映画『レッド・ファミリー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『レッド・ファミリー』のネタバレあらすじ結末

レッド・ファミリーの概要:絵に描いたような理想の家族。彼らは北朝鮮のスパイだった。残してきた家族の為に次々と任務を遂行する偽装家族。隣の家族と触れ合い自国の思想に反発を覚えていく。南北分裂問題をコミカルに描いたある家族の物語。

レッド・ファミリーの作品概要

レッド・ファミリー

公開日:2013年
上映時間:100分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:イ・ジュヒョン
キャスト:キム・ユミ、チョン・ウ、ソン・ビョンホ、パク・ソヨン etc

レッド・ファミリーの登場人物(キャスト)

班長(キム・ユミ)
リーダー役。最初は忠実な工作員だったが、お隣の家族を見て人間らしさが見えてくる。夫も工作員だったが任務中に亡くなっている。彼女の失敗により、娘も危険にさらされてしまう。
夫役(チョン・ウ)
少し気弱な工作員。暗殺の任務を失敗してしまう。心の優しい青年。任務中、彼の家族が脱北してしまう。それを救うために手柄をたてようとするが、失敗してしまう。
祖父役(ソン・ビョンホ)
ベテラン工作員。任務中体調の悪さを覚える。お隣の奥さんに恋心を抱く。しかし、彼は長年の心労がたたり、ガンに侵されていた。
娘役(パク・ソヨン)
幼いが優秀な工作員。家族の為に幼い赤子を手にかける。人生ではじめて誕生日を祝ってもらい興奮する。 隣の息子に恋心を抱いていた。

レッド・ファミリーのネタバレあらすじ

映画『レッド・ファミリー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

レッド・ファミリーのあらすじ【起】

親子が仲良く、記念写真を撮っている。家族旅行中、レストランで食事をしているようだ。祖父をうやまい、夫婦は仲良く、子供もやさしい、理想の家族に見える。

部屋に入るなり、奥さんが祖父の足を思いっきり蹴る。
「今度しくじったら、覚悟しろ。」
彼らは北朝鮮のスパイだった。疑似家族として韓国に潜伏し、密かに計画を実行していた。夕飯どき、隣から夫婦喧嘩の声がした。 隣の奥さんはだらしなく物を粗末にする。
班長(キム・ユミ)は「北朝鮮では食料不足なのに」と憤慨する。

ある日、北朝鮮の人権問題について著書を発表した脱北者に、暗殺指令が出た。針金で殺せといわれ、暗殺の為の道具を作ってもらう。班長は綺麗に着飾り、対象者にぶつかった。ファンだと近づいて、人のいない公園までおびきだす。そこには他の家族3人が隠れていて、チャンスを伺っていた。「反逆者!」班長の合図に夫(チョン・ウ)は針金で殺そうとするがうまくいかず、逃がしてしまう。そこにベテランの祖父(ソン・ビョンホ)が一瞬で対象者の息の根を止めた。

「朝鮮の家族だけは!助けてください!」
涙を流しながら懇願する。彼らは、朝鮮に残して来た家族の為、苦しい任務を遂行するのだった。

レッド・ファミリーのあらすじ【承】

新しい暗殺指令は家族3人。ひとりは小さな赤ちゃんだった。あまりにも残酷すぎる命令に、全員反発する。そこで班長は模範を示すと赤ちゃんを手にかけることを決めた。
「ママーーーー!」
班長は銃口を向けるが、撃てない。

任務遂行を終えて帰宅した。娘(パク・ソヨン)が写真を叩き付ける。
「任務も果たせないくせに!」
班長は自分の子供を思い出してしまい、赤ん坊を殺すことができなかった。娘は母親と勘違いされて、手を握られたらしい。しかし、首を絞めて殺した。彼女は泣きながら叫ぶ。
「悪魔じゃない!家族のためだ!」

昨日の功績を評価され、自由時間を与えられた。あと、家族に手紙を書くことも許された。手紙を班長に渡す娘。班長は目を見ずつぶやいた。
「おまえは、私の娘に似ている。」

昨日の功績を讃えられて、勲章の授与も受けることになった4人。
「朝鮮民主主義人民共和国 万歳!万歳!万歳!」
お隣の家族にパーティーに呼ばれた。班長は奥さんにどんどんお酒を勧められ、どんどんお酒を飲んだ。
「一緒に暮らすのがほんとの家族でしょ!酔っぱらって本音を話して、なにがいけないのよ!」
泥酔した班長は叫ぶ。自由を奪われた彼らは、本音も言えないのだった。

レッド・ファミリーのあらすじ【転】

隣の息子に密かに思いを寄せる娘。彼女はお隣の息子をいじめていた同級生たちをやっつける。お礼に息子は娘の誕生日を祝いに、ケーキを持って遊びに来た。みんなでテレビを見ていると、北朝鮮のニュースが放映されていた。北朝鮮を批判するお隣の家族。娘は興奮して南北が仲良くなればいいと熱弁する。それを盗聴していた別の工作員が、動き出す。

夫の家族が脱北したとの情報が入り、班長は混乱する。いくら工作員の家族とはいえ、脱北者は許されない。そこで班長は大手柄をあげて、彼の家族を救おうとする。

夜に行動を開始する家族。
「なにかの間違いだ!」
彼らは大きな間違いを犯した。反逆者の偽装した仲間だったのだ。
「きっと全員、罰が下る。」

班長の頭に銃口が向けられていた。
「全員、自決しろ。」
失敗した全員の責任は、死で償えと迫る。夫の脱北した家族を助けるためだと、訴え、自分だけ死ぬと言う疑似家族。その姿に感動する工作員。
「しかし、同士の絆は命取りになる。皆が死ぬことになるぞ。」
警告し、去った。

レッド・ファミリーのあらすじ【結】

ある日班長は、連絡係に呼ばれた。南の思想にかぶれた全員、工作員失格だと言われる。
班長はどうしても全員を助けたくて、なんでもすると懇願する。
「じゃあ、隣の家族を全員、殺せ。」
班長は計画実行のため、島に遊びに行かないかと、隣の家族を誘った。

それとは知らず、はしゃぐお隣家族。祖父は、黙って森へ姿を消す。
「血迷ったか!」
偵察していた見張りを縛り上げる祖父。彼は心労が重なって命に関わる大病を患っていた。もう命は長くない。だから自分に正直でいたかったのだ。班長がテントをあけると家族が寄り添うようにして眠っていた。その家族の姿を見て、覚悟を決めた。

針金を手に貫通させ、4人をつなぐ。足を鎖は鎖で縛られている。突然4人は叫びはじめた。
「家事もできないくせに。」
「あんたの稼ぎはどうなのよ。」
「いつまで喧嘩を続ける気?」
この台詞は、お隣の家族のいつもの風景だった。憧れても憧れても手に入らない理想の家族。
「最後に残るのは家族なんだぞ。優しくしておきなさい。」

4人は命を絶った。このとき、本当の家族になれた気がした。

Amazon 映画『レッド・ファミリー』の商品を見てみる