映画『ララピポ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ララピポ」のネタバレあらすじ結末

ララピポの概要:奥田英朗原作の小説を映画化した作品。東京の底辺に暮らす人々にスポットを当て、6人の人間の日常が交錯する群青劇となっている。現状に苦しみながらも必死に生きようとする姿を、セックスの観点からコメディタッチに描いている。

ララピポの作品概要

ララピポ

公開日:2008年
上映時間:94分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:宮野雅之
キャスト:成宮寛貴、村上知子、中村ゆり、吉村崇 etc

ララピポの登場人物(キャスト)

栗野健治(成宮寛貴)
23歳、キャバクラのスカウトマン・月収30万円。悲惨な幼少期を過ごしていた。母に吐いた嘘をきっかけに、幸せになるためには嘘を吐くことが必要だと信じるようになる。それは、大人になっても変わらなかった。
玉木小百合(村上知子)
26歳、声優志望・月収50万円。自身のセックスライフをDVDにして販売している。
佐藤智子(中村ゆり)
20歳、元デパートの店員。良枝の娘。ポン引きの粟野に出会い、恋をする。そして、粟野に勧められるまま風俗で働き、最終的にはAV女優として100万円稼ぐようになる。
青柳光一(吉村崇)
26歳、カラオケBOX店員・月収16万円。SFオタクで、ヒーローのスーツを着るのが趣味。意見をはっきり言うことが苦手。
杉山博(皆川猿時)
32歳、フリーライター・月収15万円。女性を口説いても相手にされないことにショックを受け、引き籠りになる。上の階の住民のセックスを盗み聞きしては、オナニーをして発散している。
佐藤良枝(濱田マリ)
43歳、AV女優・月収20万円。痴ほう症の義母を介護するのに疲れ、家を出て旅に出る。その間に義母が亡くなってしまい、遺体を誤魔化すためにゴミを家に置くようになる。夫や娘は家族に無関心で、介護を手伝うこともなかった。

ララピポのネタバレあらすじ

映画『ララピポ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ララピポのあらすじ【起】

この世界には2種類の人間しかいない。一生地べたに這いつくばる人と、そこから抜け出し高く上り詰める人。セックスをする人と、それを覗く人。違う世界に踏み出せる人と、それができない人。平和を乱す人と、平和を守る人。100万人に愛される人と、誰にも愛されない人。

杉山は1人も友達がおらず、しばらく誰とも話していなかった。セックスする相手もおらず、上の階に住む男女のセックスを聞きながらオナニーするのが日課だった。今まで杉山がデートに誘った女性は、杉山に触れられるのも嫌がり悲鳴を上げる人ばかりだった。それが5回ほど続いたある日、杉山は全てのことに嫌気が差し、家に引き籠るようになった。

杉山が居酒屋で飲んだくれていると、隣に座った女性(玉木小百合)にお酒を零してしまう。杉山は謝罪しながらハンカチで拭いていたが、玉木は気にしている様子もなく微笑んだ。その姿に好感を持った杉山は、今までの分を取り返すように玉木とおしゃべりを楽しみ、セックスをした。だが、玉木から似た者同士だから付き合おうと言われ、杉山は急に熱が冷めて玉木を殴ってしまう。

杉山の上の階の住人が、引っ越しをしていなくなった。杉山は惨めな気持ちになり落ち込んだ。そして、玉木に謝罪するために部屋を訪ねるが、そこには別の男性の姿があった。杉山は怒りをぶつけるように男性に掴みかかったが、玉木に止められる。玉木に淋しかったのだと泣きつかれるが、杉山の気持ちは晴れなかった。玉木に好きにしていいと言われ、杉山は玉木の首を絞めてしまう。

ララピポのあらすじ【承】

デパートに勤める佐藤智子は、自分に自信がなく終始俯いて歩いていた。ある日、ポン引きの栗野健治に声を掛けられる。可愛いと褒めてくれる東野の言葉に喜び、智子は勧められるまま風俗で働くようになる。

智子は店の女性とも馬が合わず、接客も上手くできずに孤立していた。だが、セックスをすることは嫌いではなかった。そのことを粟野に相談すると、“ヌキキャバ”を勧められる。そこは、個室で働くため他の女性と会う必要もなく、接客もする必要がなかった。手で奉仕すればいいと言われ、智子は了承した。

智子は客に付きまとわれるようになり、粟野に相談した。すると、別の店に移動した方がいいと勧められ、口で奉仕する店に移動になる。智子は口で奉仕するのは嫌だと感じたが、粟野に笑顔で言われると受け入れることしかできなかった。だが、そこにも前と同じ男が現れ、付きまとわれてしまう。

粟野は男性をこっそり殴って痛めつけていたが、風俗で働く智子の姿をビデオに撮られており、100万渡さないとデパートにばらすと脅されていると嘘を吐いた。そして、智子にデパートを辞めて、AVで働くことを勧めた。マネージャーになって24時間守ると言われ、智子はそれを受け入れた。

智子の実家はゴミ屋敷になっており、智子は両親のことが好きではなかった。だから、ここから救い出してくれるのなら、誰でもよかった。粟野は智子を救ってくれた人だった。

青野はヒーロースーツを着て楽しむ、SFオタクだった。セックスに関する欲情などは悪いもので、地球は再生不可能の状態だと考えていた。だが、青野自身も隣に住む女性に欲情していた。

ある日、青野は渋谷の援助交際を纏め上げているヤンキーから、カラオケの部屋を貸してくれと脅される。その男のバックにはヤクザがいた。店長にバレるとヤバいことは分かっていたが、青野は言う通りにするしかなかった。

青野は援助交際をする男女の姿を見て、欲望が抑えられなくなる。カラオケの部屋を覗こうとしているところを女の子に見られ、セックスをしようと誘われる。青野は女の子を抱こうとするが、そこに別の女の子が助けを求めて現れる。援助交際をしていた男が、女の子に無理矢理アナルセックスを強要したのだ。

話しを聞いたヤンキーはオヤジの顔面を殴ると、青野に尻を出すよう強要した。青野は心の中で助けを求めるが、ヤンキー達に取り押さえられそのまま犯されてしまう。

ララピポのあらすじ【転】

粟野はポン引きをしており、嘘を吐いて女性の容姿を褒め、その気にさせて風俗に送り込んでいた。キャバクラなどは取り分が少なかったが、AVに送り込めればそれなりの稼ぎになった。

女性はほっとくと簡単に辞めてしまうため、粟野は心の中で悪態を吐きながらも、女性の愚痴を聞きケアを怠らなかった。そして、セックスをして体でも繋ぎ止めていた。ある日、粟野は社長からAVで働く熟女(佐藤良枝)のマネージャーをやってくれと頼まれる。取り分は少なかったが、断ることはできなかった。

粟野はカフェで良枝と待ち合わせをした。現れた良枝は、ボサボサの髪の毛にみすぼらしい身なりをしており、粟野はあまり関わりたくなかった。だが、良枝はセックスが好きで仕事に積極的だった。粟野は簡単に仕事の話をすると、そそくさと席を立った。だが、良枝に腕を捕まれ、ラブホテルに連れて行かれる。粟野は嫌だったが、良枝に襲われてしまう。

粟野は幼少期、劣悪な環境で育った。ある日、母から自分の子供に生まれて幸せか聞かれ、粟野は小さく頷いた。そこから、粟野は幸せになるには嘘が必要だと思うようになった。

粟野は智子に付きまとっていた男を殴り、脅して金を巻き上げていた。智子にはそのことを内緒にしていた。粟野は智子の作った料理を食べていたが、あまりおいしくはなかった。そのことを正直に言うと、智子は初めて本当のことを言ってくれたと微笑んだ。粟野は驚きながらも、自然と智子に一緒に住もうと提案していた。それは、嘘偽りない粟野の本当の気持ちだった。智子は微笑みながら頷いた。

粟野は刑事に恐喝罪で連行され、取り調べを受ける。だが、男性の方がストーカーをしており、自主的に金を持ってきたのだと嘘を吐いた。ラブレターがあったので警察はそれを信じた。そのラブレターに、良枝と智子の契約書が混じっていた。粟野は良枝達が書いた住所を見て、全く同じだったことを知り愕然とする。2人は親子だったのだ。良枝達が同じAVに出演する予定だったため、粟野は急いで現場に向かった。だが、途中でトラックに跳ねられてしまう。

良枝達は現場で顔を合わせており、気まずい空気が流れていた。2人は他人の振りをして、仕事を全うすることを決めた。良枝は去っていく智子の後ろ姿を見ながら、2度と帰ってこないことを感じた。

ララピポのあらすじ【結】

良枝の家はゴミ屋敷になっていた。近所から苦情が出たため市役所員が訪ねてくるが、良枝は追い返してしまう。

4年前、良枝の義母が痴ほう症を発症した。外を徘徊するため、2階の部屋に鍵を掛けて閉じ込めるようになった。義母はおむつをしていても、脱いで畳におしっこをした。良枝は畳を掃除をする日々が3年続いた。だがある日、疲れて3日掃除するのを止めた。すると、尿が天井からもれるようになった。夫も娘も手伝ってはくれなかった。良枝は疲れ果て、ふらっと旅に出かけた。家に戻ると、母の部屋から死臭が漂ってきた。それから消臭剤を撒き、2階の階段に荷物を置いて塞ぐようになった。すると、1階の掃除もやる気が起きなくなり、ゴミ屋敷となった。

市役所の強制執行があれば、義母の死体が見つかるのは免れなかった。ある夜、タイヤに火を点けている、ヒーローの格好(青野)をした人を見かける。良枝は声を掛け、黙っている代わりに家に火を点けてくれと脅した。青野は泣きながら良枝の家に火を点けると、その場を逃げ出した。

良枝は満足した気持ちで家が燃えているのを見ていたが、夫が寝ていることを思い出す。夫は不眠症で、病院で貰った薬を飲んで寝ていた。良枝は夫を助けるため、急いで燃えている家の中に入った。

小百合は自分のセックスライフを録画してDVDで販売していた。杉山とのセックスも金に換えていた。居酒屋で男性を見つけては同じことを繰り返していた。ある日、小百合はファンレターを貰う。手紙を書いた人は、社会の底辺にいる男達に愛情を注ぐ小百合の姿に感動していた。だが、小百合は手紙を読んでも、特に何も感じなかった。

粟野は事故以来、智子に会わなかった。智子は1人立ちをして、AVの世界で大ブレイクしていた。粟野は松葉杖をつきながら、ポン引きの仕事を続けていた。それしか、できることがなかったからだ。良枝は夫と入院していたが、微笑んで眠る夫の顔を見られて幸せだった。

Amazon 映画『ララピポ』の商品を見てみる