
ヤン(ミシェール・キング)
国家保安局の部長。チェンと共に潜入捜査を行う。真面目な性格。チェンと同様に武術に優れており、身体能力が高い。
メイ(マギー・チャン)
チェンの恋人。陽気でおっちょこちょいな性格。バスの添乗員として働いている。
チョー警部(トン・ピョウ)
チェンの上司。部下思いの優しい性格。
パンサー(ユン・ワー)
チャイバの手下。チャイバと同じく暴力的で粗野な人物。殺人も厭わない。刑務所に収監されていたが、脱獄する。
チャイバ(ケネス・ツァン)
東南アジアの麻薬取引を取り仕切っている人物。平気で殺人を犯す。銀行口座のパスワードを知っている妻が逮捕されてしまったため、パンサーやチェンを使って脱獄させようと計画する。

ポリス・ストーリー3のネタバレあらすじ

映画『ポリス・ストーリー3』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ポリス・ストーリー3のあらすじ【起】

麻薬の密輸の仕方が巧妙化しており、摘発するのが困難になっていた。麻薬をコンドームの中に入れて飲み込み、体内で破裂して中毒死するケースもあった。だが、密輸の大部分は、税関を素通りしてしまっていた。香港警察にとって麻薬密輸の取り締まりは、大至急取り掛からなければいけない問題だった。国際警察は東南アジアの麻薬を取り仕切るチャイバを逮捕するべく、香港警察に優秀な警官の派遣を依頼した。香港警察のチョー警部は、チェン刑事を呼んだ。

署長はチェンが優秀な刑事であることを知っていたため、潜入捜査を行わせようとした。だが、チョー警部に止められ、口論になってしまう。チョー警部は大切な部下であるチェンが殺されることを恐れているのだ。チェンは部屋の外から署長達の会話を盗み聞きしており、署長が部屋を出て行った後、チョー警部に任務に行かせて欲しいと頼み込んだ。チョー警部はチェンの気持ちを受け入れ、任務に就かせることを決める。チェンが部屋を出て行った後、署長達は満足そうに微笑んだ。チェンに任務を引き受けさすために、一芝居打ったのだ。

チェンは恋人のメイに特別な訓練キャンプに行くと嘘を吐き、任務へと旅立って行った。まずは今回の任務について、国家保安局部長のヤンから説明を受けることになる。チェンはラムという偽名を使い、国営機械工場で働く工員の振りをすることになる。他にも家族構成や生まれ育った場所など、覚えることがたくさんあった。

ポリス・ストーリー3のあらすじ【承】

チャイバが手下(パンサー)の脱獄計画を企てているという情報を受け、ヤン達は囚人達が働く鉱山に向かった。チャイバの手下達が騒動を起こして看守の目を引き、パンサーをトラックの荷台に乗せて逃げようとした。だが、門を出るときに看守に荷台を検査され、パンサーが見つかってしまう。ヤンはチャイバの手下を狙撃して足止めをした。その隙に、チェンは仲間の振りをしてパンサーを連れて鉱山を脱出した。

チェンはパンサーに、助けたのは報酬のためだと話し、捜査官だとばれないように振る舞った。パンサーはチェンの腕を買い、香港に連れて行くことを決める。その後、チェンはパンサーと共にアジトへと向かった。パンサーは自分を裏切った部下を躊躇なく射殺した。

チェン達が設定した故郷の村が近くにあったため、パンサーから実家に帰ることを勧められる。チェンは断ることができず、パンサー達と共に実家がある村へと向かった。看板を頼りになんとか村に辿り着くが、どうすればいいのか分からず戸惑う。そこに、ラムの名を呼びながら駆け寄ってくる子供がいた。チェンは子供と会話を合わせながら、パンサー達を偽の実家に招待した。するとそこには、チョー警部やヤンの姿があった。

ヤンはラムの妹(ワー)と名乗り、チェンと共にパンサーについて行った。パンサーはレストランに入ると、ラム達を別の席に移動させ、他の男と仕事の話を始めた。ヤンとチェンはその店に、別の警察組織(公安)がいることに気づく。ヤンが外に出て公安に連絡を取っている内に、店内にいた公安の者達が動き出してしまう。チェンは公安相手に戦うが、スタンガンを当てられ捕まってしまう。ヤンはそれに気づき、公安を倒してチェン達を救い出した。

ポリス・ストーリー3のあらすじ【転】

チェン達が船に乗って香港を目指していると、臨検を行っている香港警察と出くわしてしまう。チェン達はパンサーと共に、床下からボートに乗って脱出した。

チェン達はパンサーと共にチャイバに会いに行った。そこでは、若い女性が男に勧められ、麻薬を使用していた。チェンは女性を止めたかったが、捜査官だとばれる訳にもいかず歯がゆい思いをする。チャイバはチェン達を見ると刑事だと指摘し、部下達に殺すよう命令した。チェンは部下との戦いの最中、銃に弾が入っていないことに気づき、ラムとしての演技を続けた。すると、チャイバは突然笑い出し、嘘を吐かれているか調べるために騙したことを白状した。チェンとヤンの喧嘩の腕を見込み、仲間に入れることを決める。

ヤンはパンサーとチャイバと共に、麻薬売買を取り仕切る男達の集まりに顔を出した。だが、チャイバは皆を纏める将軍と呼ばれる男にお金を渡していなかったため、不穏な空気になってしまう。チャイバは妻名義でスイス銀行にお金を預けていたのだが、妻がマレーシアで逮捕されてしまい、お金が下ろせなくなっていたのだ。

チャイバはヤンに防弾チョッキを着せていたのだが、その中に密かに爆弾を忍び込ませていた。チャイバは爆弾を1つ取り出すと、小屋の外で爆発させた。そして、自分の取り分を横取りされないように男達を脅した。将軍は部下に後のことを任せ、その場を立ち去った。チャイバと残された男達の間で激しい銃撃戦となる。話し合いが行われていた小屋の周りにはチャイバの手下が潜んでおり、銃撃戦の音を合図に周りの小屋を爆発させた。チェンは訳が分からないまま、戦いに参加させられる。

チェンはヤンを助けると、爆弾を忍び込ませていたことについてチャイバを非難した。だが、チャイバはヤンの胸を撃ち、爆弾が入っていたのは1つだけだったことを証明した。チェン達を体良く利用されていることに対して怒りを募らせ、チャイバを必ず逮捕することを密かに誓った。

ポリス・ストーリー3のあらすじ【結】

チェンとヤンはパンサーにマレーシアに連れて行かれる。何をしようとしているのかは教えてもらえなかったが、話している内容から法廷の襲撃を考えているのは明らかだった。その頃、メイは添乗員としてマレーシアを訪れていた。写真を見ていると、チェンが知らない女性(ヤン)と一緒に写っていた。

チェンはメイが傍にいることに気づき、ヤンにマッサージをしてもらう振りをして顔を隠した。だが、ヤンがパンサーに呼ばれ、いなくなってしまう。その間に、チェンはメイに詰め寄られ、浮気と誤解されて激しい非難を受ける。任務中だと話しても信じてはくれなかった。パンサーはチェンがナンパをしていると思い、話しかけに行こうとした。ヤンはそのことに気づき、急いでメイに近づくと、喧嘩をしている振りをしてプールに突き落として誤魔化した。

チェンは再度メイに近づき、任務であることを伝えた。チョー警部に確認すればいいと言われ、メイはチェンの言っていることを受け入れる。その時、近づいてくる男(パンサー)に気づいたメイは、チェンの頬を殴り、誘いを断った振りをしてその場を離れた。

メイはエレベーターでチェン達のことを同僚に話した。その時、同じエレベーターにチャイバの手下が乗っており、メイ達の話を聞いていた。手下はメイを捕まえた後、パンサーに連絡をしてチェンが刑事であることを伝えた。パンサーはチェン達を殴り、銃を突きつけた。

チェンはメイを人質に取られ、パンサー達の言いなりになるしかなかった。車の事故を起こし、有毒ガスが漏れた振りをしてチャイバの妻が乗った護送車を襲撃した。チェンはチャイバの妻を人質に取ると、メイの解放を求めた。警察が集まり始めたため、チャイバは仕方なくメイを解放する。

チェンとヤンは車で逃げたパンサー達を追いかけた。街中を走り回り、激しい戦いの末、屋根から突き落として倒した。その隙に、チャイバとチャイバの妻は、ヘリコプターで逃げようとした。チェンはヘリコプターからぶら下がっていた梯子に飛び移り、ヤンはバイクに乗って後を追いかけた。チャイバはチェンを、列車を使って叩き落とそうとするが、逆に梯子が列車に絡まってしまう。チェンとヤンはチャイバの手下達と激しい戦闘を繰り広げ、勝利を収める。その後、飛行機が看板にぶつかった衝撃で爆発し、チャイバはその爆発に巻き込まれてしまう。チェンとヤン、チャイバの妻は運よく列車の隙間に落ちていたため助かった。

Amazon 映画『ポリス・ストーリー3』の商品を見てみる