『プレデター』あらすじとネタバレ映画批評・評価

プレデターの概要:1987年のアメリカ制作のSFアクション映画(原題:Predator)。アーノルルド・シュワルツェネッガーが主演の人気作品。

プレデター

プレデター あらすじ

映画『プレデター』のあらすじを紹介します。

アメリカ軍特殊救出部隊・体調ダッチ・ジェイファー少佐は、ゲリラから祖国の用心を救出するようCIAの友人から依頼され南米のジャングルに向かった。
そのジャングルで一行は必死に要人を探しているが、そこで死体を発見。死体は米国特殊部隊の隊員であることに気がついた少佐はその死を不審に思う。
というのも遺体は酷く損傷し、人間がやったのか疑ってしまうほどだったからだ。

そんな疑問を持ちながら一行はゲリラ基地に到着。
要人を救出するが、助け出した時には既に死んでいた。
そして少佐は依頼された要人はCIAのメンバーであり、途中で死んでいた部隊は先に派遣されて来た部隊であったことを知る。
CIAにうまく利用されていたのではと憤慨する少佐だったが、女ゲリラの一人アンナを捕虜として同行させジャングルの中を引き返すことに。

その途中、姿の見えない何者かに襲撃された一行は動揺する。
そして地球上では見たこともないような武器を手にし、攻撃をする謎の生物がそこにいた。それこそがプレデターだった。

その見たこともない強さに一行は翻弄され、次々と殺害されていく。
そして少佐とアンナだけが生き残ったのだった。
少佐はプレデターが人間の体温で居場所を確認していることに気がつき、プレデターとの戦い方を見つけていく。
その結果プレデターは追い込まれ自爆、無事少佐は帰還することができた。

プレデター 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1987年
  • 上映時間:107分
  • ジャンル:SF
  • 監督:ジョン・マクティアナン
  • キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、カール・ウェザース、エルピディア・カリーロ、ビル・デューク etc

プレデター 批評 ※ネタバレ

映画『プレデター』について、3つ批評します。※ネタバレあり

シュワルツェネッガーの強さは凄すぎる

間違いなく彼が人間界で1番強いのだろう。
この当時は斬新であり、人気者であった彼の映画としては人気がでたのも納得ではある。しかし今見てみると、宇宙生物とのバトル映画の初代であるという感想は否めない。
とはいっても主役の強さは異常すぎて面白いところもある。
この映画は昔見て面白かったという感想を持っている大人が懐かしむ映画であり、銃や秘密兵器が飛び回る現代映画では受け入れられにくい種類のSF映画であるだろう。

プレデターの殺害の目的が斬新

映像技術はチープであるものの、エイリアンとプレデターはこの時代の宇宙生命体VS人間の戦いを描いた映像に幕を開けた伝説的映画であることは間違いない。
しかも人間を殺害する目的が「狩り」であるというところが面白い。
地球を征服するというものが主流であるこの手の映画は多いが、ただ「狩り」が楽しいから殺害するというのだ。
人間にとってこんなに恐ろしいことはないのではないだろうか。
彼らの目的もチープに感じられそうだが、実は1番リアルで恐怖を感じなければならないところである。

最初に作ったものが名作

どんなにチープな作りでも、どんなに内容が無い映画でも最初に製作されたものは名作なのである。
これは変わらぬ事実であり、悔しいが現代でもの凄い技術を見せるCG大作よりもプレデターが名作だと評価する鑑賞者は後を耐えないであろう。
最初に見たものはそれだけ印象に残り、永遠に心に名作として刻まれてしまうのだ。
そういう意味ではこれを超える映画はもう出てこないかもしれない。
エイリアンやプレデターという全世界共通の宇宙生命体がもう存在してしっまうのだから。
そしてプレデターと戦った主役は彼だけであり、これ以上最強の人間は出てこないのである。

まとめ

一世を風靡したSFアクション映画プレデター。
その衝撃な容貌に驚きを隠せない人も多かったのではないだろうか?
そしてこの主役がA・シュワルツェネッガーだったから鑑賞したという人も多いであろう。そのくらい1987年公開当時は何かと話題に上る映画であったのだ。
見えない敵とジャングルで戦い最後は1対1になってしまう、それも見たこともない宇宙生命体とである。
あまりに斬新すぎたこの映画はまんまと人間の恐怖を煽ることとなり、大ヒットとなった。これが娯楽エンターテインメントだと言わんばかりに。
SF映画の基礎を作り上げたこの名作を今の若い世代にも大事にして欲しいと思ってしまうのは贅沢な願いなのかもしれない。
後世に伝えられていく映画の1つであることは間違いないであろう。

Amazon 映画『プレデター』の商品を見てみる