映画『プロデューサーズ(2005)』のネタバレあらすじ結末

プロデューサーズ(2005)の概要:落ちぶれた元大物プロデューサーとプロデューサーを夢見る会計士。彼らは出資金をだまし取るため、わざと失敗確実のミュージカルを上演するが…。トニー賞12部門受賞の大ヒットミュージカルを、初演時の主役コンビを迎えて映画化。

プロデューサーズの作品概要

プロデューサーズ

公開日:2005年
上映時間:134分
ジャンル:コメディ、音楽
監督:スーザン・ストローマン
キャスト:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマン、ウィル・フェレル etc

プロデューサーズの登場人物(キャスト)

マックス・ビアリストック(ネイサン・レイン)
今ではすっかり落ち目の、元大物ミュージカルプロデューサー。下品で怒りっぽく、自分勝手。お金に困っている。
レオ・ブルーム(マシュー・ブロデリック)
プロデューサーを夢見る会計士。臆病で神経質、ヒステリーを起こしやすい。大人になっても毛布が手放せず、絶えず毛布の切れ端を持ち歩いている。
ウーラ(ユマ・サーマン)
スウェーデンからやってきた女優の卵。セクシーで美人だが、少々頭が悪い。
フランツ・リープキン(ウィル・フェレル)
ヒトラーを敬愛してやまない脚本家。その愛には常軌を逸したものがある。
ロジャー・デ・ブリー(ゲイリー・ビーチ)
陽気なゲイの演出家。明るく楽しいショーを得意としている。

プロデューサーズのネタバレあらすじ

映画『プロデューサーズ(2005)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

プロデューサーズのあらすじ【起】

ミュージカルの聖地、ブロードウェイ。マックス・ビアリストックが作ったミュージカルはまたもや大コケだ。かつてはブロードウェイきっての大プロデューサーとして名をはせたマックスも、今では落ち目。何人もの老人女性の恋のお相手をしてショーの資金を稼ぐ始末だ。彼の事務所に、会計士のレオ・ブルームが帳簿の整理にやってきた。かれはマックスの帳簿を見て、収入の計算が合わないと指摘する。つじつま合わせを懇願されたレオは、ショーが失敗した方が儲かる場合もあることに気がつく。それを聞いたマックスは大乗り気で話を聞く。100万ドル集めて10万ドルのミュージカルを作り、大失敗させれば、出資者に金を返す必要もないから大儲けだと言うのだ。マックスは最悪の脚本・演出家・役者と200万ドルの出資金を集めて大儲けしようとレオに持ちかける。

いかさまともいえるこの計画を辞退したレオだったが、会計士の仕事はみじめで退屈。彼は子供のころからプロデューサーになるという夢を持っていた。レオはマックスの申し出を受けてプロデューサーになることを決意する。

プロデューサーズのあらすじ【承】

まずは最低の脚本探し。マックスは全ての人を敵に回すような、大コケ確実の脚本を見つけ出した。題名は『ヒトラーの春』、独裁者ヒトラーを賛美した内容だった。2人は急いで作者のフランツ・リープキンに会いに行く。フランツはヒトラー狂信者で、脚本を使う代わりに、2人にヒトラーへの忠誠を誓わせる。「もしヒトラーの名を汚すことがあれば死が待っている」と脅すのだった。

次は最低の演出家探し。ドレス姿で現れた演出家のロジャーに、マックスとレオは唖然とする。彼は女装趣味があるゲイなのだ。明るい内容のショーしか演出したくないと渋るロジャーに、マックスは歴史ものに挑戦すればトニー賞も夢ではないと説得する。

脚本と演出家が決まり喜ぶ2人のもとに、スウェーデン人のセクシーな女性、ウーラが訪ねてきた。女優を目指す彼女は、ミュージカルに出してもらうために色仕掛けでアピールする。彼女の色気に、2人は採用を決定する。2人はリハーサルに入るまで、ウーラに秘書兼受付嬢をしてもらうことにする。

次は制作資金だ。マックスは自分の出資者であるお年寄りたちを招集して、200万ドルの出資金を集めた。一方ブルームはウーラに惹かれる気持ちを隠そうとするが、ついにウーラと恋仲になってしまう。

プロデューサーズのあらすじ【転】

あと必要なのは役者だが、主役決めが難航していた。ヒトラー役の役者を決めるオーディションが始まるが、まともな役者が来ない。オーディションに来ていたフランツは候補者の歌い方に憤慨、自分が歌い始める。それを見たマックスはフランクをヒトラー役に指名する。

ついに舞台初日。「グッドラック(幸運を)」と言うレオに、「その言葉は舞台初日には縁起が悪い」と注意するマックス達。代わりに「脚を折れ!」がと言うのがよいと教えられる。控室に向かうフランツに皆で「脚を折れ!」と声をかけると、フランツは本当に階段を踏み外して脚を折ってしまった。このままでは舞台は中止、チケットも払い戻しだ。困ったマックスはロジャーに代役を頼む。

ついに舞台の幕が上がる。ヒトラーをほめたたえる内容に、観客は皆唖然。不快感をあらわにし、客席を立ち始める。その様子を見てマックスとレオはにんまり。しかしついにヒトラー役のロジャーが登場した瞬間、観客の足が止まる。ロジャーの演じるゲイっぽいヒトラーに、観客たちは大うけだ。なんと、舞台は大成功を収めてしまった。

プロデューサーズのあらすじ【結】

ミュージカルが大ヒットして困ったのはマックスとレオ。レオは終身刑を恐れて自首しようとし、2人は大げんかを始める。そこへ、ヒトラーを侮辱されて激怒したフランツが、銃を手に乗り込んでくる。騒ぎを聞いた警察がフランツを逮捕するが、マックスの様子を怪しんだ警察が2重帳簿を発見、マックスも逮捕されてしまう。隠れていたレオにウーラは、お金を持って2人で逃げようと提案する。

牢屋に入れられたマックスのもとに、レオから「自分はリオでウーラと楽しく過ごしている」という手紙が届く。友に裏切られたと嘆くマックスの裁判中、レオとウーラが現れた。レオは「マックスが自分の人生を変えてくれた」と弁護する。マックスとレオは、互いがかけがえのない友であると再確認した。しかし裁判長は、2人をシンシン刑務所に入れるのだった。

シンシン刑務所。レオ、マックス、フランツは、刑務所内で囚人たちが出演するミュージカルを作っていた。その功績をたたえて、3人に恩赦があたえられた。再びブロードウェイ。レオとマックスが発表した『愛の囚人』は大成功。彼らは見事ブロードウェイに返り咲くのだった。

Amazon 映画『プロデューサーズ(2005)』の商品を見てみる