映画『レポゼッション・メン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「レポゼッション・メン」のネタバレあらすじ結末

レポゼッション・メンの概要:人工臓器で部位を補うことにより、寿命が延びた世界。臓器の回収係として働いていたレミーは、回収中の事故により自らの心臓を人工臓器にて、勝手に補われてしまう。借金を払えなくなったレミーは逃亡を図るも、回収係の同僚達と対峙することになる。

レポゼッション・メンの作品概要

レポゼッション・メン

公開日:2010年
上映時間:111分
ジャンル:SF、サスペンス
監督:ミゲル・サポチニク
キャスト:ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ etc

レポゼッション・メンの登場人物(キャスト)

レミー(ジュード・ロウ)
人工臓器移植会社ユニオンで回収係として働いている。仕事も早く腕利き。元軍人。
ジェイク(フォレスト・ウィテカー)
レミーの幼馴染で体格の良い黒人男性。ユニオン社で回収係として働いている。レミーに固執している面があり、どこか常識から外れている。乱暴者で元軍人。
フランク(リーヴ・シュレイバー)
ユニオン社の責任者。レミーとジェイクの上司。利益第一に考える人物。
ベス(アリシー・ブラガ)
ほぼ全身を人工臓器で補っている女性。回収係に狙われており、身を隠しながら生きている。レミーと出会い惹かれ合う。

レポゼッション・メンのネタバレあらすじ

映画『レポゼッション・メン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

レポゼッション・メンのあらすじ【起】

人工臓器移植にて部位を補い、長寿が叶った世界。人工臓器移植会社ユニオンでは、様々な部位の人工臓器が開発され、人々は多額の借金を作ってまで移植を行った。
ユニオン社には移植後、借金返済ができなくなった市民から、借金の代わりに臓器を回収する回収係レポゼッション・メンがおり、見つかったら逃げられないと恐れられている。通称レポメンと呼ばれる回収係は、戦闘能力と追跡に長けた者が軒並み揃っていたからだ。実質、彼らは合法的な殺し屋であった。

ユニオン社で回収係として働いているレミーは、今夜も1人の男性から臓器を回収した。有無を言わせずに麻痺させ、人工臓器を取り出す。臓器を失った人間はその後、死ぬしかない。
レミーは回収係として、かなり優秀である。仕事も早く戦闘能力も高い。会社としては手放すに惜しい存在だった。

レミーには妻と子供が1人いる。妻は彼に危険な仕事から、販売係に異動して欲しいとしきりに言うが、レミーはそれが上司になかなか言い出せずにいた。レポメンの同僚には幼馴染のジェイクもいる。彼とは幼い頃からずっと一緒だった。

そんなある日、レミー宅でホームパーティーが開催。パーティーには、レポメンの同僚達が集まった。だが、その最中にジェイクが家の前で臓器の回収をしてしまい、妻が目撃。彼女は激怒し、子供を連れて家を出て行ってしまう。

その日の夜、ジェイクとレミーは集団の滞納者と遭遇。臓器の回収に当たった。大量の臓器を回収した折、スキャナーの妨害装置も手に入れ、上司のフランクへ報告。その後、レミーはレポメンとして最後の仕事となる、音楽アーティストの心臓回収に向かった。人工臓器の機能を止めるため、電気ショックを与える。しかし、装置の故障によりレミーが被害を被ってしまった。

レポゼッション・メンのあらすじ【承】

レミーは元軍人である。彼の脳は小さく、頭蓋骨が厚くできていた。故に戦車兵へ配属。戦争が終わると、ジェイクとレミーは戦い足りないと感じて、レポメンの職に就いたのだった。

目が覚めたレミー。病室にはジェイクとフランクがいる。電気ショック装置の故障により心臓が焼けたため、勝手に人工心臓を移植したと言われたレミー。彼は、回収はするけれども、会社の客にだけはなりたくないと思っていたが、生きるために仕方なくサインをした。

退院後、自宅へ帰るも鍵が合わない。妻が出てきて自分の荷物を渡してくる。彼は家を追い出されてしまう。レミーはジェイクの家で世話になることにした。
職場に復帰。レミーは依頼書の通りに回収へ向かう。しかし、いざ回収という段になっても、身体にメスを入れることができない。彼は会社の客となって初めて、回収される側の気持ちを理解したのだった。

妻とやり直そうと自宅へ向かうも、彼女は冷酷で支払い遅延の手紙を渡されてしまうレミー。回収ができなくなった彼は稼げないため、借金の返済も覚束なくなる。試しに販売係をやってみるも、レミーには向いていないようだった。期限は迫り、とうとう最終通告が届く。

ジェイクは集団滞納者が潜む地帯にレミーを連れて行き、臓器の大漁回収を図った。以前のレミーに戻って欲しいと望むジェイクは、回収できるまでこの場所にいろと言い、レミーを置いて去ってしまう。

以前、バーで聞いたことのある歌を聞いたレミー。そこである女性と出会う。レミーは回収まであと3日と迫っているにも関わらず、気を失った女を助けてしまう。女は麻薬に溺れていた。しかも、身体には10個の人工臓器が移植されており、回収対象となっている。

レポゼッション・メンのあらすじ【転】

レミーは女性ベスの滞納記録を抹消しようとするも、ジェイクに見つかってしまい記録抹消に失敗。そのために会社を辞職し、ベスと共に逃亡生活へと突入する。
ベスの身体のほとんどは人工臓器で成り立っていた。1つでも失われれば、生きてはいけないだろう。レミーは彼女に惹かれ、身体を重ねる。

ベスがタイプライターを見つけてきた。レミーはそれで、自分の経験を書き記すことにした。自分の物語が世間に明かされれば、警告になるだろうと思ったのだ。
そんな時、ベスの人工耳が不振な物音をキャッチ。レポメンがやって来ることを察知したレミーは、罠を張ることにした。

幸い現れたレポメンは、知能の低い乱暴者。床の穴を利用してレポメンを階下へ落としたが、ベスがいる床も崩落。彼女も階下へと落下し、膝を負傷してしまう。息のあるレポメンをタイプライターで始末し、レミーは彼女を連れてユニオン社へ。マスコットの着ぐるみを奪って潜入した。フランクから情報を聞き出し、スキャナー妨害装置を盗み出す。

空港へ向かったベスとレミーは国外逃亡を企む。妨害装置のおかげで難なく検問を突破した2人だったが、ベスの負傷した膝から出血が見られ、別室へ案内されてしまう。不穏な気配を察知したレポメンが入室して来たため、レミーとベスは奴らを倒して空港の外へ。国外逃亡は失敗した。

ベスの案内で廃墟の闇医者へ。彼女はこの闇医者の常連である。しかも、医者はただの麻酔係で、実際は9歳の娘が手術を行うと言う。少女は慣れた手つきでベスの膝を治した。
彼女の知り合いを頼りに向かったが、知り合いはすでに臓器回収され、息絶えていた。背後から現れたのはジェイクである。

レポゼッション・メンのあらすじ【結】

幼馴染と対峙したレミー。彼はジェイクから真実を知らされる。
レミーの事故は全てジェイクとフランクが仕組んだものだったのだ。レミーは回収係として天賦の才を持っていた。逃したくないと思った2人は、彼が逃げられない状況に追い込み、レポメンを続けさせようとしていた。しかし、移植したことで誤算が生じる。

ジェイクと攻防を繰り広げるレミーだったが、体格の差から不利な状況へと追い込まれる。レミーはジェイクの足にナイフを刺すも、幼馴染は吊り具装置でレミーの頭部を強打した。
意識が途切れたレミー。そこで走馬燈のような記憶を見る。

ベスの声かけで覚醒したレミー。彼女と逃亡を再開。レポメンの集団回収が始まり、騒然とする中、安全と思われる一室へ避難し難を逃れる。

レポメンからは誰も逃れられない。レミーは本社へ乗り込むことにした。その前に、タイプライターで綴った体験談を幼い息子へ託す。フランクを待ち伏せて、車を奪い本社へ向かった。警備を黙らせ、フランクの瞳孔認証で中へ。追手を掻い潜り、臓器記録の抹消をするためにピンクのドアへと向かった。レミーは大勢のレポメンを倒して、ベスと共にピンクドアへ到達。背後からはジェイクと意識の戻ったフランクが迫っていた。

ドアの中へ入った2人は、互いに自身の人工臓器スキャンを行う。滞納記録の抹消が目的だった。痛みを麻薬で緩和させつつ、血塗れになりながらスキャン。あと1つというところで、ジェイクとフランクが入室して来る。レミーの必死な形相を目にしたジェイクは、フランクを刺殺。人工臓器回収ボックスへ手榴弾を投げ入れ、ベスとレミーを助けて逃亡した。

3人は逃亡に成功し、南の島でバカンスを楽しむ。息子に渡した体験談は書籍となり、販売が開始されていた。しかし、今しがた笑い合っていたジェイクの姿が忽然と消える。

レミーは走馬燈を見たあの廃墟にいた。彼はユニオン社の新開発されたM5神経装置を脳に埋め込まれ、ずっと夢を見せられていたのだった。ジェイクがレミーの負債を被り、彼のために回収を増やすと言う。幼馴染のおかげで、レミーは今や幸せな生活を夢の中で送っているのだった。

Amazon 映画『レポゼッション・メン』の商品を見てみる