映画『ロッキー2』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ロッキー2」のネタバレあらすじ結末

ロッキー2の概要:プロボクサーのロッキーは、チャンピオンのアポロに敗れ引退を決意する。それを機に、恋人のエイドリアンと結婚し、幸せな生活を送ることにした。しかし、大金を当てにしていたCM撮影が上手くいかず、収入がゼロになってしまう。

ロッキー2の作品情報

ロッキー2

製作年:1979年
上映時間:119分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ、スポーツ
監督:シルヴェスター・スタローン
キャスト:シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、バート・ヤング、カール・ウェザース etc

ロッキー2の登場人物(キャスト)

ロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)
プロボクサー。アポロに敗れたのを機に、ボクサーを引退する。中学しか卒業しておらず、前科もある。恋人のエイドリアンのことをとても大切にしている。しゃべるのがあまり得意ではない。
エイドリアン(タリア・シャイア)
ロッキーの恋人。ロッキーの体をとても心配しており、ボクサーに復帰することを反対する。
アポロ・クリード(カール・ウェザース)
プロボクサー。現在チャンピオンの座にいる。ロッキーに判定勝ちしたが、八百長ではないかと批判を受ける。ロッキーに対抗心を燃やし、再選を申し込む。
ミッキー(バージェス・メレディス)
ロッキーのトレーナー。ボクシングジムを経営している。ロッキーを息子のように思っている。

ロッキー2のネタバレあらすじ

映画『ロッキー2』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ロッキー2のあらすじ【起】

ボクサーのロッキー・バルボアは対戦相手のアポロ・クリードに何度殴られても立ち上がり、最後まで勝利を諦めることはなかった。アポロも酷い怪我を負っていたが、チャンピオンの座を守るために、ロッキーに負けじとリングに上がり続けた。判定により、アポロが勝利した。ロッキーは勝敗など気にしておらず、恋人のエイドリアンを抱き締め、愛を確かめ合った。

エイドリアンの兄のポーリーは、集金人に推薦して欲しいとロッキーに頼んだ。金貸しのガッツォはロッキーのことを尊敬しているため、ロッキーの推薦さえあれば何とかなると思ったのだ。ロッキーは治療が終わった後、自分の後任に推薦しておくことを約束した。

病院を退院した後、ロッキーはエイドリアンにプロポーズした。エイドリアンがOKしたため、2人は式を挙げて結婚した。ロッキーはボクシングを引退し、CMに出演することを決める。

ロッキーはこれから大金が入るからと、高級車を買い、エイドリアンに服をプレゼントした。エイドリアンは高価な買い物ばかりするロッキーに戸惑った。ロッキーはそんなエイドリアンの気持ちを気にせず、高級時計を買ったり飼い犬のバッカスのために首輪を買ったりして散財した。

ロッキー2のあらすじ【承】

エイドリアンが妊娠した。ロッキー達は子供の誕生を待ち望み、喜んだ。その後、顔の腫れが引いたため、ロッキーのCM撮影が行われることになった。しかし、ロッキーは何度も簡単なセリフを間違えてしまい、監督と喧嘩になってしまう。そのため、CM撮影は途中で中止になってしまった。

ロッキーは就職活動を行い、デスクワークの仕事に就こうとした。しかし、学校は中学までしか行っておらず前科もあったため、雇ってくれるところがなかった。皆、口を揃えて肉体労働を勧めてきた。ロッキーはポーリーのツテを頼り、精肉工場で働くことにした。ロッキーは慣れない仕事でヘトヘトになるが、エイドリアンの顔を見て元気になった。

不景気による人員整理のため、ロッキーは解雇されてしまう。ロッキーは愛車をポーリーに売り渡すことにした。そして、家に帰りクビになったことをエイドリアンに伝えた。ロッキーは再びリングに上がることを考えるが、エイドリアンに止められる。エイドリアンはこれ以上ロッキーに傷ついて欲しくなかったのだ。エイドリアンは自らペット店でパートとして働くことを申し出た。ロッキーは一家の大黒柱として情けない気持ちになるが、エイドリアンが言うならと受け入れた。

ロッキーは元トレーナーのミッキーに会いに行き再びリングに上がりたいことを伝えるが、ダメだと言って止められる。怪我の影響で、ロッキーの右目はほとんど見えない状態だった。ロッキーはそのことを受け入れられず、憎まれ口を叩いた。すると、ミッキーに右頬を叩かれる。ロッキーは見えないことを受け入れ、その代わりボクシングジムで働かせて欲しいと頼んだ。ミッキーはロッキーの思いを汲み、それを受け入れた。

ロッキー2のあらすじ【転】

アポロは正々堂々とロッキーと戦ったにも関わらず、周りから八百長だったと非難されていた。そのため、ロッキーとの再戦を望んでいた。だが、アポロの周りは、避けた方が賢明だと進言した。ロッキーの粘り強い戦い方を見て、アポロが破れることを恐れたのだ。アポロは周りの意見に耳を貸さず、どんな手を使ってもロッキーを引き摺り出せと指示を出した。

「アポロ・クリードVS腰抜け種馬」と言う題名で、ロッキーを馬鹿にする絵が記事に掲載された。それを見たボクサー達は、ロッキーのことを軽視した態度を取った。ロッキーは怒りを耐えながら、必死に働いた。家に帰ると、テレビでアポロがロッキーのことを腰抜けだと馬鹿にしていた。それを見たロッキーは、ショックを受ける。

ロッキーはボクサーとしてしか生きられないことをエイドリアンに訴えた。だが、エイドリアンはやはりロッキーが傷つくのが嫌で、受け入れられなかった。2人が話し合っていると、ミッキーが訪ねてきた。アポロのテレビを見て、このまま黙っているのは嫌だと思ったのだ。ミッキーとロッキーが再び戦うことを約束している姿を、エイドリアンは悲しげな表情で見ていた。

ミッキーとロッキーはアポロとの対戦ビデオを見ながら作戦を練った。そして、様々な練習を行った。未だにエイドリアンは試合に反対していたため、ロッキーはポーリーに説得を任せた。だが、ロッキーはエイドリアンのことが気になり、練習に身が入らなかった。ミッキーはそんなロッキーを叱った。

ロッキー2のあらすじ【結】

ポーリーはエイドリアンを説得に行くが、興奮したエイドリアンは腹を抑えて蹲ってしまう。ロッキーは連絡を受け、急いで病院に向かった。子供は早産で生まれたが、元気だった。しかし、エイドリアンは突然の出血で、昏睡状態に陥っていた。早産の原因は過労だった。ロッキーは眠るエイドリアンの様子を見に行き声を掛けるが、涙が溢れてきて言葉を詰まらせてしまう。

ロッキーはエイドリアンの傍で目覚めを待ち、面会時間が過ぎると礼拝堂で祈りを捧げた。ミッキーはそんなロッキーに付き合い、傍にいた。すると、エイドリアンが目を覚ました。ポーリーは喜び、皆に酒を振る舞った。皆が見守る中、エイドリアンは我が子を抱き締めた。子供はロッキーjr.と名付けられた。ロッキーが反対するなら試合を止めるとエイドリアンに伝えると、エイドリアンはある望みを口にした。それは、勝利することだった。それから、ミッキーの指導の元、ロッキーは必死に練習に打ち込んだ。町の人達もロッキーを応援した。

試合当日。ロッキーはエイドリアンや町の皆に見送られながら車に乗り込んだ。そして、知り合いの神父の元に行き、殴られても大事に至らないように祈ってくれと頼んだ。神父は戸惑いながらも祈りを捧げた。

ロッキーとアポロがリングに上がり、試合が始まった。アポロは凄まじい攻撃を仕掛け、ロッキーの顔を連打した。ロッキーも負けじと反撃するがダウンしてしまう。テレビで見ていたエイドリアンは、ロッキーの傷ついた姿に顔を覆った。それでも、ロッキーは何度でも立ち上がり、アポロと戦った。

2人は激しい死闘を繰り広げ、同時に倒れ込んだ。立ち上がったのはロッキーだった。アポロは破れ、ロッキーが新たにチャンピオンの座に輝いた。ロッキーは試合直後のインタビューで、アポロとミッキーと神に感謝を伝えた。そして、テレビの向こう側にいる、エイドリアンに勝利を伝えた。エイドリアンは涙ながらに、その姿を見ていた。

関連作品

次作 ロッキー3
前作 ロッキー

この記事をシェアする