『プリズン・ブレイク シーズン2』のネタバレあらすじ結末

プリズン・ブレイク シーズン2の概要:不可能にも思われたフォックスリバー刑務所から脱獄を果たしたマイケル達であったが、アブルッチが事前に手配してあったはずの逃走用飛行機は彼らを乗せることなく飛び立ってしまう。計画の髄を成す部分が破綻してしまい一瞬は途方にくれる様子のマイケルではあったが、陸路を使ってなんとか逃げ延びようとするのだった。

プリズン・ブレイク シーズン2の作品概要

プリズン・ブレイク シーズン2

公開日:2006年
話数:全22話
ジャンル:アクション

プリズン・ブレイク シーズン2の登場人物(キャスト)

マイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)
元建築技術士の脱獄犯。兄を救出するために自ら投獄され見事に脱獄を成功させるが、全米から追われる身になってしまう。
リンカーン・バローズ(ドミニク・パーセル)
マイケルの兄であり、彼が一番に信頼を置いている人物でもある。
サラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)
フォックスリバーで女医をしていた。マイケルの脱獄を助けたことで傷心し、薬物で自殺を試みるが失敗する。
フェルナンド・スクレ(アマウリー・ノラスコ)
マイケルと同じ牢屋に収監されていた人物。マイケルも彼には信頼を置いている。
セオドア・バックウェル / Tバック(ロバート・ネッパー)
凶悪な殺人犯。マイケルと共に脱獄に成功する。
ブラッド・ベリック(ウェイド・ウィリアムズ)
元フォックスリバーの刑務長。
アレクサンダー・マホーン(ウィリアム・フィクナー)
FBIの敏腕捜査官。マイケル達を追い詰める。

プリズン・ブレイク シーズン2のネタバレあらすじ

海外ドラマ『プリズン・ブレイク シーズン2』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

第1話 逃亡者たち

マイケル(ウェントワース・ミラー)やリンカーン(ドミニク・パーセル)を含む8人の脱獄囚は直ちにリストアップされ、国家のあらゆる機関から追われる身になってしまう。依然、近隣の警察とフォックスリバーの看守達に追われる彼らは、偶然通りかかった貨物列車を利用し追っ手との距離を離すことに成功するのだった。

一方、FBIの建物の中では着々と彼らの捜査の準備が進み、その日のうちに冷酷な敏腕捜査官であるマホーン(ウィリアム・フィクナー)はメディアを通して彼らの身元と容姿を国内中に広める対策を取る。このマホーンの策略によって、脱獄囚達の行動は限定的なものになってしまうのだった。

一度は追っ手を撒ききったマイケル達は次にどこに向かうべきかを話し合い、マイケルはどこか心当たりがあるようだった。そんな中、狩猟を楽しんでいた子供連れの親子に災難にも遭遇してしまう 。脱獄囚が幼い娘に手をかけるのではないかと心配するマイケルやスクレ達と親子が通報などをして逃亡を阻止されてしまう可能性に怯えた他の脱獄囚の間で緊張が走る。マイケルの心配は悪い方に転んでしまい、アブルッチ(ピーター・ストーメア)が娘を人質にとる場面もあったが、そのおかげで彼らは逃走用の車と銃を手にすることとなる。その頃、マイケル達に左手を切断されて置いていかれてしまったTバック(ロバート・ネッパー)は動物病院に辿り着き、獣医に治療を施すように脅すのだった。

マホーンの捜査は引き続き行われており、マイケルの計画や意図をある程度の所までは突き止めていた。マイケルが証拠として残ることを恐れ破棄したパソコンのデータも回収されてしまい、マホーンは完璧だと思われたマイケルの計画の核心に近づいていた。所変わって、副大統領の弟がまだ生存しているスキャンダルを掴んだヴェロニカ(ロビン・タニー)は副大統領の弟の住むセーフハウスを訪れるが、殺害されてしまう。

マイケル達は無事に目的地にまではついたものの、マホーンに突き止められてしまい、足取りを掴まれてしまう。ヴェロニカを失ったことに動揺を隠せないリンカーンをマイケルは慰め、逃亡生活の始まりを噛みしめるのであった。

第2話 オーチス

脱獄囚はマホーンの捜査が迫り来る中、お互い別れて逃亡を図ることを決意した。マイケルは追われる身である自身とリンカーンの身を考慮し、LJ(マーシャル・オールマン、)には当分合わないことを決意するがリンカーンはそれに反対する。実の甥でもあるLJの身を案じるマイケルは彼を救い出す計画を立てるのであった。

マホーン捜査官はLJの元を訪れ、マイケル達の捜査に協力するように説得する。LJはマホーンに協力するような振る舞いを見せるが、リンカーンとの電話での会話を通じて逃走することを決断する。

所変わって、獣医を脅して腕の治療を終えたTバックは命乞いをする獣医を口封じのために殺害。彼は刑務所の外に出た自由と殺害による快楽を噛みしめるように味わうのだった。

一方ベリック(ウェイド・ウィリアムズ)は逃亡したマイケル達の追走に翻弄していたが、彼の囚人との不正な金銭のやり取りが問題になり事情聴取を受けることになる。結果として彼は懲戒処分となり、自殺まで考えるが彼らの懸賞金の額を聞き、賞金稼ぎとして彼らを追うことに決める。

マイケルの計画実行の時が着々と近づき、彼らは必要な物品を買い付けにホームセンターに訪れていたが、周囲の人間に気づかれあえなく逃亡。マイケルは投獄される前に準備していた車でメキシコまで逃亡する計画だったが、その車を失ってしまうことになる。マイケル達は気を取り直し、LJの救出に向かうがこの計画もマホーンの阻止によって失敗。LJはアリゾナ州の刑務所に投獄されることになり、彼らは離れ離れになってしまう。更に災難は続き、逃走の際にリンカーンは右足に銃弾を被弾し、動ける状態ではなくなってしまう。マホーンは彼の負傷に気がつき、周囲の病院を全て調べ上げることを指示する。

彼らはマホーンによって確実に追い詰められた状態になっていくのであった。

第3話 スキャン

マホーンによって追い詰められたマイケルとリンカーンはニカのアパートへと向かう。ニカは偽装結婚の条件に逃亡の手助けは含まれないと反発するが、マイケルはリンカーンの傷の応急処置が必要な手前に仕方がなかったと頼み込む。そしてマイケルは奪われてしまった車の奪還に向かうが、マホーンも同じ頃にマイケルの車を探していたのだった。マホーンは車を取りに来ていたマイケルに近づくが、ここではマイケルが先手を取り車の奪還に成功する。マイケルはリンカーンに今後の行き先を伝えるが、もう一つだけやり残したことがあると伝える。

一方スクレはマリクルーズと最後のチャンスとして彼女に会うために知人に電話するが、もうすでに脈はないと断言されてしまう。諦めきれないスクレは車を盗み、彼女の元へと急行するのだった。しかし、またもや周囲の人間に通報をされてしまいマホーンに彼がオハイオで車を盗んだことを気づかれてしまう。やっとの思いで知人の家まで辿り着いた彼はマリクルーズがその場にいないことを知らされる。スクレはバイクを手に入れ、彼女の元へと再度向かうのだった。

マイケルのやり残したこと、それは彼らの死の偽装であった。彼は盗聴されている電話だと知り、わざとその電話で電話をかけ彼らの居場所をマホーンに伝える。マホーンは彼らの元へと急行するが、それはマイケルの策略だったということだ。マイケルは車を爆破し、その中に彼らの血液と思われるものを仕込み彼らの死を偽装したのだった。ニカからの協力を受けて新しい車を手にしたマイケル達は偽装の現場から立ち去るが、そこには賞金稼ぎに鞍替えをしたベリックの姿があった。

関連作品

次作 プリズン・ブレイク シーズン3
前作 プリズン・ブレイク シーズン1