映画『プリティ・ベビー』あらすじネタバレ結末と感想

プリティ・ベビーの概要:1978年公開のアメリカ映画。娼婦の子供として産まれ、幼少期からその環境に何の疑問を持たずに暮らして来た12歳の少女が母と同じ道を歩みながらも、真の愛を求め苦悩する姿を描いている。

プリティ・ベビー あらすじネタバレ

プリティ・ベビー
映画『プリティ・ベビー』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

プリティ・ベビー あらすじ【起・承】

1917年のニューオリンズは娼婦として暮らす母を持つ娘も珍しく無かった。
そういう娘は小さい頃から、自分も娼婦になるのだと信じて疑わずに育っている。
バイオレットもその1人である。
12歳になる彼女はハティという娼婦の母を持ち、マダム・ネルという高級売春宿に身を寄せている。
夜になると身なりのきちんとした男性が宿を訪れ、黒人のピアニストが店のピアノを演奏する。
バイオレットはいつも開店の時、このピアノの近くに立って様子を見ているのだった。

ある日、売春宿のダイニングで食事をとっていると男が訪ねて来た。
彼の名はベロックと言い、気さくで雰囲気のある彼はマダムに娼婦をモデルに写真を撮影させてくれないかと頼んだ。
報酬を受け取ったマダムは、食事をとっていたハティを使うと良いと言う。
ハティにはバイオレットの他にも1人子供がいて、その場で乳をあげていた。
美しく溌剌としたハティはモデルとして中々だった。

プリティ・ベビー あらすじ【転・結】

仕事もあり売春宿に何度も足を運ぶが、彼は店の女には手を出そうとはしない、
バイオレットはそんな彼のことを気になり始めていた。

この日がやってきた。
バイオレットの水揚げの日だ。
着飾った生娘の彼女は美しく、400ドル物の高値で競り落とされた。
そしてついに初めて売春婦として仕事をこなした。

そんな矢先、ハティが客の常連と結婚すると言い出した。
しかもバイオレットを宿にそのまま放置し、自分だけ男の自宅に移り住んだ。
元々母親というものにそんなに執着も無く、売春婦達と集団で暮らしているバイオレットにはそんなに大したことでは無かった。
だがある日、マダムに叱られることをしたバイオレットはベロックの元に身を寄せるようになる。
彼もまた美しい12歳の娘に惹かれていたため、同棲するように。
しかし、ベロックに子供扱いされたことに怒った彼女は、再び宿に帰ることにした。

一体の売春宿の撤退のため、ついにマダムの店も閉店することになった。
行く当てもなく、母親もいない彼女を思ったベロックが最後の日、迎えに来る。
そして彼女と結婚することにする。

仲間を招待してささやかながら2人は教会で式を挙げた。
こうして夫婦になった2人は大人と12歳の慎ましい新婚生活を開始する。
そこへ突然ハティがやってきた。
身なりもきちんとし、いかにも上品な奥様といった感じである。
隣には紳士風の男と、宿で育てていた赤ん坊もいる。

再婚し、バイオレットのことを気にしていたハティは夫に打ち明けた。
すると夫は学校にいかせてやるから引き取れといってくれたと言う。
母親に会えて幸せそうなバイオレットはやはり12歳の少女だった。
妻だからと制止しているベロックに「一緒に行こう」と言う。
自分よりも母親を欲している彼女に呆然とするベロック。
バイオレットは母と手を繋ぎ行ってしまった。

プリティ・ベビー 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1978年
  • 上映時間:109分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ルイ・マル
  • キャスト:ブルック・シールズ、キース・キャラダイン、スーザン・サランドン、フランセス・フェイ etc

プリティ・ベビー 批評・レビュー

映画『プリティ・ベビー』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

この映画に悲哀は無い

本作品は売春宿を舞台にした物語である。
母親と同じ道を歩むことを当たり前だと感じている少女達の姿をも描いているが、びっくりするほど悲哀が無い。
悔しさや劣等感など一切持ち合わせていないのだ。
それもそのはず、産まれた時からこのような暮らしをしているわけだし、日本の昔によくある女郎小屋での虐めなどもあるわけでもない。
ただ事実として売春を職業として受け入れているのだ。

そういう意味では少女が売春と聞いて一瞬ためらった人でも、見やすい作りとなっているから安心して欲しい。
ルイ・マル監督の手法は見事でどこにも嫌らしさも感じさせないのだ。
今の日本で児童売春を扱った作品など問題になるのが目に見えているが、さすがアメリカ。
作品として芸術性の高いものにしてしまうから見事である。

ラストシーンでの母親を求める少女の姿

本作品で母を執拗に求めるバイオレットの姿は描かれていない。
それどころか淡泊で、家族という物を自分の中で捉えられていないようにさえ感じるほどだ。
それが結婚したにも関わらず、久しぶりに姿を現した母親に思わず嬉しさを隠せず走って近づく。

そして一緒に暮らそうと言った母に疑問を持たず、素直に娘として受け入れるのだ。
このことにベロックは呆然とする。
夫よりも自分を棄てた母親を選ぶとは思っていなかったからだ

結局12歳の少女はどんなに大人に成長させられても子供でアリ、親が必要なのだということを思い知らされる結果になった。

プリティ・ベビー 感想まとめ

この時代になんて衝撃的な内容の映画だろう。
いや、むしろこの時代だからこそ制作出来たのかもしれない。

この映画で伝えたいことを考えてみる。
娼婦としての物語を描きたいわけでも無い。
すると親子の普遍的な愛情か。
それとも12歳の少女が大人により被害をうけたという環境を巡る問題を描いているのか。

映画としての内容は普通。
とりたてて大盛り上がりする箇所も無い。
しかしバイオレットの純真無垢で美しい演技と姿には誰もが目を見張るだろう。

Amazon 映画『プリティ・ベビー』の商品を見てみる