映画『裏窓』あらすじとネタバレ感想

裏窓の概要:「裏窓」は1954年製作、アルフレッド・ヒッチコック監督のコメディ・サスペンス。アパートの住民を覗き見的視点で描く。ジェームズ・スチュアートとグレイス・ケリー主演。実験的でおしゃれな作品。

裏窓 あらすじ

裏窓
映画『裏窓』のあらすじを紹介します。

ニューヨークの芸術家が集まるアパート。報道カメラマンのジェフ(ジェームズ・スチューアート)は、カーレースを取材中に足を怪我してしまい、ギブスで不自由かつ退屈な毎日を過ごしていた。あぁ、ギブスの足がかゆい。
しかし、窓から見える様々な人間模様に惹かれ、つい”覗き見感覚”で住人たちを眺めているとこれがなかなか面白い。退屈まぎれにあだ名を付けてみた。
太っているミス・グラマー、下着姿で踊るバレエダンサー、”モナリサ”を弾く作曲家、毎日、夜会を開いている女王蜂、恋人がなかなかできないミス・ロンリー、ガミガミ女房とその主人など個性的な住人がいます。

ジェフには、恋人でファッションモデルのリサ・キャロル・フレモント(グレイス・ケリー)がいるが、結婚について踏み切ることが出来ないでいた。一方、恋人を夢見るミス・ロンリーは、一人で恋人とのディナーを妄想中。グラスを傾けた時、ジェフも同情して傾けます。
ある日、ジェフはガミガミ女房と主人のいつもとは違う様子に気が付きます。病気がちの女房の姿が見えず、深夜になると雨にもかかわらず、白いトランクを抱えて3度も外出しては戻るを繰り返していることに。翌朝、いつもの様に看護師ステラからマッサージを受けながら昨晩の話をした。
向かい2階の部屋では、カゴに犬を乗せて地上に下ろす女性が。犬はしきりに花壇の匂いを嗅ぎ、掘り返しています。疑惑の男の部屋のブラインドが開き、台所で新聞紙にくるんだ刃物を取り出した時、それが包丁とノコギリであるとはっきりジェフは見た!
夜になり、恋人リサに”何故、男はトランクを抱えて雨夜に3度も出たり入ったりするのか?”と問うが、リサはジェフの言い分に取り合わない。それでもジェフは、女房は殺されたのだと主張を譲らない。

疑惑の男の名前が、ソーワルドーで、職業が宝石を売るセールスマンだとリサに聞いたジェフは、友人のドイル刑事に電話で”殺しがあったようだ”と連絡。何故、殺しがあったと思うんだ?とドイル刑事に聞かれたが、証拠も目撃情報もないのだ。
朝になり、再びソーワルドーがトランクを抱え、部屋に戻ってきた。着替えだろうか?ソーワルドーの部屋を望遠レンズで覗くと、女房のバックから高価な装飾品をいくつも取り出しては、長距離電話をかけていた。その様子を聞いたリサは、”女は好きなバッグを必ずベットのそばに置くわ。それを何故、旅行に持っていかないのかしら?”と。

翌朝、犬が首を折られて死んでいるのが発見された。ソーワルドーが犬を殺したのか?ジェフは、裏庭を撮った写真を確認してみた。どうも犬が盛んに匂いを嗅ぎ、掘り返していた花壇が怪しいようだ。夜、ソーワルドーが留守にしている間にリサとステラで掘り返してみる事に。だが、何も出てこない。
リサは、ソーワルドーの部屋を調べることにした。しかし、すぐにソーワルドーが帰宅してしまう。リサの身があぶない!ジェフは、警察に応援を頼んだ。

リサが警察に行ったのと入れ替わるように、電話のベルが鳴った。電話の向こうには、ソーワルドーの声。危険を感じたジェフだったが、車いすの身で自由に動くことができない。暗闇の中、ソーワルドーの靴音が1歩ずつ近づいてきます。逆上したソーワルドーがジェフに襲いかかってきた。ジェフは、カメラのランプで応戦するが、追い詰められていく。
ジェフは窓から振り落とされそうになり、警官が駆けつけるが、落下してしまう。事件は解決したが、ジェフは怪我を負い、両足ギブスで固定されてしまう。

裏窓 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1954年
  • 上映時間:113分
  • ジャンル:コメディ、サスペンス
  • 監督:アルフレッド・ヒッチコック
  • キャスト:ジェームズ・スチュワート、グレイス・ケリー、レイモンド・バー、セルマ・リッター etc

裏窓 ネタバレ批評

映画『裏窓』について、感想批評です。※ネタバレあり

迷探偵ジェフの覗きのテクニックを見よ!

ヒッチコックの作品は、スリラー・サスペンスばかりだと思っていませんか?本作「裏窓」は、実験的なコメディでしかもおしゃれな映画です。迷探偵ジェフの視点から、探っていきましょう。

主人公ジェフは、カーレースを取材中に怪我をしてしまい、片足がギブスで自由に動けない状態。このジェフの視点で物語は進行してゆきます。ジェフが見つめる先は、アパートで暮らす個性豊かな住民たちの生活。覗かれることは嫌だけど、アパートという一つの場所に限定された緊張感や動きが面白い!

しかもサイレントなので、ほぼ1人芝居で1つの人生を表現しています。その住人の中で、ミス・ロンリーが気に入っています。なかなか恋人に恵まれず、恋人とのディナーを妄想したり、時に悩んで睡眠薬を飲み、自殺未遂してしまう繊細な人物。ジェフもそんな彼女に同情して一緒にワイングラスを傾けています。

また作曲家がピアノを弾いて「モナリサ」を合唱するシーン。この曲は「モナリサ」で、グレース・ケリー演じるリサの名前と同じなのです!つまり、リサのテーマ曲を弾いているわけです。このように、1人の人生が全体に繋がっている点も見逃せません。ヒッチコックの人物や出来事の細部までこだわった設定と迷探偵ジェフの覗きがいやらしくないのが本作の魅力です。

最後まで本当に殺人事件があったのかどうかも分かりません。言葉で多くを説明しない代わりにカメラの動きによって人物像やアパート全体を表現しています。例えば、主人公ジェフの説明を部屋の壁にかかっている写真をカメラでパン(位置を固定したまま、首を振るようにカメラを動かす事:出典「ハリウッド白熱教室~映画」)させることで彼が報道カメラマンであると見せます。

また、アパート全体をロング・ショットで見渡すように撮影しています。アパートは本当によく作られていて、アパートを抜けた通りには、レストラン・バーがあり、車が走っているのも見えます。緻密に構築されたヒッチコック世界に驚嘆しますよ。

ブラック・ユーモアの効いたサスペンス

次に注目するのは、ブラックユーモアを引き立たせる小道具です。主人公ジェフは報道カメラマンなので、望遠レンズ付きのカメラやソーワルドーに襲われた時に活躍したカメラの赤光フラッシュなどを使用しています。推理の途中で、裏庭を撮影したフィルムも!筆者が好きなのは、ジェフが暑くて、ギブスをはめた足がかゆいと孫の手で搔くシーン。何気ない日常ですが、くすりと笑えますね。

また、主人公ジェフが恋人リサとの結婚問題に対して悩む事が多いのも定番になっています。ジェフの世話やマッサージをする看護婦ステラの毒舌と下ネタにもびっくり!ユーモアで緊張を解いた後、再びドキドキする展開を用意しているのです。

おしゃれな映画として見逃せないのは、本作のヒロイン、グレイス・ケリー演じるリサの華麗なファッションと小物です。帽子やドレス、真珠、なんといっても華やかなネグリジェ。どれもとても素敵です。ヒッチコックは気品がある美人の女優しか起用しなかったとか。そんな美意識があるからこそ、名作が生まれるのです。

裏窓 感想まとめ

ヒッチコックの隠れた名作ともいえる「裏窓」。サスペンスであるが、殺しの瞬間も証拠もないという異色なコメディ&ブラックユーモアにあふれた作品です。主人公ジェフの視点から描かれ、(足にギブスをはめられていて動くことができない)覗き見を繰り返しているが、嫌味のない演技で笑いとスリルを誘います。

ジェフが見つめる先は、芸術家などが集まるアパート。ミス・グラマーやバレエダンサー、ミス・ロンリーにガミガミ女房と主人といった個性的な住人の生活が目の前で繰り広げられます。アパートという限定された空間が緊張感と動きを高め、1人1人の人生を彩っています。アパートの住民の声はサイレントなため、聞こえないのに面白い!

ヒッチコックの細やかな演出や設定にはまりますよ。またジェフの恋人リサ役を演じる、グレース・ケリーのファッションや小物がおしゃれでうっとりしてしまう。どの角度から見ても楽しめる名作といえるでしょう。

Amazon 映画『裏窓』の商品を見てみる

コメント

  1. はしちゃん より:

    今、NHKBSで見ています。字幕はいいですね。より臨場感があります。10回は見てますね。

  2. 国頭勅公 より:

    結局、犯人は本当に妻を殺し他のか少し疑問です。

  3. ちぃ より:

    グレースケリーが美しかった〜

  4. Tracie より:

    何度見ても楽しめる映画。定点カメラのように舞台がお向かいのアパートから動かないので、座って観察している気分。こちらも疲れない。
    音楽家の弾くピアノが唯一の音。
    あの音の聴こえ方も心地良い。
    必ずスクリーンに顔を出すヒッチコックも直ぐ見つかります。

    グレースのなんと美しいこと‼︎
    彼女の職業柄、毎回最新のドレスを着こなしてジェフのアパートを訪れるのだけれど、大輪の薔薇が開いたように眩しく美しい。
    煮え切らない恋人にかわいく迫ったり、時には彼のために空き巣まがいの侵入を試みたり‥ 一所懸命な姿にジェフの彼女をみる目が変わる瞬間があって、
    そこが好き。