映画『カルテット!人生のオペラハウス』のネタバレあらすじ結末

カルテット!人生のオペラハウスの概要:『カルテット! 人生のオペラハウス』は、現役を引退した音楽家たちが集う老人ホームを舞台に、笑いや音楽に満ち溢れた老人たちの姿を描く。ダスティン・ホフマン初監督作品で、出演者にも名優がそろう。

カルテット!人生のオペラハウスの作品概要

カルテット!人生のオペラハウス

公開日:2012年
上映時間:99分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ、音楽
監督:ダスティン・ホフマン
キャスト:マギー・スミス、トム・コートネイ、ビリー・コノリー、ポーリーン・コリンズ etc

カルテット!人生のオペラハウスの登場人物(キャスト)

ジーン・ホートン(マギー・スミス)
有名なオペラ歌手だった。ホームに越してくる。昔レジーと結婚していたが、彼を傷つけて離婚した。そのことを謝りたいと思っている。
レジー・パジェット(トム・コートネイ)
元オペラ歌手。今は学生相手に講義をすることもある。ジーンがホームに来たことを知り、もう居場所はなくなってしまうと憤慨するが、その実、彼女をまだ愛している。
ウィルフ・ボンド(ビリー・コノリー)
元オペラ歌手。年老いても女性の尻ばかり追いかけている。
シシー・ロブソン(ポーリン・コリンズ)
元オペラ歌手。子供っぽい所があり、チャーミングな性格。昔馴染みのジーンが来たことを喜ぶ。少しずつ痴呆が進行している。
シィドリック・リビングストン(マイケル・ガンボン)
ホームを取り仕切っており、影で「ガキ大将」と称される。「セドリック」と呼ばれるのを嫌がる。
ルーシー・コーガン(シェリダン・スミス)
ホームの医者。次々起こる問題に少々手を焼いているが、ホームの老人たちに元気をもらっている。

カルテット!人生のオペラハウスのネタバレあらすじ

映画『カルテット!人生のオペラハウス』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

カルテット!人生のオペラハウスのあらすじ【起】

イギリスの郊外にあるビーチャム・ハウスは、現役を退いた音楽家たちが集う老人ホームだ。朝から晩まで音楽が絶えず、人々は楽しく暮らしている。
しかし、ホームは資金難で、閉鎖の危機に瀕していた。入居者たちは、ヴェルディの生誕祭で開かれるガラ・コンサートを成功させなければ、ホームから出て行くしかない。

特に張り切っているのがシィドリックだった。かれはガラ・コンサートのすべてを仕切り、駄目出しを連発している。

そんな中、ホームに新たな入居者が加わることになった。かつて有名なオペラ歌手だった、ジーン・ホートンだ。
ジーンは、かつて親交のあったシシーに迎えられ、建物を案内してもらう。
シシーはちょうど、ジーンや、入居者のレジー、ウィルフと4人で歌った『リゴレット』のカルテットを聴いていた。昔を思い出して喜ぶ。

一方、レジーはジーンが来たことを知り、憤る。「なぜ自分に教えなかったのだ」とルーシーに詰め寄った。
そう。レジーとジーンの間には因縁があるのだ。

カルテット!人生のオペラハウスのあらすじ【承】

ジーンは、レジーが入居していることを知っていた。シシーの案内でレジーと再会するが、レジーの態度は冷淡。
彼がここまで怒っているのには訳がある。2人はかつて結婚していた仲だったが、ジーンがレジーを傷つけ、離婚してしまったのだ。

ジーンはレジーを追いかけ、過去のことを謝罪する。立ち去ろうとするレジーだったが、ジーンが涙するのを放ってはおけず、ハンカチを差し出す。
ジーンはハンカチに沁み込んだコロンの香りが懐かしい、と言う。

ガラ・コンサートに向けての練習は続いていた。
シィドリックは、ジーンが来たことであの『リゴレット』の4人が揃った、と、彼らにガラ・コンサートで歌うように言う。
かつての素晴らしい4人がまた歌うとなれば、資金が集まってホームの危機は救えるかもしれない。
シシーは最近ずっと聴いていた『リゴレット』をまた歌えると大喜び。レジーは屈辱的な離婚依頼ジーンとの共演を頑なに拒んでいたが、今回は引き受ける。

シィドリックの命を受けたシシーとウィルフとレジーは、ジーンの説得方法を考える。

カルテット!人生のオペラハウスのあらすじ【転】

3人は、ジーンを外食に誘う。魂胆を知らないジーンは食事を楽しむが、歌の話が出ると拒絶する。
ジーンは本当に素晴らしい歌手だった。かつての栄光は今でもジーンの誇りだ。しかし、その栄光に固執するあまり、老いた自分が以前のように歌えないことにおびえているのだった。

翌朝、全員が集まる朝食の席で、ジーンはレジーに「これがあなたの復讐なのか」と言い、「くたばれ」と罵って立ち去る。

シシーは怒ったジーンをなだめようと、花を持って彼女の部屋を訪ねる。しかし、ジーンはかたくなに拒み、シシーを部屋から追い出して花を投げつける。
階下ではそれを見ている人もいた。

シシーは痴呆が進んでいる。「殴らないでママ」と怯え、そのまま倒れてしまった。その夜、医務室で眠るシシーをジーンが見舞う。
隣のベッドには昔の知り合いが。彼はジーンの乱暴な振舞を見ており、彼女を窘めた。
ジーンはやりすぎたと感じ、シシーに謝るのだった。

ジーンは再び歌うことを決意した。それは、ライバル的存在だったアンがソロで歌うと聞いたことも関係している。
こうしてガラ・コンサートに向けてホーム一丸となって準備をする。

カルテット!人生のオペラハウスのあらすじ【結】

ガラ・コンサート当日。
始まる前に観客の前に立ったルーシーは、日々入居者の姿に励まされ、元気をもらっていると感謝した。

ジーンたちの出番は最後だ。
メイクルームでジーンとシシーは話し込んでいた。こうしていると、まるで若い頃のようだった。
シシーは、ジーンとレジーの間に何があったのかと尋ねる。

ジーンは、レジーにプロポーズされ、喜んで受けたが、結婚を前に浮気をしてしまったことを話す。
酔っ払った勢いでテノール歌手と寝てしまったのだという。
結婚式の後、ジーンは正直に打ち明けた。当然レジーは怒り、そして2人の結婚生活は幕を閉じた。わずか9時間の結婚生活だった。

ジーンはその時のことを「人生最大の過ち」と後悔していた。そしてもう二度とやり直せない、と。

外で話を聞いていたレジーは、「遅いことはない」と思う。

いよいよ出番という時、シシーが急に帰ろうとした。またボケだ。だが、ジーンが上手く引き留め、彼女は今やるべきことを思い出した。

舞台のそでに立ち、ジーンはレジーと見つめ合っていた。「ハンサムだ」と褒めるジーンに、レジーも「君こそ美しい」と返す。そして「結婚してほしい」と告げる。

ジーンは最高の喜びの中、ステージに立っていた。
ガラ・コンサートは大成功に終わった。

Amazon 映画『カルテット!人生のオペラハウス』の商品を見てみる